麺が好きィ〜!ブログえぬ(N)

麺を中心に食べ歩き。 福岡、北九州、佐賀、大分、熊本、宮崎、鹿児島、長崎、沖縄、 関東、関西、四国、さぬきうどん、そば等々。 えぬ(N)

なべカズさん結婚式&二次会&三次会

【2006年2月19日(日)】 なべカズさんの結婚式&二次会&三次会

本日はなべカズさんの結婚式
午後三時に会場入りする。

久しぶりのリアル・なべカズさん@東京だ(嬉)
関係者も多数参加されるとのことで誰に会えるかにもワクワク。
筑波から参加したコイタさんにも驚いたが、更なるサプライズに期待。

待合室を見渡すと・・・あれ?!ぶっち隊長ぢゃん^^ 横浜から駆けつけたらしい。
昨夜は午前六時まで亀オフで飲んだとのことでややお疲れ気味。
皆さん限界まで攻めますなー

程なくクモさん、Tyuさん、へのさん、てんもりさん、コイタさん、フミオさん、
まんぢさん、べあさん、satoyanさん、てん子さん、とぞくぞく到着。
薫さんが到着してサプライズ(嬉) その後、ごまひげさん、コギさんが到着して勢揃い。
なべカズさんのお人柄だこそのメンバーだ。
なべカズさん60

なべカズさん61
さぁーて、いよいよ式が始まります。

続きを読む

久留米ラーメン 丸八@福岡市・皿山 ド迫力スープ

【2006年2月19日(日)】 久留米ラーメン 丸八@皿山 ラーメン その1

本日は午後からなべカズさんの結婚式
式会場へは午後三時に入る予定。麺関係者も多数出席するらしい^^

早朝から福岡市に入り、天神で所用を済ませる。
昼食は南区にある久留米ラーメン 丸八@皿山へ。

丸八12
入店すると大将は奥の部屋で大釜の調整をしている様子。
暫くしてからニッコリ笑顔で現れた。
お久しぶりでーす♪とアレコレお話して「ラーメン」を注文。

どかぁーーーん!!っとくる大迫力スープ!
今日は凄い出来ですネー♪っと自然と言葉を発する。
スープ表面はブクブクと泡立ち、しっかりダシが出て濃度アルなんとも骨っぽい味。
タレがきっちり効いた親しみやすいもの。

大将に寄ると鶏を入れるのを止め、豚骨100%にしたそうだ。
前回食べた時よりかなり上の出来という印象。

トンコツスープは生き物なので毎回こんな出来ではないかもしれないが、
今日の出来はとにかく素晴らしかった♪

丸八10

丸八11

その後、あまさんからオススメ頂いたデジカメSONY Cyber-shot T9を購入。
これまで愛用していたIXY DIGITAL55は温泉にダイブさせてしまったんですわ
結婚式は早速この新しいカメラで撮影。
丸八までは急遽復活させたIXI DIGITAL500とやや大きめ(弁当箱)カメラで^^


久留米ラーメン 丸八(まるはち)
 福岡市南区皿山4-3-7 ラーメン

前回訪問日
2005_05_29 2005_02_27 2005_01_23 
2004_07_14 2003_05_25
2003_04_09 2003_03_06 2003_02_23 2003_02_17 2003_01_26


黒田屋(くろだや)@福岡市・赤坂 博多皿うどん

【2006年2月22日(水)】 黒田屋@赤坂 皿うどん その4

続いてtake4さんがこよなく愛する「博多ちゃんぽん」のお店・黒田屋@赤坂へ!

今日も既食のお店が続く続く^^
平日福岡市に居ると日曜定休の好きな店を食べたくなってしまうんですわ。
うどん平、みやけうどん、葉隠うどんと迷った上で黒田屋をセレクトした。

黒田屋10
先客1名。カウンターの端に座り「皿うどん」を注文。

ぷにゅんとした独特な太麺。ぷにゅぷにゅしたやわらか弾力を楽しむ。
ぬちゅにちゅした少しトロミある皿うどん。
味濃い仕上がりで、野菜が絡りイイ感じ。

黒田屋11

黒田屋12

黒田屋13

黒田屋(くろだや) 福岡市中央区赤坂 皿うどん 500円

前回訪問日 2005_05_12他 皿うどん

一風堂@西通り店 白丸元味

【2006年2月22日(水)】 一風堂@西通り店 白丸ラーメン その3

熊楠家@天神店で食べた後、一風堂@西通り店へ!

一風堂イベント(麺王 四季のラーメン)が開催され、
社長の河原さんや全国の一風堂の店長・精鋭スタッフ
が集まっている訳だから
いつも以上に気合いが入っているかなーっと期待して訪問してみた。

一風堂14
上階に五行があった時代、頻繁に利用していた西通り店。
ここで全国の有名店・店主を招いた五行イベントが開催されていたのだ。
個人的にとても思い入れのある店舗。

「白丸元味 600円」を注文。

香味あるマイルドスープ。思った以上に脂は多めかな。
スープの劣化はないようだ。
むわんとくる独特の一風堂らしさを感じられた。

赤丸・白丸のレギュラーメニューを食べるのは久しぶり。薬院店や五行、そして塩原店で醤油やつけ麺、期間限定の塩や味噌を食べることが多かったのだ。近々塩原店や五行に行ってみよう。

一風堂11

一風堂12

一風堂13

一風堂10
一風堂@西通り店 福岡市中央区大名1-12-61 白丸元味 600円

前回訪問日 2001_11_20 白丸

五行@西通り時代
2005_05_08 2005_01_09 2004_11_28 2004_09_12
2004_08_01 2004_03_28 2004_01_11 2003_12_21 2003_06_26
2003_06_15 2003_01_19 2002_12_08 2002_10_13 2002_09_29
2002_09_01 2002_07_21 2002_06_26 2002_05_19 2002_05_12
2002_04_21 2002_04_21 2002_04_14 2002_04_14 2002_04_07
2002_04_07 2002_03_31 2002_03_31 2002_03_24 2002_03_24
2002_03_10 2002_03_10 2002_03_10 2002_03_03 2002_03_03

熊楠家(くまぐすや)@天神店 博多にらそば

【2006年2月22日(水)】 熊楠家(くまぐすや)@天神店 博多にらそば その2

一風堂イベント(麺王 四季のラーメン)を堪能した後、近場の熊楠家@天神店へ。

同じく西通りにある熊楠家。
以前GT3先生に瑪瑠山@警固の「ニラそば」をオススメ頂き、気になっていたお店。

熊楠家10
昼時を過ぎてしまったのか?先客ナシ。。 カウンターに座る。
「博多にらそば 700円」を注文。

黄金色の透明感アル美しいスープ。
ふんわり広がるあまみと旨みにニンマリ。こりゃなかなか美味しいなぁ〜♪
獣(鶏)と野菜のあまみが上手く効いており、塩味で喰わせる上品なもの。

生ニラやもやしがよいアクセントになり、チャーシューもこのスープに合っている。
価格は強気の設定だが、個人的にまた食べたい一杯。

熊楠家11

熊楠家12

熊楠家13

熊楠家(くまぐすや)
@天神店 福岡市中央区大名2-1-42 博多にらそば 700円

丸星ラーメン 久留米の老舗店

【2006年2月18日(土)】  丸星ラーメン@久留米 ラーメン

明日福岡市で行われるなべカズさんの結婚式参加に備え、
皆さんやや早めに解散。また明日も会うんですわ^^

べあさん&てん子さんとJR久留米駅でお別れし、
有志と丸星ラーメン前で合流。

てんもりさん・J子さん・マニさんと丸星ラーメン@久留米へ突撃!

食券を購入して席へ。お客は6割くらいの入りかな。
あれ??てんもりさんが居ないなぁー?と思っていたら、
ちゃっかり「おでん」を取りに行っていた^^攻めますなぁー
しかも「いなり寿司」まで購入してるぢゃん


詳しくは後日^^


丸星10

丸星14

丸星12

丸星13

丸星ラーメン@久留米市 ラーメン

インド料理 ガンジー@久留米市 カリー各種

【2006年2月18日(土)】  インド料理 ガンジー@久留米 カリー各種

Cafe de BLUE(カフェ・ド・ブルー)@鳥栖市で季節のフルーツパフェを食べた後、コイタさん・satoyanさん・てん子さん一行とコイタさん縁のお店インド料理 ガンジー@久留米へ!
さぁ〜てこれからが本番ですわ

帰福2日前よりコイタさんの
TOPページにて「ガンジー オフ会開催」を告知。


ガンジー オフ会開催

2月18日 午後6時から久留米のインドレストラン
ガンジーでオフ会をします。 参加ご希望の方は
予約も連絡もいりませんのでふらっとおいで下さい。

直前でスイマセン ^^

GANDY10
やや早めにガンジーに到着。お店の外観をてん子さんと撮影しているとブーンと一台のバイクが近付く。マニさんである^^話してみるとなんと久留米のラーメン食べ歩きで偶然通りかかったとのこと(驚)うひぇ〜それってちと怖すぎますよ!ワイワイと入店し、ガンジーマスターに御挨拶。マスターもコイタさんと久しぶりに会えて嬉しそうだ。テーブルをいつものように動かしセッティング。コイタさんに今日の料理をセレクトして頂く。J子さん・まささん・べあさんが到着し、宴会スタート

コイタさんを囲んでのガンジー宴。旨い料理を食べ、酒を飲み、とりとめのない話を楽しむ会。このあったかい雰囲気大好きです♪これってコイタさんの人徳だよなぁー

その後遅れて沖縄から帰福したてんもりさんが到着。
てんもりさんを囲み更に話が弾む♪

ガンジー宴の個別感想はコチラ^^
satoyanさんのブログ。  てん子さんのブログ
J子さんのブログ。  てんもりさんのブログ。  マニさんのブログ

まだまだつづく^^


因みに料理の写真は以下の通り。

GANDY20

GANDY21

GANDY30

GANDY31

GANDY32

GANDY55

GANDY33

GANDY40

GANDY34

GANDY50

GANDY35

GANDY56

GANDY36

GANDY57

GANDY41

GANDY54

GANDY42

インド料理 ガンジー 福岡市久留米市天神町34-3 2F カリー料理各種

エメ・ル・シャットリー@大分市 スイーツ

【2006年2月25日(土)】 エメ・ル・シャットリー@大分市
スイーツ各種 その4

最後はやっぱりスイーツでしょう、っとエメ・ル・シャットリー@大分市へ。

本での紹介記事や、ネット上でも評判が良かったので訪問してみることに。大分県庁からやや近く、城址公園の裏通りにあるお店。お店は昨年8月に移転して新しくなったらしく、とても綺麗な造り。駐車場も広めで立ち寄りやすい。

エメルシャットリー12

続きを読む

キッチン丸山@大分市 とり天セット

【2006年02月25日(土)】 キッチン丸山@大分市
とり天セット その3

大分市内に戻り、元祖「とり天」の老舗洋食店・キッチン丸山@大分市へ。

「とり天」といえばココが紹介されることが多い創業40年のお店。場所は大分駅を東へ1キロくらい進んだ住宅街の中。偶然での訪問はありえない立地だ。ちなみに直ぐ近くに一平ラーメンがある。

お昼休憩間近にも拘わらず店前駐車場は満車の盛況ぶり。時間が無いのでえいっ!と近くのコインパーキングに停めた。
キッチン丸山10

続きを読む

柞原(ゆすはら)八幡宮@大分市 社殿と狛犬

【2006年2月25日(土)】 柞原(ゆすはら)八幡宮@大分市
狛犬探訪 その2

柞原(ゆすはら)八幡宮・狛犬探訪の続き。

南大門を抜け、上へと歩く。暫く進み、振り返ると人気のない実に静寂な空間が広がる。音といえば時折野鳥が飛び立つ音が聞こえるくらい。

ふと自分がココに居ることがとても不思議な感覚に襲われる。ワン子しぇんしぇいと知り合わなかったら訪問することはまず無かっただろうなぁ。。その気になれば身近にこんな世界があるんだわ。
柞原八幡宮67

続きを読む

柞原八幡宮(ゆすはら)@大分市 狛犬

【2006年2月25日(土)】 柞原(ゆすはら)八幡宮@大分市
狛犬探訪 その1

せっかく大分市まで来たので狛犬探訪

豊後国の「一の宮」とガイド本にて紹介されていた柞原(ゆすはら)八幡宮。同じく西寒田(ささむた)神社も豊後国の「一の宮」らしい。ワン子しぇんしぇいの狛犬サイトにて「一の宮」として西寒田神社が紹介されていたので、未掲載であったもう一方の「一の宮」を訪問してみることに。

大分市の外れ、別府市や由布市挾間町との境にあるかなり奥まった山間の立地。平安時代からの古い八幡宮だそうだ。因みに以前大分市に三年程住んでいたが、その存在を全く知らなかった。


街場の鳥居を潜り坂道を車で上っていく。住宅地が続きゴルフ場を過ぎて山間を暫く進むと柞原八幡宮が現れた。

先ず向かって右側の巨木が目に留まる。案内図を見るとなかなか広いようだ。
柞原八幡宮11

続きを読む

讃岐うどん へんろみち@大分市・都町 野菜天ぶっかけうどん

【2006年02月25日(土)】 讃岐うどん へんろみち@都町(大分市)
野菜天うどん
へんろみち10

続いて、本場の讃岐うどんを食べられる貴重なお店・讃岐うどん へんろみち@都町へ。

前回の訪問は昼休み間際だったので、
今回はなんとしても開店と同時訪問して状態の良い活きたうどんを食べたかったのだ。

入店すると御主人と女将さんがにこやかに迎えてくれる。昨年お話したことをよく憶えていて頂けたようで、「エヌさん」とHNで話し掛けられた^^ 正にお遍路のお接待っていうあったかさ。

注文する前にアレコレお話し^^ 大分市でちゃんとお話できるお店に出会えたことがとても嬉しい。

続きを読む

三宝龍(さんぽうりゅう)@大分市・都町 ラーメン

【2006年2月25日(土)】 三宝龍【壠】@大分市・都町 三宝ラーメン

本日は早朝から仕事絡みで大分市へ。
所用は直ぐに片づき、午前中の歓楽街・都町にある三宝龍に向かう。
日・祝定休なので、今までなかなか食べる機会がなかったのだ。

夜中の賑わいとは異なり午前中はガラ〜ンとした飲食・風俗街。
ピカソ会館の斜め前に三宝龍がある。
三宝龍17
店先で開店を待っていると、
ブースカさんより「一竜軒@唐津へ爆進中」との迷惑メールを頂く。
関係者の皆さんは今日も九州の何処かで何かに向かって頑張ってるんだろうなー

三宝龍16
開店直後に入店すると、御主人が懸命にネギを刻んでいた。
カウンターに座るもコチラに全く気付いてないみたい。
暫くしてから驚かれるように気付き、謝られながら「三宝ラーメン」を注文する。

「すいませーん、大盛りにしときました^^」と御主人が笑顔でラーメンを差し出す。
連食する予定だったので一瞬 え!っとは思ったが、
「ありがとうございまーす♪」とにこやかに御主人の配慮を有り難く頂く。

三宝ラーメンは完全にオリジナル麺料理。
「ラーメン」という括りより別の「食べ物」といった印象。

甘味のある茶褐色のスープ。
味噌のような変わった香りとあまみあるクセ味。
牛肉、玉葱、キャベツ、そして刻まれた青ネギを生玉子で絡めた独特のもの。
細麺は大盛りで、びっしり器に詰まっている感じ。
後で御主人からネギも大盛りにしといたから^^と言われてそのボリュームに納得。
ラーメンの味もさることながら、心遣いがなんとも嬉しかった。

因みにラーメン本の紹介に寄ると
「山香の湧き水を使用して豚骨のみでスープを取っており、なんと自家製麺」
との記載あり。
大分にもオモシロイラーメンがまだまだあるなぁ〜♪

三宝龍10

三宝龍11

三宝龍13

三宝龍14
三宝龍【壠】(さんぽうりゅう) 大分市都町1-3-10

Cafe de BULE(カフェ・ド・ブルー、喫茶ぶるー)@鳥栖市 パフェ

【2006年2月18日(土)】 Cafe de BLUE(カフェ・ド・ブルー)@鳥栖市 パフェ

もち月@南区若久で食べた後、
一行は
コイタさん希望のお店・萬○らーめん龍九@博多駅南へ。
あの有名人気店・一九ラーメン@老司店がスープを供給している格安店だ。

ココはコイタさんのみが食べ、私達は車内で待つことに。
暫くすると満面の笑みで出て来て、
「やっぱ九州のトンコツラーメンはダシが濃く、臭う♪臭う♪」と喜んでいた。

ガンジーの前にスイーツ店に立ち寄ることを提案^^


都市高速と高速を乗り継ぎ、一行は鳥栖へと移動。
狙いはフルーツパフェの行列人気店・Cafe de BLUE(カフェ・ド・ブルー)@鳥栖

BLUE10
店内にも多くの待ち客が並ぶ人気店で、8割以上が女性客である。

店内は結構広く、メニュー表といいファミレスを思わせる造り。
まぁー 手渡された掲載パフェ・メニューの多さにたじろぐ
スポットメニューの季節のフルーツパフェだけでも9種で、
レギュラーメニューは100種を超えてるんですわ!

BLUE10a
見開きで9ページに渡り「なんたらパフェ」がビッシリ・・・
ここまで多いと選びようがなく、皆様戦意喪失気味。
ま、てん子さんだけは粘り強く最後までセレクトに迷ってたけどね^^

結局季節のフルーツパフェ中心にセレクトされてゆく。

BLUE11
食べる前からもぉ〜腹一杯のコイタさん^^
選ぶだけでも10分、パフェ登場までの待ち時間は20分くらいかな。


先ずはてん子さんのブルーベリーココナッツイチゴのパフェ登場。750円也。
ストロベリーとブルーベリーの合わさった、「ベリー・ベリーフェア」らしいパフェだ。
感想はコチラのてん子さんブログにて。
BLUE20

BLUE21


続いて私がオーダーしたストロベリー&バニラのジャンボパフェ。850円也。
高さのあるパフェ。メニュー表では細そうに見えていたのだが、実物はデカイ。
上部にアイスクリームが気前よく盛られており、これだけで満足できる感じ。
フルーツの量は多く、四層構造の贅沢パフェ。
これが食べても食べてもなかなか減らないんですわ。。

皆さんの食べっぷりに触発されて、なんとか完食。
記憶に残るパフェとなった。
BLUE30

BLUE31


コイタさんのオーダーしたパフェ。
BLUE40

BLUE41


satoyanさんがオーダーしたストロベリートライフルパフェ。700円也。
感想はコチラのsatayanさんのプログにて。
BLUE50

BLUE51

BLUE60
Cafe de BLUE(カフェ・ド・ブルー、喫茶ぶるー)佐賀県鳥栖市宿町716-1
ストロベリー&バニラのジャンボパフェ 850円

Archives
Categories
Recent Comments
Profile えぬ(N)

nsan

  • ライブドアブログ