麺が好きィ〜!ブログえぬ(N)

麺を中心に食べ歩き。 福岡、北九州、佐賀、大分、熊本、宮崎、鹿児島、長崎、沖縄、 関東、関西、四国、さぬきうどん、そば等々。 えぬ(N)

鶴の湯@大分県・別府市 明礬温泉・野天風呂

【2006年4月30日(日)】 鶴の湯@大分県・別府市、明礬温泉
野天風呂(酸性硫黄泉の極上湯) 大分極上温泉巡り その4

塚原高原で塚原温泉・火口乃泉に浸かり、霧島神社@塚原に立ち寄った後、満足げに別府市へと戻る。温泉としては「塚原」「神和苑」の二湯だが、そのどちらもが個性の強い極上泉だった。

てん子さんの陽光荘@鉄輪温泉への戻り時間は夕方六時だったのでまだ余裕がある。続くはやっぱりスイーツかな♪塚原高原へ向かう道中、別府湾を一望できる展望台もあるよと言われていが、老舗和菓子屋・讃州堂@鶴見(さんしゅうどう)の「いちご大福」「栗大福」の話をするとそんな話は吹き飛んだ。

明礬温泉に抜ける道をすいすい進み、15分くらいで別府に近づく。スイーツ店に立ち寄っても少し時間がありそうだったので、思い切って明礬温泉の高台にある野天風呂・鶴の湯をお勧めしてみる。

「鶴の湯」は大自然の中にある女性にはキビシイ混浴・壁なし野天風呂。硫黄の香りが強く、酸性硫黄泉の極上湯である。こんな機会じゃないと近づけもしないないだろうと思い提案。場所は明礬温泉街の手前を曲がり、鶴見霊園へと進んだ先。写真にある木造の建物は簡易脱衣所で風呂に壁なんてない。
鶴の湯20

先客男性2名。温泉に浸かっていたのは1名。最初は躊躇して近づけなかったてん子さん。たまたま若い女性を連れた手慣れたカップルが訪れたので、そのまま一緒に野天風呂に近づくことを提案。先客に「こんにちはぁ〜っ」ときちんと気持ちよく挨拶して温泉へ。

鶴の湯22
(2005年12月24日撮影分)

風呂は縦長で2つの岩造り浴槽からなる。
湯は上部から自噴し、浴槽を経由して小川となって流れてゆく。

続きを読む

霧島神社@大分県・由布市 塚原 神殿彫刻と湧水 

【2006年4月30日(日)】 霧島神社@大分県・由布市 塚原
狛犬と湧水。そして造り込まれた神殿彫刻。 大分極上温泉巡り その3

塚原温泉・火口乃泉で強酸性の極上名湯を堪能した後、塚原高原にある霧島神社へ立ち寄ることに。以前訪問した際(2004年7月11日)に造り込まれた神殿彫刻の素晴らしさが印象に残っていた。境内に湧く名水も魅力的だ。
霧島神社26

手元資料『大分の名水50選』に寄ると、1900年前に遡る由来を持つ神社らしく、「四世紀中期に都より国境設定に派遣された大納言秀行は宿営明けの朝、霧の中に無数の塚を見て、塚原と名づけ、神社を祀り霧島神社としたともある」と記述されていた。石碑に書かれた由来書きはコチラ。(画像はクリックで拡大)
霧島50b

何故か駐車場を見落とし通り過ぎてしまい、社殿から大夫離れた所から参道を歩くことに。しかし、これが古い狛犬発見へと繋がる。こんなこともあるものだ。偶然は必然か。
霧島神社12

参道の途中で稲荷神社らしき朱塗りの鳥居と拝殿が。普通なら通り過ぎるところだが、てん子さんはひと味違う。拝殿前に小ぶりの狛犬が置かれているのを目ざとく発見。遠目に見えた置物はキツネだとばかり思っていたらなんと狛犬だったんですわ(驚)。いそいそと近づき写真に納める。年号や石工は当然判らない。
霧島神社11霧島神社10

新緑に溢れる静かな参道を歩き、咲き乱れる八重桜も鑑賞。神社で狛犬巡りをしてるなんて数年前の自分には全く考えられなかった行動であり、不思議な感じ。しかも別府名物の地獄巡りを蹴って狛犬巡りを選択している訳なんだから。
霧島神社13

暫く歩くと拝殿が姿を現す。
拝殿は簡素な造りで、新しめの狛犬が一対と奥に吽像だけがもう一体。
霧島神社15

続きを読む

塚原温泉 火口乃泉(かこうのいずみ)@湯布院町 極上・黄緑色強酸性の湯

【2006年4月30日(日)】 塚原温泉 火口乃泉(かこうのいずみ)@湯布院町
極上・黄緑色強酸性の湯 大分極上温泉巡り その2

青い湯・神和苑の極上名湯を堪能し、展望台から降りて鉄輪(かんなわ)の地獄街をてん子さんとぶらり。近場にはかまど地獄、鬼山地獄、白池地獄、金龍地獄なんかが密集してある地区。観光客は次々とみゆき坂沿いの地獄に入ってゆく。しかし、私らっていうとイマイチ地獄には惹かれていない。。一通り歩き「白池地獄くらい観てみます?」と尋ねてはみるものの、やっぱり時間が惜しいという結論に。「んじゃ、今から明日行く予定にしてた塚原温泉に行ってみますか?」と提案するとあっさり快諾^^

「塚原温泉・火口乃泉」の魅力はなんといってもその泉質の良さと特異さ。金気臭と強い酸味臭が複雑に混ざって襲う、強酸性で黄緑色を帯びた湯。(酸性度の高さ 全国第二位 pH1.4)そしてその驚嘆する立地!アプローチはダートの悪路であり、大自然の中にモクモクと立ち昇る噴煙は圧巻。そしてくたびれた大浴場は風情ある実に味わい深い空間だ。後は今日の湯が熱すぎないことを祈る。
塚原70

てん子さんの嗅覚が働いたこの決断。今回の温泉巡りを「別府」から「大分」極上温泉巡りへと大きく変える英断で、後日の予定を劇的に変える布石となる。二日間を通して考えてもココで離れた塚原、そして個性アル強酸性の湯を選択していなければ実現できなかったであろう極上泉巡りが間違いなく発生していた。

車で明礬温泉を抜け塚原高原へ!湯布院町の東側にある塚原温泉は別府・鉄輪から車で約30分(ダートコース含む)の近距離。丁度明礬温泉の山の真裏くらいにある位置なのだ。別府湾や市街地を横目にし、緑の原野を眺めながらすいすい進む。

暫く進むと目前に由布岳の裏側が迫ってくる。街路樹の八重桜が美しく咲き乱れていたので、車を停め暫し鑑賞。由布岳と一緒に撮影。
塚原10

塚原温泉は噴煙が立ち昇る伽藍岳の中腹にあり、途中から舗装されていないダートの悪路を車で登るキビシイアプローチ。ゴトゴト揺られ急な坂道を登りきると、突然視野が開け広めの駐車場が現れる。初めて訪れるとこれだけでも感動的だ。
塚原11

続きを読む

神和苑(かんなわえん)@大分県・別府市 鉄輪温泉にある青い湯

2006年4月30日(日) 神和苑(かんなわえん)@別府市・鉄輪温泉
極上青い湯 大分極上温泉巡り その1


午後一時に陽光荘@鉄輪温泉前でてん子さんと合流。待ち時間で鄙びた鉄輪周辺を歩き回り、レトロな街並みを写真に納めたとのこと(流石)。更にコチラでも。既に汗が噴き出すくらい暑いんだとか。

先ずは神和苑(かんなわえん)へ。トンデモナイ青い湯を楽しめる鉄輪温泉屈指の極上名湯。昨日訪問した際、「宿泊者以外は午後二時まで」と張り紙が出ていたので今日は優先的に訪問した。当然鉄輪地区には風情のあるよい温泉が沢山あるけれど、それは朝や夜ってことで^^
【男湯の露天風呂】
神和苑50
セレクト理由は鉄輪にあるオンリーワンの特異な青い湯であること。温泉成分はマイルドでふわんと香るくらい。岩の縁には成分が白く付着している。湯温は適温くらいのことが多く親しみやすい湯であること。広大な美しい庭園もあり施設も豪華。鄙びた味わいはないけれど、それを凌駕してしまう圧倒的な天然の産物を体験して欲しかったのだ。

神和苑は鉄輪温泉街の上部に位置し、いでゆ坂とみゆき坂を登りきったトコ。所謂高級宿泊施設で、山の傾斜を利用した広大な庭園がある。パンフに寄ると1万4千坪だそうだ。

庭園は水と岩をふんだんに使用。木々も沢山植えられている圧巻もの。
石段を登り、高台に造られた宿へと向かう。
神和苑10

宿にて清算(入湯料800円)を済ませ、いよいよ露天風呂へ。
神和苑11

続きを読む

今年のGW前半予定 極上温泉巡りin大分県・別府

【2006年4月29日(土)】 今年のGW前半予定 極上温泉巡りin大分県・別府

今年のGW前半戦は過密気味。当初は四国、香川県にて讃岐うどんの食べ歩きに誘われており、関西京都旅行にするか迷っていた。すると東京から帰ってくるあまさんとyo-koさんを迎える北九州オフと佐賀オフが開催されるとの参加ボードが立つ。福岡麺通団の開店と試食会の嬉しい話も
舞い込み、そんなタイミングで讃岐に行っても本末転倒だと讃岐遠征は却下。その後あまさんからのダイレクト長電話(笑)で北九州オフ(5月2日・夜)と佐賀オフ(5月4日・夜)の参加が決まる。4月中旬てん子さんより9連休を利用して平日大分県・別府市の鉄輪温泉へ湯治に行くというメールを頂く。あれこれやりとりをしながら内容を吟味。日程は4月30日(日)、5月1日(月)、5月2日(火)の三日間。私は当初5月1日(月)の丸一日を同行することに。
ミラクルが少しずつ顔を出し始めるのは差し迫った4月27日(木)の夜11時過ぎ。「もちもちィ〜」という可愛らしい女性の声で電話が入る。あはは、べあさんだぁ。GW初日4月29日(土)から別府・鉄輪温泉に一泊二日で宿泊するので一緒にどう?というもの。imagineさんの奥様・ユウちゃんとの女性二人旅なんだそうだ。日程はてん子さんと一日違いで、宿泊場所も一緒という超ミラクル(驚)別府って宿泊施設ってめっちゃ多いのに凄い確率だわ。べあさんとやり取りしてGW初日に現地大分県・別府市で午前11時に待ち合わせることにした。予定は一日目の昼間と翌日二日目は昼過ぎまで同行。しかもGW初日の4月29日(土)は福岡麺通団の試食会が夕方から開催されるので途中から福岡市へ一気に移動するハードな予定。べあさん・ユウちゃんとの一日目は別府駅近くの味のある裏通りを観光。ふらりで食事をし、スイーツ店でまったり。その後本日のメインである極上温泉へ。温泉にゆったり浸かった後、私だけお別れし福岡麺通団の試食会へと向かう。
二日目は早朝から明礬温泉にある岡本屋売店のスイーツへ。三名で入店しレジで地獄蒸しプリンを注文。清算していると私は突然肩をぎゅっと掴まれ振り向く。同時に「ギャーーー」という大きな悲鳴が!お嬢さん風の出で立ちでてん子さんがそこに居た(驚)「ありえんって、ありえんって」としかてん子さんは言葉にならず、続いて出てくる言葉は「なしてココに居ると??」。別府ってかなり広いんだけどなぁ。。地獄蒸しプリンを食べた後、次なる極上温泉へ♪今回べあさん・ユウちゃんのお二人にも「別府」を満喫して頂けたと思っている。imagineさんが帰りを待つYちゃんは午後4時までに帰宅するとのことでお二人と鉄輪温泉の駐車場にてお別れ。私はそのまま
坂を下り、予定通り午後1時からてん子さんと合流・同行開始。翌日5月1日(月)は早朝7時から夜11時まで同行というかなり濃い内容。最終日はお互い別行動で早朝から攻めるという貪欲さ。

いよいよ「極上温泉巡りin大分県・別府」
がスタートします。お互い綿密な準備をしましたが想像以上に濃密で充実したイベントとなりました。今後てん子さんのブログと同時・並行くらいでブログをアップ出来ればなぁーと思っております。
竹瓦温泉10
【竹瓦温泉@別府市・別府温泉】

補足 連日の動きでへろへろになりつつもなんとか5月2日(火)の夜開催された北九州オフに参加。ワイワイ騒ぎ非常に楽しい時間を過ごす。5月4日(木)佐賀オフにも参加。コレ又ワイワイ騒ぎ、楽しい時間を過ごす。帰宅は翌日の朝五時半。

岡本屋売店@大分県・別府市 明礬温泉 地獄蒸しプリン

【2006年4月30日(日)】 岡本屋売店@大分県・別府市 明礬温泉 


昨日に引き続き早朝から大分県・別府市へ。

昨夜福岡市で行われた福岡麺通団のプレオープンイベントから
自宅に帰り着いたのは午後10時過ぎ。

まだ会場に居たかったが、
明日のことやブログのアップを考えるとそうも言っていられない状況だ。

昼間の別府食べ歩きや温泉による疲れからか結構眠い。
別府市〜福岡市の往復半も影響しているかも。
まだ別府の下調べも残っていたし、
何と言っても福岡麺通団プレオープンの画像やコメントは早くブログにアップ・掲載してあげたい。
詳しいコメントは間に合わなくても画像だけでも加工して載せれば大まかな雰囲気は伝わるしネ。
そんなこんなで作業は深夜に及び、朝も早起きして修正を加えた。

午前10時、べあさん&ユウちゃんと別府・鉄輪温泉駐車場にて待ち合わせ。
本日メインの温泉は午前11時開店だったので、
先に岡本屋売店の地獄蒸しぷりんを食べる為に明礬温泉へと向かう。

明礬採取場の横に位置する岡本屋売店。
流石人気店で駐車場はほぼ満車状態。
運良く奥に空きがあり記念撮影をしながら三名で入店。


レジで地獄蒸しプリンを注文。

清算していると私は突然肩をぎゅっと掴まれ振り向く。
同時に「ギャーーー」という大きな悲鳴が!
お嬢さん風の出で立ちでてん子さんがそこに居た(驚)

「ありえんって、ありえんって」としかてん子さんは言葉にならず、
続いて出てくる言葉は「なしてココに居ると??」。

別府ってかなり広いんだけどなぁ。。
しかも下道移動でもっと遅く別府入りするって言ってたぢゃん。

そんなこんなで私ら三人はそのままテーブル席へ移動して地獄蒸しプリンを食べる。

【地獄蒸しプリン】
岡本屋10
岡本屋売店 大分県別府市明礬3 地獄蒸しプリン
地獄蒸しプリン

ふらり@大分県・別府市 らーめん(大分のラーメン)

【2006年4月29日(土)】 ふらり@大分県・別府市 
らーめん

本日はべあさんとユウちゃんの一泊女性二人旅に部分参加。
大分県・別府鉄輪温泉での湯治である。怒濤の五日間が始まった。

別記してますけど、偶然って怖いです!あり得ないような偶然が幾つか重なりまする。
キーワードは「ヨウコソ」。今回のGWは「別府」にエラク縁があったようです。


べあさんとやり取りしてGW初日に現地大分県・別府市で午前11時に待ち合わせることにした。予定は一日目の昼間と翌日二日目は昼過ぎまで同行。しかもGW初日の4月29日(土)は福岡麺通団の試食会が夕方から開催されるので途中から福岡市へ一気に移動するハードな予定。べあさん・ユウちゃんとの一日目は別府駅近くの味のある裏通りを観光。創作らーめん店 ふらりで食事をし、スイーツ店でまったり。その後本日のメインである極上温泉へ。温泉にゆったり浸かった後、私だけお別れし福岡麺通団の試食会へと向かうというもの。


午前11時に別府ICで待ち合わせ合流。別府駅近く北浜の裏通りをぶらり。狙いは有名老舗店「三ツ葉グリル」。到着するも一足先の客三名、そして私達三名もお店の方から強い口調で「席が空きませんから」の一点張り。待つことも許されない。入店規制(予約客のみ)の札や張り紙はなく、普通に営業しているお店。お店の方とのやりとりでは一言たりとも「スミマセン」や「混み合っていて申し訳ないですね」という意味合いの言葉、態度が発せられなかったのは残念だ。追い返されたようなやり取りとなってしまい、妙な感情だけが残った。べあさんゴメン。評判が良かっただけに勿体ないなぁ。。明日てん子さんと訪問して不快な思いをさせずに済んだだけでもよかったことにしよう


近所のおじちゃんがお店の場所を丁寧に教えてくれただけに対応のギャップに苦しむ。たぶん美味しい歴史アルお店なのだろう。観光客が押し寄せることは変わらない。


ならばと創作ラーメン店・ふらり@別府市へと移動。
場所は鉄輪温泉街のやや近く。約15分くらいで到着し、テーブル席を囲む。

私は普通の「らーめん」を注文。
女性陣は「塩らーめん」。

【塩らーめん】
ふらり10

続きを読む

福岡麺通団・レセプション 近日5月2日(火)オープン

【2006年4月29日(土)】 福岡麺通団@福岡市・渡辺通 レセプション
さぬきうどん各種

本日夕方より福岡麺通団@福岡市の試食会に参加させて頂くことに。

別府鉄輪温泉に湯治で遊びに来ていたべあさん&ユウちゃんと途中でお別れし、別府市から高速で福岡市へと移動。お店の場所は薬院駅に近い渡辺通の西鉄ガード下で、河合塾前。

会場に到着すると既に関係者で賑わっていた。
福岡麺通団11
受付を済ませ入店。先ずは弓削さんにお祝いの御挨拶。
会場内でへのさんを見つけると「旨いよぉ〜〜」と嬉しい感想。早くから会場入りしていたまんぢさん・Y子さんにもお会いしワイワイ。お会いしたのは年始の由布岳登山オフ以来とお互い言ってたけど、なべカズさんの結婚式以来(2006年2月19日)ぢゃないの!


流石プレオープンだけあって田尾さんや勝谷さんが駆けつけ、厨房に入り給仕して頂ける大変贅沢な会。しかも田尾さんの著書によく登場するパロットのマスターまでいらしたので「ファンですぅ〜」っと声を掛けさせて頂く^^
福岡麺通団12
メニューを眺め、先ずは「ひやかけ」からスタート。
トッピングは「えびちくわ天」「たまご天」

続きを読む

いまとみ@福岡市・高砂 限定・手挽きそば

【2006年4月22日(土)】 いまとみ@福岡市・高砂
手挽きそば その2

久しぶりにいまとみ@福岡市・高砂へ!

さっきまで『日曜定休なのでなかなか立ち寄れないお店』と思い込んでいたお店
今回みおせるさんより不定休になっていることを教えて頂くまで全く気付いてなかった。
うふふ、今後は日曜にも立ち寄れるのねー♪

画像は手挽きそば。ごわっとした太めの存在感あるそばで、風味重視。
啜るというより、口に含んでグチグチと噛みしめ風味・あまみを味わうタイプ。
むわわぁ〜んと風味が舞い蕎麦自体を楽しめるメニュー。

いまとみ10


いまとみ11
いまとみ 福岡市中央区高砂1-22-9 手挽きそば

訪問履歴
2006_04_22 限定・手挽きそば
2004_12_11 かけそば
2004_12_11 鴨南蛮そば
2004_12_11 限定・手挽きそば
2004_12_11 細挽きそば

たむら@香川県・綾南町 かけうどん(さぬきうどん)

【2005年11月5日(土)】 たむら@綾川町(香川県・旧綾南町)
うどん(小)+あげ+ちくわ天 (三日目の4軒目・4杯目)
たむら10
たむら11

【さぬきうどん巡り@香川 三日目の4杯目】
がもう@坂出市で食べた後、いつものお店・たむら@綾川町(旧綾南町)へ。たむらもこれで四度目の訪問となるリピート店。さぬきに来るとどーしても食べたくなるお店なんですわ。慣れた道を順調に進み、なんなく到着。有名店なれど山越@綾川町や宮武@善通寺市程の大行列はなく立ち寄りやすい。

たむら@綾川町(旧綾南町)は早くから旨いと評判お店。香川県産の地粉を使用して、直向きに麺を打ち続けている御主人。これだけ有名・人気店になってもその姿勢は変わらず、質素な店構えを守っている。うどん本によると、その昔地元の精米製粉所だったらしく、地粉への愛着はそこから育まれたようだ。

お店は知名度の割にかなり質素で、「たむら」という看板も小さく目立たない。うどん本や雑誌を観て初めて訪問した方々は拍子抜けすることだろう。
たむら12

お店は狭めで、カウンター席か店脇に置かれたベンチで食べることとなる。
たむら13

うどんを頂き、あげとちくわ天を取る。その後自分でダシを注いでカウンターへ。

続きを読む

がもう(蒲生)@加茂町(香川県・坂出市)

【2005年11月05日(土)】 がもう(蒲生)@加茂町(香川県・坂出市)
うどん(小)+ちくわ天(三日目の3軒目・3杯目)
がもう12

念願だった
上戸うどん@豊浜町で食べた後
香川県の最西端に位置する豊浜町(観音寺市)から
高速(高松自動車道)を利用して一気に坂出ICまで大きく戻る。

次の狙いは坂出市郊外にあるリピート店、がもう@加茂町(香川県・坂出市)

続きを読む

上戸うどん@豊浜町(香川県・観音寺市) ぶっかけうどん

【2005年11月5日(土)】 上戸うどん(じょうと)@豊浜町(香川県・観音寺市)
ぶっかけうどん・小+練り物天(三日目の2軒目・2杯目)
上戸うどん14

【さぬきうどん巡り@香川 三日目の2杯目】
早朝から製麺所の岩田屋@観音寺市で食べた後
観音寺の中心部から県境の豊浜町(観音寺市)へ移動。

「愛媛県との県境にある香川県最西端のうどん店」
と紹介されるお店、
上戸うどん@豊浜町(観音寺市)へ向かった。

続きを読む

PARROT(ぱろっと)@観音寺市(香川県)

【2005年11月05日(土)】 PARROT(ぱろっと)@観音寺市
青空に映える巨大なロブスターの看板。
parrot11

岩田屋@観音寺市で食べた後
直ぐ近くにあるPARROT(ぱろっと)も見学。
岩田屋24

田尾さん著書の本にちょくちょく登場するパロットのマスター。
麺通団公式サイト(
東京麺通団紹介)にも顔写真が。

福岡麺通団レセプション(2006年4月29日)の際にちょっとだけパロットのマスター御本人と話せた。

続きを読む

手打ちうどん 岩田屋(製麺所)@大和町(香川県・観音寺市) かけうどん

【2005年11月5日(土)】 岩田屋(いわたや)@大和町(香川県・観音寺市)
かけうどん・小 150円 1軒目・1杯目
岩田屋10

早朝から宿泊していたホテル@坂出市を出発し、西讃方面の観音寺市へと向かう。
今日は「愛媛県との県境にある香川県最西端のうどん店」と紹介されるお店、
上戸うどん@豊浜町をどうしても食べたい為、西方面を優先させた。

狙いの上戸うどん@豊浜町を訪問する前に、
早朝から開店する製麺所の手打ちうどん 岩田屋@観音寺市を訪問することに。
今回で岩田屋は二度目となる。

続きを読む
Archives
Categories
Recent Comments
Profile えぬ(N)
  • ライブドアブログ