麺が好きィ〜!ブログえぬ(N)

麺を中心に食べ歩き。 福岡、北九州、佐賀、大分、熊本、宮崎、鹿児島、長崎、沖縄、 関東、関西、四国、さぬきうどん、そば等々。 えぬ(N)

長寿ら〜めん@福岡市・城南区 元気ら〜めん

【2006年10月2日(日)】 長寿ら〜めん@城南区・堤 元気ら〜めん

マニさんと自宅前で合流し、西区・早良区方面をウロウロ。
決め手に欠けどうにもお店が定まらない。

結局、今日食べないと暫く行かないような店を列挙し、
私は開店当初に食べただけの長寿ら〜めん@城南区をセレクト。
ぐる〜〜〜っと移動して戻ってきた形だ^^ もう一つの候補店は基峰@笹岡だった。

この辺りは社会人時代に二年程お店から近い島巡り橋のマンションに住んでいたので
土地勘がある地域である^^
私はマニさんともやや御近所さんだった時代がちょっぴりあるのだ。
長寿ら〜めんにはラーメンサイト・九州らーめん紀行・掲示板の書込を観て、
直ぐに食べに行ったという記憶。

長寿23

店内は広く、木をふんだんに使用した造り。
大きな製麺機が見えるように置かれてあり、期待が高まる。


看板メニューである「元気ら〜めん」を注文。

長寿21

内容はメニュー表に書かれてある通り。
辛さの中にしっかり旨みのある一杯。
薬膳の香りもオモシロイ。いやぁ〜美味しいですわ♪

複雑に重なる旨みが辛さで上手く引き締められている。
私が昔食べた際は海苔の風味が強く、どうにも合わなかったが、
今日の元気ら〜めんは全く違和感ナシ。

他のメニューも食べてみよう♪

長寿10


長寿12


長寿11




*マニさんが食べた醤油ラーメン画像。
長寿13


長寿ら〜めん 福岡市城南区堤2-9-27 元気らーめん650円

前回訪問日 失念

げんき家@福岡市・西区 蒸し麺チャンポン

【2005年10月2日(日)】 げんき家@福岡市・西区 蒸し麺チャンポン

続いていつものお店 げんき家@福重へ。
大将&女将さんと色々話す^^

げんき家10

今日は「蒸し麺チャンポン」を注文。

やさしいトンコツスープに肉・魚介・野菜の旨みとあまみが加わった親しみやすい味。
福岡市では珍しい個性的な食感を楽しめる蒸し麺チャンポン。
良質の豚骨・豚肉を使用している嬉しいお店である。

蒸し麺は北九州の製麺所からの取り寄せ。
北九州の味を福岡市で楽しめる。

げんき家11


げんき家12


福岡市西区拾六町2-6 蒸し麺チャンポン 650円

前回訪問日
2005_12_29
2005_11_27 2005_10_09 2005_10_02 2005_09_25 2005_08_21

2005_05_29 2005_04_10 2005_04_10 2005_03_12 2005_02_13
2005_01_04 2004_12_19 2004_12_05 2004_12_05 2004_11_21
2004_11_14 2004_09_26 2004_09_12 2004_08_22 2004_08_08
2004_05_09 2004_05_09 2004_04_25 2004_04_11 2004_04_04
2004_04_04 2004_03_21 2004_02_29 2004_02_15 2004_01_25
2004_01_25 2004_01_12 2004_01_02 2003_12_30 2003_12_21
2003_12_14 2003_12_07 2003_12_07 2003_11_30 2003_11_30
2003_11_09 2003_10_19 2003_10_05 2003_07_30 2003_07_23
2003_06_15 2003_06_13 2003_05_25 2003_05_25 2003_05_11
2003_04_20 2003_04_06 2003_03_30 2003_03_23 2003_03_06
2003_02_23 2003_02_17 2003_02_17 2003_02_09 2003_02_09
2003_01_26 2003_01_26 2003_01_19 2003_01_19 2003_01_12

2002_12_29 2002_12_22 2002_12_22 2002_12_01 2002_10_06
2002_10_06 2002_09_01 2002_09_01 2002_08_18 2002_08_18

まるしげ@福岡市・早良区 福岡のラーメン

【2005年10月2日(日)】 まるしげ@早良区 ラーメン

続いて新店・まるしげ@次郎丸へ!
初日に訪問したマニさん情報でそのこってり具合が気になっていたのだ^^

まるしげ11

偶然にも今日はオープンセールで約半額^^
「チャンポン」もあるのでマニさんに半額情報をメールで流す。

「ラーメン」を注文。

マニさんが食べた初日とは異なり、今日はややおとなしい表情。
脂はあるが、期待していた昔の箱崎だるまの面影は感じられなかった。
タレがきっちり効た味で、トンコツと脂のあまみがむわわんと主張する。
麺は極細ストレート麺。

まるしげ10


まるしげ12


まるしげ 福岡市早良区次郎丸3-28-10 ラーメン

唄う!手打ちうどん稲穂(いなほ)@福岡市・早良区 ぬくかけうどん

【2005年10月2日(日)】
唄う!手打ちうどん 稲穂(いなほ) ぬくかけうどん+ちくわ天

続いて唄う!手打ちうどん稲穂@早良区へ。
さぬきの記憶が鮮明なうちに食べておきたかった福岡市にある本格手打ちうどん店である。

稲穂14

立地はさぬきの名店の如く怪しい。

大通りの早良街道から斜めに切れ込んだ住宅地へ続く小道に入ったトコ。
通りからはお店外観は見えないし、うどんの幟が一本立っているだけ。

稲穂13

しかも店名の「稲穂」の前に「唄う!」と掲げている怪しさ。
なんだこりゃ?というオーラーは十分出ているお店である。

店内はシックな感じに造り込まれ、照明暗め。
お店の方の動きも良い。
メニューには詳しく素材・製法の蘊蓄が書かれてあり期待が膨らむ。
ここまで本格手打ちで今風のお店は福岡市では珍しいのだ。

「ぬくかけうどん・大盛り」「ちくわ天」を注文。
宮武で言うところの「ひやあつ」で、麺が冷たく、おつゆが熱いうどん。

ビシっと引き締まったとても美しい麺。所謂角が立った硬そうな麺である。
噛み込むと激硬!弾力を通り越したぎっちり硬いうどん。
ぎちぃ・ぎちぃっとした食感だ。硬麺好きにはたまらない出来かな。

おつゆはしっかりダシの効いた嬉しい出来。

手打ちの麺に拘り、全ての材料にも拘りまくったうどん。
兎に角ビシビシ店主の熱意が伝わってくるお店である。
お冷やの水も山水で、やれることは殆どやっているという感想だ。


あまりにも頑張っているお店なので一言。
個人的な好みからすると極端に硬すぎるし、弾力と伸びがないのは惜しい。
おそらく店主の好みなのだろう。
アノさぬきでもこれ程硬い麺はあまり経験が無い。
さぬきのうどんを知らなければもっとこのお店のことが好きになっていたことだろう。
次は熱々のうどんを食べてみよう♪

稲穂11


稲穂10


稲穂12


唄う!手打ちうどん稲穂 福岡市早良区 ぬくかけうどん+ちくわ天

牧のうどん@早良店 福岡のうどん 野菜かき揚げ

【2005年10月2日(日)】 牧のうどん@早良店 野菜かき揚げうどん

「九州ウォーカー 2006.1.18〜」はラーメン特集号。
ラーメン特集を見ると、先ずは年以降にオープンした新店が紹介されていた。
紹介店は以下の通り。博多一秀@早良区、らーめんふる川@南区、まるしげラーメン@早良区、正直屋ラーメン@西区、まるうま博多デイトス店@博多区。

んで、「博多一秀」「まるしげラーメン」は食べてるなーっと旧サイトを開くと
見事に2店共アップしていないことが判明 

どちらも10月上旬に訪問しているのだが、9月末の讃岐遠征でボロボロ・・・。
10月は佐伯、別府、佐賀、北九州オフ、自作ラーメン会等ハードな食べ歩きとオフ。
食べるのが精一杯で半分くらいサイトアップしていない月だったみたい。

11月に行った2回目の讃岐遠征も半分以上アップしていないままだし、
そろそろ整理しようと思う。


まるしげ@早良区に行ったのは讃岐遠征から帰ってきた週末。
讃岐うどんを爆食してきたので、無性に「博多ならではのうどん」が食べたくなったのだ。
狙いはやっぱり「牧のうどん」でしょう^^

唄う!うどん稲穂@早良区にも行きたかったので、
近場の牧のうどん@早良店へ先に飛び込む。

牧のうどん14

「野菜かき揚げうどん」を中麺(柔らかさ)で注文。

取り放題のネギを自分でのっける。
器にびっしり太麺が入っているボリュームあるもの。
むんにゅりした食感はやさしく、噛み込むとむにむにして心地よい。
ダシも程良く、実にまとまりがある一杯。

牧のうどんはここ数年少し訪問回数が増ている。
大学時代はたまに食べていたが、社会人になってからは激減していたのだ。
当時は味というより量。しかも安いというのが訪問理由だった。
最近は牧のうどんが食べたくて訪問。今の方が随分美味しと思って食べている。

牧のうどん11


牧のうどん12


牧のうどん13

牧の名物、小やかんに入れられた継ぎ足しスープと取り放題のネギ。


牧のうどん@早良店 福岡市早良区重留2-16-25 野菜かき揚げうどん

がんこもん@遠賀 北九州の濃厚・個性派ラーメン

【2006年1月22日(日)】 がんこもん@遠賀町(福岡県)
北九州の濃厚・個性派ラーメン

がんこもん10

〆は近場のがんこもん@遠賀町(福岡県・遠賀郡)へ。

店内には行程毎に大きな寸胴が多数並ぶ、壮観な風景。
手作り感溢れまくる嬉しいお店だ。

続きを読む

黒門(くろもん)@遠賀 北九州のラーメン

【2006年1月22日(日)】 黒門(くろもん)@遠賀 ラーメン

続いて北九州へ移動。 先ずは黒門@遠賀へ!

なんだかんだで今年初めてとなる黒門。
今年はちょっと出遅れた形だ。

黒門10

なんとか日が暮れる前に到着
先週開催された北九州新年会の話を伺い、由布岳登山オフの話をする。

 「ラーメン」を注文。

滋味〜な味を楽しむ♪

黒門11


黒門12

食後は来月開催されるあまさんオフ@佐賀の話を色々と^^


黒門 福岡県遠賀郡遠賀町大字別府4451-3 ラーメン 500円
 
前回訪問日
2005_12_03 2005_11_20 2005_10_23 2005_10_09
2005_09_11 2005_07_30 2005_06_19 2005_06_12 2005_04_29
2005_04_03 2005_03_12 2005_03_05 2005_01_30 2005_01_30
2004_11_23 2004_11_23 2004_11_13 2004_10_03 2004_10_03
2004_08_17 2004_07_18 2004_06_27 2004_05_15 2004_04_03
2004_02_08 2004_01_04 2003_12_30 2003_11_30 2003_09_14
2003_08_10 2003_08_04 2003_07_09 2003_06_21 2003_06_14

博多てっぺん@博多区 黒こく黒麺(味噌) ラーメン王・立石さんプロデュース

【2006年1月22日(日)】 博多てっぺん@博多区博多駅前 黒こく黒麺(味噌)

続いて九州ウォーカーで紹介されていた新店、博多てっぺん@博多区へ。
なんでもラーメン王・立石憲司さんプロデュースの味噌ラーメン店らしい。。

この手のお店はへのさんやマニさんは興味がないだろうから私が行ってみることに。

てっぺん10
お店は博多駅から近い。
間口は狭いが、奥に長い店内。照明は薄暗め。

てっぺん11
カウンターに座ると立石さんのサインが目の前に飾られていた^^


てっぺん12
店内には味噌の蘊蓄が展示。


てっぺん13
メニュー表には更に詳しく蘊蓄が紹介されてあった。

メニューは味噌、白味噌、醤油、塩と結構多い。
しかも看板商品である黒こく黒麺(味噌)は900円という強気な価格設定だ。


悩んだあげく黒こく黒麺(味噌)を注文。

味噌がガツンと効いた甘辛味。
ダシ云々というより味噌の主張がかなり強い。
のせもの具材を詰め込んだごちゃっとした内容。
放射状に海苔が飾られた今では懐かしいスタイル。

ウリの黒麺は炭を練り込んだ真っ黒な麺。
ぷるんとした多加水麺で、想像以上に色が気になる。
一発勝負で行われる創作ラーメン大会にありそうな一杯だ。

居酒屋メニューもあるようで、ラーメンだけではなさそうだ。


てっぺん20


てっぺん21


てっぺん22


博多 てっぺん 福岡市博多区博多駅前3-26-10 黒こく黒麺(味噌) 900円

そば処 山月@白木原(福岡県・大野城市) かけそば(その2)

【2006年1月22日(日)】 そば処 山月@白木原(福岡県・大野城市)
かけそば その2

山月20

やはり「温そば」も食べたくなったので、「かけそば」も追加注文^^

続きを読む

そば処 山月@白木原(福岡県・大野城市) もりそば(その1)

【2006年1月22日(日)】 そば処 山月@白木原(福岡県・大野城市)
もりそば その1

山月10

早朝から福岡市へ。
山間部は軽く雪化粧され曇っていたが、コチラは真っ青な晴天。先ずは天神で所用を済ませる。
福岡10

その後、なんとなく食べたことが無かったそば処 山月@白木原(大野城市)へ移動。いつでも行けると思ってしまうとなかなか足が向かないものだ^^ 某そば店の御主人からもオススメされ、今回訪問することに。

続きを読む

satoyanさん&てんもりさんナイト その1 沖縄手料理

【2006年1月13日(金)】 satoyanさん&てんもりさんナイト@J子さん宅

本日は夕方よりJ子さん宅@福岡市へ。
沖縄から帰福するてんもりさんを囲んでの宴である。

嬉しいことにsatoyanさんてんもりさんの手料理が振る舞われるとのコト。
もぉ〜嬉しーい・楽しみー 私はこのお二人の手料理が大・大・大好なんですわ♪
私にはとっても大切で、大変貴重な機会だと思っている。
数日前からウキウキしてしょうがなかった。

因みに明日から1泊2日の「由布岳登山・まんぢさんの館オフ」。
更に北九州の麺関係者による新年会も明日の夜に重なってしまった。
更に更に関東よりラーメンの食べ手であるしうさんこばさん達も福岡入りするとのこと。
新年会と食べ歩きの同行は諦め、由布岳登山オフに集中することにした。
明日は親戚の宴も重なってしまい、どうにも自由に動きが取れない状態だ。

仕事終わりに福岡へと高速で向かう。
手土産は鶏好きのJ子さんの為に地元名物の若鶏唐揚げ1キロ。

やや遅れて午後8時くらいに到着。既に宴は盛り上がっている^^
take4さん、コギさん、Kヤンさん、エグさん、うるわしさんが席を囲み、
satoyanさんが鍋料理を作っていた。サポートはJ子さんとてん子さん。
作家先生(火の当番さん)も直ぐに到着し、ワイワイ。

暫くして汗だくのてんもりさんが大荷物を担ぎ到着。
沖縄食材を沢山持ち込んでいた♪

ここからはsatoyanさん・てんもりさんの連携プレーが繰り広げられる(嬉)
なんか料理しているお二人がハマルんだなぁー 楽しそぉー


詳しくは後日^^

J10



J30



J11



J12



J14



J20



J21



J26



J24



J25



J32



J33
アグーの焼き。


J34

satoyanさん・てんもりさんナイト@J子さん宅


まだまだ続く^^

大分の優良店 絶品豊後牛の刺しと焼き 大分の肉料理 

【2006年1月14日(土)】 某店@大分
豊後牛刺し、豊後牛焼き、地鶏等々。

m11
m31

別府仏蘭西菓子店シェ・トミタカを出て別府ICへと急ぐ。まんぢさんの館・山荘まで高速にて移動。途中、フミオさんと連絡を取りながら山荘へと向かった。ワイン購入に困っているらしく、別のお店を紹介。この時点ではへのさん&くまさんもまだ到着していないらしい。

湯布院周辺は霧が立ち込めるも、通行可能なレベルでほっと安堵。順調に高速を移動した。

山荘へ午後6時前に到着し、まだ会ってなかった方々に御挨拶。程なく一次会のお店へ向かうことに。人数が多く、フミオさんの全面協力によりフミオ号が二往復してもらえることになった。行き帰り送迎、誠にありがとうございました♪

先発隊は女性陣7名とお店を予約した私。お店に大変縁のあるまんぢさんは山荘に鍵を掛ける為後発組みにて。お店へ向かう途中、女性陣に別府温泉保養ランド@明礬温泉や佐賀関の関あじ・関さばの忌憚のない感想を伺う^^ さてさて明日の温泉セレクトはどうしたものかと悩む。

城下町にひっそりある大将のお店へなだれ込む。大将は気合い十分!!挨拶を済ませ、料理をみると大皿二皿に特上豊後牛の刺しが盛られてイル♪ コレ・・・一体幾らするんだろう??

続きを読む

仏蘭西菓子店 シェ・トミタカ@大分県・別府市 スイーツ

【2006年1月14日(土)】 仏蘭西菓子店 シェ・トミタカ@大分県・別府市
スイーツ

トミタカ20

胡月@石垣東で「麺」を食べた後、てん子さんさんがいるので別府の「スイーツ店」を誘ってみる。
スイーツは快諾され、お店をセレクトしてゆくことに。この貪欲なノリがオモシロイんだわ^^

先ずはパティスリー ペ・デュ・クール@別府市・天満町が挙がる。カシス・マロンの写真にてん子さんが惹かれた為だ。マニさんさんは御菓子司 讃州堂(おかしづかさ さんしゅうどう)@別府市・鶴見町の「いちご大福」に興味があるらしい。マニさんは大酒飲みだが、甘いものも好きなのだ。

最後の最後で「イートイン出来るトコ」という条件が加わり、私が利用したばかりの別府仏蘭西菓子店 シェ・トミタカへ向かうことに。

場所は「ふらり」からやや近く、明礬温泉街へ上がっていく道の下方。住宅街を走る細めの道沿いにある。(スーパー マルミヤの斜め前)立地はやや分かりにくく、温泉観光客が偶然に立ち寄るというのは難しいだろう。
トミタカ50

前回2006年1月9日に訪問したばかりの別府仏蘭西菓子店シェ・トミタカ。お店の横にイートイン出来る喫茶室があるのを憶えていたのだ^^ まだブログアップはできてないけどね。

その際はスペシャルショート、モンブラン、蒸しショコラ、サンマルクを購入。看板商品のシェ・トミタカは見あたらず、再訪したいと思っていた。
トミタカ10

マニさんが看板商品、「シェ・トミタカ」を。てん子さんが「スペシャルショート」を。(てん子さんの感想ブログはココ) 私は未食だった「ジュネーブ」をセレクトした。

続きを読む

胡月(こげつ)@大分県・別府市 冷麺・温麺・ビビン麺

【2006年1月14日(土)】 胡月(こげつ)@別府市・石垣東
冷麺

胡月10
胡月40

本日から「由布岳登山&まんぢさんの館オフ。昨夜の「satayanさんてんもりさんナイト@J子さん宅」から帰宅したのは午前4時半 今日もまたハードな一日になりそうだ。

オフ参加者は朝から由布岳に登る予定。しかし、昨夜から大雨が降る悪天候。朝になっても尚雨が降り続いている。私は親戚関係の宴に出席予定なので、午後三時までは動けない状態。正装して出掛けた。

宴会場にいるとてん子さんから由布岳登山を断念したとのメールが届く。昨夜とても楽しみにしていた姿を見ていただけにお気の毒に。。 その後、明礬温泉に浸かっているとのメールあり(羨)関あじ・関さばを食べに佐賀関へも向かうそうだ(羨)転んでも只では起きない集団ですわ^^ 私は田舎料理を堪能し、やや食べ過ぎな状態。やっぱ手作り料理は心がこもっていて旨いですね♪

宴が終わったのは午後二時半。着替えて連絡を入れると、一行は別府市にある創作ラーメン店・ふらり@別府に向かっているとのこと。昼の中休みが気になったが、ふらり前で待ち合わせることに。別府市へ高速を利用して向かった。

湯布院に近付いても由布岳は全く見えず、雨雲と深い霧の中。こりゃ登山はダメだわなぁ・・・霧が深くなり、これ以上濃霧になると高速が通行止めになりそうだった。
湯布院10
別府10
 別府ICを降りた鉄輪温泉の通り

ふらりに到着。なんと私の方が早く着き、10分程待つ。やはりお店は中休みに入っており、作戦会議。へのさん好みであればこの時間開いているのは「あけぼのラーメン@別府市」。胡月@別府市も挙げてみる。別府は中休みをとるお店が多いのだ。利用の方は御注意を。

最終的にへのさんくまさんは食べずに玖珠の山荘へと向かい、私はマニさんてん子さんと胡月@石垣東へ^^
胡月1

最近なにかと利用することが増えた冷麺・温麺の胡月@石垣東。立地は奥まった住宅地にポツンとある。初訪問のお二人なので製麺現場がよく見えるカウンター席に座る。ビーっと大きな音を立て独特の押し出す形で製麺されてゆく自家製麺のだ。

「冷麺」、「温麺」、「ビビン麺・温・辛さ2倍」を注文。「冷麺・並 550円」はぎっちり硬めの仕上がりなので、食感の違いを体験してもらう為に私が注文することに。てん子さんににっちり麺を楽しめる「温麺」を。マニさんに辛さの中にうまみある「ビビン麺・温麺、辛さ2倍」を注文してもらう。

続きを読む
Archives
Categories
Recent Comments
Profile えぬ(N)
  • ライブドアブログ