麺が好きィ〜!ブログえぬ(N)

麺を中心に食べ歩き。 福岡、北九州、佐賀、大分、熊本、宮崎、鹿児島、長崎、沖縄、 関東、関西、四国、さぬきうどん、そば等々。 えぬ(N)

2005年9月 讃岐うどん食べ歩き(二泊三日)

【2005年9月17日(土)】 讃岐うどん食べ歩き(二泊三日)@香川県
さぬきうどん多数
なかにし
↑なかにし@高松市 かけうどん+ゲソ天+ちくわ天
中北
↑【閉店前】中北@高松市 かけうどん+タコ天

九月の連休
を利用してさぬきうどん食べ歩き香川へ。二泊三日でさぬきを巡った。今回はいつものリピート店と未食店を合わせて23杯の多様なうどんを味わった♪


一日目 【2005年9月17日(土)】
臼杵港(大分県)〜八幡浜(愛媛県)〜高速で移動・高松市(香川県)
馬渕製麺所@高松市 臨時休業

なかにし@高松市 かけうどん+ちくわ天+イワシ天
【閉店前】中北@高松市 かけうどん+タコ天
さか枝@高松市 かけうどん+野菜かき揚げ
増井米穀店@高松市 かけうどん
【移転前】池上@高松市 醤油うどん+卵
はりや@高松市 かしわざるうどん
【店仕舞い済】 がもう@坂出市
【店仕舞い済】 山下@坂出市

おか泉@宇多津町 冷や天おろしうどん
宿泊@坂出市



二日目 【2005年9月18日(日)】
なかむら@飯山町(丸亀市) かまたま
なかむら@飯山町(丸亀市) 冷や玉・温ダシ+ちくわ天
宮武@琴平町 ひやあつ+ゲソ天
はまんど@三野町(三豊市) はまんどラーメン
いぶき@豊中町(三豊市) しょう油竹うどん
【臨時休業】 SIRAKAWA@山本町(三豊市)
やまうち@まんのう町(仲南町) ひやあつ
国王神社(狛犬)
おがわうどん@琴平町 細切りざるうどん
善通寺 荒魂神社(狛犬)
長田in香の香@金蔵寺町(善通寺市) 釜あげうどん
宿泊@坂出市


三日目 【2005年9月19日(月)】
山越@綾上町・羽床上 かまたま山うどん+ちくわ天
山越@綾上町・羽床上 冷や玉・温ダシ+半熟卵天
たむら@綾上町・陶 冷や玉・温ダシ+ちくわ天+アゲ
山下@坂出市 冷や玉・温ダシ+豆かき揚げ
麺や@丸亀・田村店 かけうどん+タコ天
ぴっぴ庵@丸亀市 天ぷらゆず入りぶっかけ
【移転前】 百こ萬@丸亀市 しこぶっ掛けうどん(細切りうどん)+ちくわ天
SIRAKAWA@山本町 えびちくぶっかけ

はまんど
はまんど@三野町(三豊市) はまんどラーメン

長田in香の香
長田in香の香@善通寺市・金蔵寺町 釜揚げうどん

続きを読む

2004年10月 讃岐うどん食べ歩き(三泊四日)

【2004年10月8日(金)】 讃岐うどん食べ歩き(二泊三日)@香川県
さぬきうどん多数
山下@坂出市
山下@坂出市 かけうどん+えびかき揚げ

10月の連休
を利用してさぬきうどん食べ歩き香川へ。出発直前の天候は大荒れ。。台風が接近(直撃)する中、欠航寸前でなんとかフェリーに乗り込み四国へ渡った。その後、奇跡的に台風のコースが香川からは外れ、青空の下で三泊四日でさぬきを巡った。今回もいつものリピート店と未食店を合わせて35杯の多様なうどんを味わった。

*現在、松家製麺所@高松市と讃岐家@高松市が残念ながら諸事情につき閉店。三徳@高松市と池上@高松市がそれぞれ店舗を移転。(2007年9月21日現在)


一日目 【2004年10月8日(金)】
臼杵港(大分県)〜八幡浜(愛媛県)〜高速で高松市(香川県)へ
1杯目 鶴丸@高松市 天ざるうどん
2杯目 【閉店前】 讃岐家@高松市 なめこおろしうどん+ちくわ天+アジフライ
3杯目 元祖 五右衛門@高松市 あさりうどん
4杯目 うどん家 五右衛門@高松市 カレーうどん

讃岐家@高松市
【閉店前】 讃岐家@高松市 なめこおろしうどん+ちくわ天+アジフライ


二日目 【2004年10月9日(土)】
1杯目 赤坂製麺所@綾南町 かけ(冷や)
2杯目 山越@綾上町 釜たま+ちくわ天+ゲソ天
3杯目 たむら@綾南町 かけうどん+あげ+ちくわ天
4杯目 がもう@坂出市 かけ+あげ+ちくわ天
5杯目 彦江製麺所@坂出市 かけうどん+イカ天
6杯目 上原製麺所@坂出市 かけうどん
7杯目 日の出製麺所@坂出市 ぶっかけ
8杯目 はりや@高松市 かしわざる
9杯目 【閉店前】 松家製麺所@高松市 かけうどん(細麺で)
10杯目 【移転前】 三徳@高松市 ぶっかけ(冷や)+卵天
11杯目 大円@高松市 ぶっかけ(冷や)
12杯目 【移転前】 池上@高松市 しょうゆうどん(冷や)+卵


三日目 【2004年10月10日(日)】
1杯目 なかむら@飯山町 かまたま+ちくわ天
2杯目 なかむら@飯山町 ひや玉・温ダシ+ゲソ天
3杯目 山下@善通寺 冷やしざるうどん
4杯目 宮武@琴平町 ひやあつ+ゲソ天
5杯目 谷川米穀店@琴南町 冷や玉+生卵
6杯目 谷川米穀店@琴南町 蕎麦(一玉)
7杯目 三島製麺所@琴南町 冷や玉+生卵
8杯目 橙家@詫間町 海老天おろしうどん
9杯目 はまんど@三野町 はまんどラーメン
【臨時休業】 いぶき@豊中町(三豊市)
10杯目 やまうち@まんのう町・大口 ひやあつ
11杯目 もり家@香川町(高松市) 天ぷらおろしうどん(冷や)
12杯目 おか泉@宇多津町 冷や天おろし


四日目 【2004年10月11日(月)】
1杯目 岩田屋(製麺所)@観音寺市 かけうどん
2杯目 長田in香の香@金蔵寺町(善通寺市) 釜揚げうどん
3杯目 山下@坂出市 かけうどん+海老かきあげ
4杯目 中村@丸亀市 ひや・あつ+ちくわ天
5杯目 おか泉@宇多津町 冷や天おろし
6杯目 【閉店前】明@坂出市 ぶっかけ(冷や)
7杯目 松岡@綾南町 かけうどん+イワシ天

なかむら@飯山町
なかむら@飯山町 開店前の静寂な風景

続きを読む

2003年11月 讃岐うどん(香川県)&徳島ラーメン(徳島県)食べ歩き

【2003年11月1日(土)】 讃岐うどん(香川県)&徳島ラーメン(徳島県)食べ歩き
(二泊三日) 
さぬきうどんと徳島ラーメン
なかむら@飯山町
なかむら@飯山町(丸亀市) かまたま+ちくわ天

2003年11月の三連休
を利用して徳島県での遍路を絡めてさぬきうどん食べ歩き香川へ。今回は徳島県での遍路を中心に据え、前半と最終日を香川で過ごす。

私としては珍しい別府港から出港するコースをセレクトし、松山港(愛媛県)に入る。神戸まで周回するサンフラワーの客船は臼杵港から出航する九四フェリーや宇和島フェリーと比べて船体が随分大きく、その分格段に揺れが少ない。難点はやや距離が伸びることと、更に松山港〜松山ICまでが思っていたより遠く、しかも市街地移動となり時間が結構掛かること。以前乗船した時にはそれ程良さが判らなかったけれど、改めてその乗り心地の違いに驚いた。疲れないですね。

今回は遍路がメインなので食べ歩きに多くの時間を確保出来なかったけれど、その分一杯一杯をより大切に味わって食べた。うどんもかけ(小)からかけ(大)という具合に量もアップ。さぬきうどんを八杯、そして徳島ラーメンを六杯楽しんだ。


一日目 【2003年11月1日(土)】
別府港(大分県)〜松山港(愛媛県)〜松山IC(愛媛県)から高速で善通寺IC(香川県)へ
1杯目 中村(やお)@土器町(丸亀市) ひやあつ(大)+ちくわ天
2杯目 山下@善通寺市・与北町 かけうどん+おでん三品
3杯目 山下@善通寺市・与北町 ぶっかけ
善通寺から高速で移動 善通寺IC(香川県)〜板野IC(徳島県)

【遍路】 第一番札所 霊山寺(りょうぜんじ)@鳴門市(徳島県)
【遍路】 第二番札所 極楽寺(ごくらくじ)@鳴門市(徳島県)
【遍路】 第三番札所 金泉寺(こんせんじ)@板野町(徳島県)
【遍路】 第五番札所 地蔵寺(じぞうじ)@板野町(徳島県)
【遍路】 第四番札所 大日寺(だいにちじ)@板野町(徳島県)
名代福寿し@富田町(徳島市) 上にきり
笑福亭@末広(徳島市) 中華そば大・肉玉子入り
よあけ@二軒屋町(徳島市) チャーシューメン・大


二日目 【2003年11月2日(日)】
【遍路】 第九番札所 法輪寺(ほうりんじ)@土成町(徳島県)
【遍路】 第八番札所 熊谷寺(くまたにじ)@土成町(徳島県)
【遍路】 第七番札所 十楽寺(じゅうらくじ)@土成町(徳島県)

【遍路】 第六番札所 安楽寺(あんらくじ)@上板市(徳島県)
【遍路】 第十番札所 切幡寺(きりはたじ)@市場町(徳島県)
【遍路】 第十一番札所 藤井寺(ふじいいでら)@鴨島町(徳島県)
【遍路】 第十二番札所 焼山寺(しょうさんじ)@神山町(徳島県)
1杯目 たかはし@入田町(徳島市) 支那そば肉入り(大)+ご飯
【遍路】 第十三番札所 大日寺(だいにちじ)@一宮町(徳島市)
【遍路】 第十四番札所 常楽寺(じょうらくじ)@国府町(徳島市)

【遍路】 第十五番札所 国分寺(こくぶんじ)@国府町(徳島市)
【遍路】 第十六番札所 観音寺(かんおんじ)@国府町(徳島市)
【遍路】 第十七番札所 井戸寺(いどじ)@国府町(徳島市)
2杯目 いのたに@西大工町(徳島市) 肉卵入り・大+ご飯
【遍路】 第十八番札所 恩山寺(おんざんじ)@小松島市(徳島県)
【遍路】 第十九番札所 立江寺(たつえじ)@小松島市(徳島県)
3杯目 巽屋(たつみや)@住吉(徳島市) 支那そば肉玉入り
4杯目 万平@庄町(徳島市) 中華そば


三日目 【2003年11月3日(月祝)】
1杯目 なかむら@飯山町(丸亀市) かけうどん+えびかき揚げ
2杯目 なかむら@飯山町(丸亀市) かまたま+ちくわ天
3杯目 山越@綾川町 かまたま+ちくわ天+あげ
4杯目 おか泉@宇多津町 冷や天おろし
5杯目 中村@土器町(丸亀市) かけうどん(大)+ナス天+ちくわ天

宿泊していた徳島市内のホテルを早朝出発して香川へ。先ずはいつものお店・なかむら@飯山町へ。余裕を持って開店前からスタンバイ。画像は店舗近くにあるネギ畑。「冷や玉・温ダシ+えびかき揚げ」と「かまたま+ちくわ天」の二杯を食べた^^

【遍路 第一番札所 霊山寺@鳴門市】
霊山寺


【笑福亭@徳島市 中華そば(大)・肉玉子入り】
笑福亭@徳島市

続きを読む

2003年10月 讃岐うどん食べ歩き(三泊四日)

【2003年10月10日(金)】 讃岐うどん食べ歩き(三泊四日)@香川県
さぬきうどん多数(30杯)

彦江製麺所@坂出市
彦江製麺所@坂出市 かけうどん+あげ+ちくわ天

10月
の連休を利用してさぬきうどん食べ歩き香川へ。高速で臼杵港に向かい、フェリーで八幡浜(愛媛県)に渡った。八幡浜からは高速を利用して高松市内へ一気に移動。先ずは深夜でも打ち立てのうどんを味わえる鶴丸@高松市にて名物の「カレーうどん」からスタート。今回はリピート店と未食店を合わせて30杯の多様なうどんを味わった。


一日目 【2003年10月10日(金)】
臼杵港(大分県)〜八幡浜港(愛媛県)〜高速で高松市(香川県)へ
1杯目 鶴丸@高松市 カレーうどん


二日目 【2003年10月11日(土)】
1杯目 赤坂製麺所@綾川町 冷や玉+ダシ醤油
2杯目 赤坂製麺所@綾川町 温玉+ダシ醤油
3杯目 山越@綾川町・羽床上 かまたま
4杯目 山越@綾川町・羽床上 冷や玉(大)・温ダシ
5杯目 たむら(田村)@綾川町 かけ+あげ+ちくわ天
6杯目 がもう(蒲生)@坂出市 かけ+あげ+ちくわ天
7杯目 彦江製麺所@坂出市 かけ(そのまま・温ダシ)+あげ+ちくわ天
8杯目 中村(やお)@土器町(丸亀市) ひやあつ+ゲソ天+ちくわ天
【大行列に撤退 なかむら@飯山町】
9杯目 谷川米穀店@まんのう町・川東 冷や玉+生卵
10杯目 【閉店前】味でこい@宇多津町 かけ(そのまま・温ダシ)+えびかき揚げ
11杯目 はまんど@三野町 はまんどらーめん
12杯目 長田in香の香@金蔵寺町(善通寺市) 釜揚げうどん
宿泊@高松市


三日目 【2003年10月12日(日)】
1杯目 なかむら@飯山町(丸亀市) かまたま
2杯目 なかむら@飯山町(丸亀市) かけ+ちくわ天
3杯目 山下@善通寺市・与北町 冷やしざる
4杯目 やまうち(山内)@まんのう町 ひやあつ+ゲソ天
5杯目 水車うどん@まんのう町 肉うどん
6杯目 小縣家@まんのう町 しょうゆうどん(冷や)
7杯目 長田うどん@まんのう町 釜揚げうどん
8杯目 池内(製麺所)@綾上町 冷や玉+ダシ醤油
【店仕舞い済み 松岡@】
9杯目 まえば(前場)@ かけ(そのまま・温ダシ)+ちくわ天
10杯目 長田in香の香@金蔵寺町(善通寺市) 釜揚げうどん
11杯目 【移転前】 池上@高松市 冷や玉+生卵 
宿泊@高松市


四日目 【2003年10月13日(月)】
1杯目 松下製麺所@高松市 かけうどん
2杯目 松下製麺所@高松市 ラーメン
3杯目 がもう(蒲生)@坂出市 かけ+あげ
4杯目 てっちゃん@坂出市 かけ(そのまま・温ダシ)+ちくわ天
5杯目 長楽製麺所@宇多津町 かけうどん+イイダコ天
6杯目 松岡@綾川町 かけうどん+イワシ天

【閉店前の】味でこい@宇多津町 かけ(そのまま・温ダシ)+えびかき揚げ
味でこい

【移転前】池上@高松市(瑠美子ばあちゃんのお店) 冷や玉+ダシ醤油+生卵
池上@高松市50
池上@高松市51

続きを読む

不生庵@湯布院 山荘無量塔が手掛けるそば店 黒豚そば

【2006年1月1日(日)】 Mrata 不生庵@湯布院 (山荘無量塔)
黒豚そば (元旦 由布院の蕎麦 その2)
無量塔10 

庄屋の館で温泉に浸かった後、近場の蕎麦店・Mrata 不生庵@湯布院へ。高級宿・山荘無量塔(むらた)が手掛ける蕎麦店だ。

湯布院には蕎麦店が数店舗あるが、何度も利用しているのはココだけ^^ 一応湯布院周辺で蕎麦を出す店の大半はこの3年で一度は食べているので、いつかまとめて紹介したい。
無量塔13

続きを読む

庄屋の館@大分県・湯布院町 青い湯 (由布院温泉) 

【2006年1月1日(日)】 庄屋の館(しょうやのやかた)@由布院温泉
青い湯 (新年初温泉 その1)

庄屋の館17

元旦、昼から同行者と湯布院へ。狙いは湯布院では貴重な極上湯である庄屋の館。年二度は利用している接待湯でもある^^

一般道を進むと道路脇には年末降り積もった雪がまだ残っていた。由布岳は青空に映え、綺麗に見える。でも寒ぅーい。
庄屋の館20

庄屋の館@湯布院は立ち寄り湯ができる有り難い宿。湯布院の温泉は全ての宿が立ち寄り湯として利用できる訳ではない。立地は中心街からやや外れた塚原温泉へと向かう麓側にある。湯布院の街中にある宿とは別格の良泉を楽しめる貴重な湯である。もぉー青い湯にウットリ♪画像を見て頂ければその凄さが判ると思う。

手前の宿で清算を済ませ、敷地を奥に歩いて離れの露天風呂へ。湯量が多い非常に大きな露天風呂で、後方に由布岳も望める。温泉成分が付着しまくった真っ白な岩風呂に青い湯が美しく映える。白と青のコントラストでとっても綺麗なのだ♪
庄屋の館10

高温の源泉は岩を流れ落ち、真っ白く温泉成分が付着しまくっている。真っ白の巨大な滝は見事だ。湯布院ではなかなかお目にかかれない成分の濃さ。
庄屋の館11

続きを読む

明けましておめでとうございます

【2006年1月1日(日)】 明けましておめでとうございます。

昨年は福岡、北九州、佐賀、熊本、大分、讃岐等々、そしてmixiの方々、
色んな方にめぐり逢え、
とても楽しい時間を過ごせました。
今年も宜しくお願いいたします♪

んで、新年のスタートは湯布院のアノ温泉
いちげん@佐賀からと考えております。


追記
今年はブログに移行し、環境の変化を楽しみたいと思っております。
鶴の湯@別府11
画像はたかまささん@佐賀
と浸かった明礬温泉にある野天風呂
鶴の湯@別府市(2005年12月24日)

べあさん・ぴあのさん達と別府ICで合流。
胡月@別府市石垣で冷麺や温麺、そしてビビン麺を食べた後、たかまささんと温泉へ。

青い空と枯れ草が黄金色に光る絶景野天風呂に大満足。
周辺にはちらほら雪も残る。

良質な酸性硫黄泉でめっちゃ気持ちよかったです♪

勇(いさむ)@銀座(東京都・中央区) 塩らーめん

【2003年8月25日(月)】 勇(いさむ)@銀座(東京都・中央区)
塩らーめん
勇@銀座10

勇(いさむ)@銀座(東京都・中央区)が五月末で閉店するらしい。

あの一条流「がんこラーメン十代目」が改名した店で、
ラーメン好きにはよく知られており、首都圏版のラーメン本にも大概掲載されている。

私が訪問したのは2003年8月25日のこと。
もう四年近くも経ってしまったのかーっと感慨深く思い返した。

続きを読む

無敵家@池袋(東京都・豊島区) 本丸(トンコツ・背脂ラーメン)

【2003年8月24日(日)】 無敵家@池袋(東京都・豊島区)
本丸(トンコツ・背脂ラーメン)
無敵家@池袋10

二天(にてん)@池袋で食べた後、東武百貨店に期間限定で出店していた札幌らーめん 縁や@池袋へ移動することに。

縁や@池袋は北海道から招かれたローストした海老を大量に使用した「海老ラーメン」を味わえるお店。東武百貨店には一年の期限付き出店で、北海道・札幌市から2002年11月にオープンしているそうだ。日本テレビの番組「スーパーテレビ」で取り上げられ、丁度その顛末をテレビで観ていたのでこの機会に食べたいと思っていた。

池袋駅周辺はラーメン店が密集している地域。東武百貨店へ向かって歩いていると、なにやら長い行列が目に留まった。屋号を確認すると「麺創房 無敵家」というラーメン店だ。
無敵家@池袋20

本日は陽が照りつける猛暑であり、時間帯も最も暑い午後二時。。 この行列に加わるのはあまりにツライなぁと弱気になる。取り敢えずその周辺にあるラーメン店を見て回り、長い行列に加わる意思を固めることにした。無敵家周辺には光麺@池袋やばんから@池袋、そして玄武@池袋等が犇めいていた。

【光麺@池袋】
光麺@池袋24

【ばんから@池袋】
ばんから@池袋22

【玄武@池袋】
玄武@池袋21

ホントこの池袋地区はラーメン店が多いなぁ〜っと感心しつつ無敵家@池袋に戻り、行列に加わった。結局全く日陰のない道路に並ぶ事30分、ペットボトルのお茶を飲みながら耐えた。
23

カウンター席に座り、トンコツスープに背脂が入った「本丸」を注文。

続きを読む

二天(にてん)@南池袋(東京都・豊島区)【麺屋武蔵三号店】 玉豚天ら〜麺

【2003年8月24日(日)】 二天@南池袋(東京都・豊島区)【麺屋武蔵三号店】
玉豚天ら〜麺
二天@池袋10

天雅@中野区で食べた後池袋へ移動。

次の狙いは麺屋武蔵の三号店である二天(にてん)@池袋。お店のコンセプトや味は武蔵と異なるらしい。創業は2002年8月で、この「2003年東京食べ歩き」では俺の空@高田馬場と並び訪問を楽しみにしていたお店のひとつだった。今では武蔵系のお店は随分増え、地方にも武蔵出身者によるお店もできた。ちなみに麺屋武蔵@新宿は2001年10月5日に訪問。


池袋の駅前繁華街を歩き、明治通りから少し入り込んだ二天@池袋に直行した。お店の外観はすっきりとしたデザイン。但し、過剰に造り込まれたものではない。
二天@池袋13
二天@池袋14

店内で少し待ち、カウンター席に座る。メニューを眺めて、二天のウリである揚げものがのっかった「玉豚天ら〜麺」を注文。


続きを読む

天雅(てんが)@野方(東京都・中野区)【閉店】 ラーメン

【2003年8月24日(日)】 天雅(てんが)@野方(東京都・中野区)【閉店】
ラーメン
天雅@野方10

青葉@中野本店で食べた後、野方にある天雅@中野区へ向かう。思いの外、青葉@中野が時間を繰り上げ開店してくれていたため、次に訪問を予定していた天雅までにかなり時間的余裕ができた。なにせ天雅@野方は正午開店なのだから。

天雅@野方はフレンチ出身の御主人がこだわりの魚介系創作ラーメンを提供するお店。当時のラーメン本にも多数紹介されており、この機会を利用して訪問することにした。

プリントアウトした地図を片手に、街を眺めながら新井薬師前駅まで散策することに。天雅に向けて西武新宿線で野方駅まで移動する予定。ラーメンの食べ歩きをしていると、メジャーな観光地とはまた違った、飾りっ気のないその地域本来の姿に接することができることがある。大概食べたい人気店は入り込んだ交通の便が悪い所にあることが多く、意識せずとも結構な土地勘ができてしまう。

街路樹が整備された街並みを眺めつつ、マンションや一般住宅が建ち並んだ住宅街をてくてく歩く。時折ラーメン店があり、店名を確認しながら進んだ。「博多屋台の味」なんていうお店もあったなぁ。ギラギラと陽が照りつけ、汗だくになって新井薬師前駅に到着した。
中野12

【野方駅前】
野方10

【野方の商店街】
野方11

先に天雅@野方の位置を確認。到着が早過ぎ、
40分ばかり街歩きをして開店までの時間を過ごした。東京と言うと新宿や渋谷そして池袋等の華やかなイメージが強いけれど、ラーメンの食べ歩きをしているとこんな古き良き時代を醸し出す街をよく見かける。
野方12

正午の開店を待ち、再訪。店脇には『ここ野方にらーめんやありき まじめにただひたすら らーめんを作る 天雅と名づける。』と書かれたタペストリーが掲げられていた。
天雅@野方12

並び客は無いが、座っていると徐々に席が埋まっていった。ラーメンを注文。

続きを読む

青葉@中野本店(東京都・中野区) 特製中華そば

【2003年8月24日(日)】 青葉@中野本店(東京都・中野区)
特製中華そば
青葉@中野本店20

東京食べ歩き二日目。式を挙げた浦安のホテルに泊まり、早朝から起き出す。寝たのは午前三時を回っていたので、当然他の皆さんはまだぐっすり寝ている。

私だけ身支度を整え、狙いの青葉@中野本店へ向け午前八時半にチェックアウトした。屋外に出ると爽やかな青空が広がり、日射しが強い。今日もまた暑くなりそうだ。改めてホテル見上げると、駅に隣接していて
立派な造りでしたね。
浦安10

青葉@中野本店はラーメン業界に大きな影響を与えたお店で、獣系と華のアル魚介を合わせた旨みたっぷりスープによって一躍業界トップクラスの大人気・有名店となった。その後、この青葉に影響を受けた似た味のラーメン店が続出。

但し、知名度の割に青葉@中野の開店は1996年と、そんな歴史ある古いお店ではない。訪問した2003年時点だと、まだまだその存在感は大きかった。ちなみに青葉@飯田橋店を2001年10月5日に訪問し、大満足していたしネ♪

先ずは京葉線に揺られて東京駅へ。本日は新宿に宿泊するので新宿に立ち寄り、嵩張る荷物を先に預けて中野へ向かった。午前10時に中野駅に到着し、懐かしさが色濃く残る中野商店街(アーケード街)を歩いた。こんなごちゃっとした街を歩くのは大好きだ。
中野10

更に一本脇道に入ると、古びた飲食店が立ち並んだ怪しい街並みが顔を出す。あちこち物色しながら青葉@中野本店に向かった。
中野11

青葉@中野本店はなんと既に開店しており、席は満席。暫し席が空くのを待った。
青葉@中野本店10

カウンター席に座り、「特製中華そば」を注文。青葉ファンであれば誰もが知っていることだが、特製中華そばだと半熟煮玉子が添えられ、チャーシューが増える。

御主人の芳賀さんが直ぐ目の前で調理しており、個人的にニンマリだ^^


続きを読む

めんやもも@江戸川(東京都・江戸川区) らぁめん(塩)

【2003年8月23日(土)】 めんやもも@江戸川(東京都・江戸川区)
らぁめん(塩)
めんやもも51

匠屋@新小岩で食べた後コイタさんから紹介して頂いたけんけん@葛飾区・立石に向かう予定だったけれど、渋滞に巻き込まれ予想以上に時間が下がってしまう。。 あまりにも二次会に遅れる訳にもいかず、今回は訪問を断念。タクシーで結婚式の二次会会場(浦安)へ戻ることにした。

戻っている途中で運転手さんと意気投合。御好意で候補店だった環七沿いにあるめんやもも@江戸川に立ち寄ってもらうことに^^

いわゆるラーメン街道・環七沿いにあり、この界隈ではまだ珍しい創作系の穏やかな塩ラーメンを味わえる。お店は可愛らしいデザインに改装されており、やわらかい演出がなされていた。
めんやもも50

先客は6名。席に座り、「らぁめん(塩)」を注文。

続きを読む

匠屋(たくみや)@新小岩(東京都・葛飾区) こだわり醤油ラーメン

【2003年8月23日(土)】 匠屋(たくみや)@新小岩(東京都・江戸川区)
こだわり醤油ラーメン
匠屋10

ちばき屋@葛西で食べた後時間が無いので急いで葛飾区・新小岩の匠屋へ移動開始。直ぐタクシーに乗り込み出発するも、道路はやや渋滞気味。出発時間が迫り、結局友人は新小岩駅にて無念のリタイヤ。彼は新小岩駅より秋葉原経由で東京駅へ向かい、福岡に帰って行った。

私は心苦しくも単独で匠屋@新小岩を訪問することに。地図を片手に新小岩駅からちょっと暗めな小道を線路沿いに歩いた。

当時匠屋@新小岩はTVチャンピオン・ラーメン王選手権の出題等で見かけていたお店。入店して席に座ると、テレビ画面で観ていた御主人が目の前にいらっしゃった。
匠屋12

お店は待ち客が出るくらいのそこそこの入り。カウンター席に座り、「こだわり醤油」を注文。既に塩ラーメンは売り切れていた。

続きを読む
Archives
Categories
Recent Comments
Profile えぬ(N)
  • ライブドアブログ