麺が好きィ〜!ブログえぬ(N)

麺を中心に食べ歩き。 福岡、北九州、佐賀、大分、熊本、宮崎、鹿児島、長崎、沖縄、 関東、関西、四国、さぬきうどん、そば等々。 えぬ(N)

2006年10月

中華そば専門店 玄武@佐賀・拉麺開花 ラーメン

【2006年10月8日(日)】 中華そば専門店 玄武@佐賀・拉麺開花
ラーメン
玄武11

朝から福岡市で所用を済ませ、夕方から佐賀へ。

夜はべあさんと合流し、一緒にモラージュ佐賀に開店したラーメン複合施設「拉麺開花」へと向かう。先ずはタレント・河合我聞氏のお店「我聞」のプロデューサーがオリジナルトンコツを出すという「中華そば専門店 玄武」にてラーメンを食べることに。オープン間もないこともあり、なかなかの賑わい。いちやと玄武に並び客が多いようだ。
玄武10

玄武前にも待ち客が並ぶ。券売機で私は「普通のラーメン」を。べあさんは「醤油ラーメン」を購入。20分程アレコレ喋っていたら中へと通された。
玄武14

続きを読む

麺劇場 玄瑛@薬院(福岡市中央区) 海老薫醤油拉麺(あごだし)

【2006年10月14日(土)】 麺劇場 玄瑛@薬院(福岡市中央区)
海老薫醤油拉麺
玄瑛10

一風堂の創作ラーメンイベント「四季のラーメン」、そしてうどん平@博多区にていつもの「海老ごぼううどん」を食べ、麺劇場 玄瑛@薬院流れる。たまたま「四季のラーメン」イベントで御主人の姿を見かけていたのでこの機会に食べておこうと^^
玄瑛20

行列は短く約20名。しかし考えがあまかった・・・。異様に回転率が悪く、全く前に進まない。たった20名待ちで1時間も並んでしまった。。並び開始(pm12:32)〜入店(pm13:36)というもの。通常では考えられない待ち時間の長さ。あの女将さん独りで回していた雷文@町田ですらこんなに待ってない記憶なのだ。

2006年4月13日(水)のゴールデンタイムで放送されたラーメン特番・テレビ番組 VVV6 日本一うまいラーメンを探す旅SP@フジ。福岡市の「麺劇場 玄瑛」が日本一のラーメン店と紹介された為、突然大行列が発生(驚) 行列は途絶えず、その後も日テレの「どっちの料理ショー」に出演。有名店・雷文@町田の名物女将・宇都宮さんを打ち破り勝利。福岡(九州)にあるお店としては久しぶりの全国区、メディア露出型店となった。

2006年4月23日(日)に行列見学に向かうと(少なければ食べようと)、お店の前から折れ曲がり続く大行列に唖然。。こりゃお祭りですわ^^ 改めて関東発信によるテレビメディアの力を見せつけられた。
玄瑛_2006_04_23
玄瑛は開店当初コソ奇抜な内装で話題となったが、時間が経過するに連れ混み合うこともなくなり推移。福岡のローカル番組や九州ウォーカーで紹介されるとやや混み合う程度だった。個人的には四度訪問しており、2005年8月7日に訪問した際は先客一名で閑散としていた。

さて、店内はゆったりした時間が流れており、接客も気持ち良い。ラーメンを丁寧に作り、状態の良いものを提供しようとしていることが伝わってくる。客が押し寄せている機会に短期で稼ぎまくろうってな感じではない。寧ろより丁寧に上質なラーメンを提供しようとしているように感じた。席は六割くらいの埋め方にして余裕をもたせている。

一時間も並んだので、
海老薫醤油拉麺(あごだし)、お茶漬け付き1000円を注文。

続きを読む

パティスリー ジャック@赤坂 スイーツ各種

【2006年10月14日(土)】 パティスリー ジャック@赤坂(福岡市中央区)
スイーツ各種
jacques20
一風堂の創作ラーメンイベント「四季のラーメン」、うどん平@博多区、玄瑛@薬院と流れ、赤坂のスイーツ店・パティスリー ジャックへ。

あれれ? 店頭に祝い花が飾ってあるぞ。
改装されており、正面の扉がなくなり右の側面から入るようになったようだ。
jacques12
jacques11

店内も改装されイートイン用のカウンター席ができていた。
日・祝定休が変更されて、月曜が定休日となったようだ(嬉しい)
jacques10

ピスタチオグリオット 420円、マロン ロワイアル 441円、
ジャック 420円、プランス 462円、マニフィック 420円を購入。

改装祝いだったのか、清算時に焼き菓子を4個サービスしてくれた(嬉)

続きを読む

一風堂@大名本店 四季のラーメンイベント(松茸土瓶蒸しラーメン)

【2006年10月14日(土)】 一風堂@大名本店 四季のラーメンイベント その1
松茸土瓶蒸しラーメン(黄金スープ)
一風堂 四季のラーメン50

本日は一風堂@大名本店にて四季のラーメンイベント開催。
店主・河原さんによる渾身の創作ラーメンを食べられる。

感想を先に! 今回のラーメンはめちゃめちゃ旨く、
個人的に、今年食べたラーメンの中で最も旨かった一杯となった♪

一風堂 四季のラーメン22

開始予定は午前11時予定で、
午前10時過ぎに到着するも既に行列ができていた。
一風堂 四季のラーメン10

続きを読む

おでん 悦ちゃん@沖縄県・那覇市 鍵が掛かったお店

【2006年9月15日(金)】 おでん 悦ちゃん@那覇市 その9
おでん(てびち、大根、厚揚げ、昆布)
悦ちゃん12

「鍵が掛かったお店」としててんもりさんのブログに紹介されていた怪しさプンプンのお店・おでん 悦ちゃんてんもりさんに『沖縄ならではの「てびち」と「おでん」を食べたい』と相談すると、おでんならば名物・焼きてびちの東大より先に悦ちゃんへ行きましょう!ということに。

てんもりさんのブログ (ブースカさんと訪問した悦ちゃん@那覇市)


那覇市内の繁華街・国際通りの東側に位置するという桜坂社交街。暗い裏路地的な雰囲気が漂う。そんな飲み屋が連なる街にお店はあった。周辺に立ち並ぶ建物は良い感じに草臥れている。車を停め、少し歩いただけであそこだとてんもりさんが指差す。
悦ちゃん10

手慣れた感じでてんもりさんが鍵が掛かったドアをノックして女将さん呼び、開けてもらう。
「まあ!久しぶりねぇー」っと女将さんとのやりとりが聞こえた。

なんでも今日は終始大盛況で、満席につき何組も常連客をお断りしたんだそうな。
私達はそんな客の切れ間に運良くすぽっと入店したらしい。

静かな薄暗い店内にお客は私達だけで、ゆるりと女将さんとの会話を楽しむ。

今日はまだ運転があるのでノンアルコール。
女将さんの許しを得て、外で購入してきたさんぴん茶を飲みながら「おでん」を注文。
悦ちゃん11

続きを読む

くじゅうソロ登山(牧ノ戸〜星生山〜久住わかれ〜天狗ガ城〜中岳)その2

【2006年10月9日(月祝)】 くじゅうソロ登山(紅葉し始めた秋の山) その2
(牧ノ戸〜沓掛山〜星生山〜久住わかれ〜天狗ガ城〜中岳〜牧ノ戸)
星生山58

くじゅうソロ登山のつづき。
今回のコースは次のとおり。牧ノ戸登山口〜沓掛山(1503m)〜星生山(1762m)昼食〜久住わかれ〜天狗ガ城(1780m)〜中岳(1791m)〜御池〜久住わかれ〜西千里浜〜牧ノ戸。下山後の温泉は今回も酸性緑礬泉と硫黄泉を楽しめる九重星生温泉「山恵の湯」へというもの。

星生山の山頂より岩場の尾根を進む。
好天に恵まれ嬉しい限り。
星生山51

歩いてきた岩場の尾根を振り返ると、
鋭角な登山道が山頂へと繋がっていた。
星生山54

先程登ってきた尾根を眺める。
星生山55

目前に広がる雄大な久住連山。星生山の岩場や天狗ガ城。久住山と奥に稲星山。日射しはあるものの気温は低めで、鮮やかな
青空が広がる。楽しいなぁー 気持ちイイなぁー 尾根歩き♪
星生山56

続きを読む

くじゅうソロ登山(牧ノ戸〜星生山〜久住わかれ〜天狗ガ城〜中岳)その1

【2006年10月9日(月祝)】 くじゅうソロ登山(紅葉し始めた秋の山) その1
(牧ノ戸〜沓掛山〜星生山〜久住わかれ〜天狗ガ城〜中岳〜牧ノ戸)
くじゅう26

本日はゆるり起きだしくじゅう登山へ。実は今回で10回目の記念登山。三連休初日はぬかるんだ登山道を避け、状態の改善した最終日に延期していたのだ。

コースは次のとおり。牧ノ戸〜沓掛山(1503m)〜星生山(1762m)昼食〜久住わかれ〜天狗ガ城(1780m)〜中岳1791m)〜御池〜久住わかれ〜西千里浜〜牧ノ戸。下山後の温泉は今回も九重星生温泉「山恵の湯」へ。

昨夜はべあさんと深夜までイロイロ話し込み、帰宅は午前三時半。もぉーねむねむ状態なのですわ。夕方べあさんと合流し、一緒にモラージュ佐賀に開店したラーメン複合施設「拉麺開花」へ。タレント・河合我聞氏のお店「我聞」のプロデューサーがオリジナルトンコツを出すという「中華そば専門店 玄武」にてラーメンを。鍋島一休軒@佐賀でラーメンを食べた後、いちげん@川副へ。結局いちげんでは食べず、持ち帰り二人前とした。
その後、皆さんで再度「拉麺開花」へ。まだ店主・土田さんが店頭にいらっしゃったので「中華そば いちや」をいちげん@川副の皆さんを交えワイワイ食べる。食後も店外で土田さんとまったりお喋り。偶然にもなかなか楽しい時間を過ごす。こんなにお話しできると思っていなかっただけにビックリです。

ささっと用意をして、コンビニで食料を買い込みくじゅうへ向かう。金曜の夜まで雨が続いていたものの、連休三日間は天候に恵まれ快晴。その分空気はやや霞気味か。牧ノ戸登山口の駐車場はびっしり満車で大賑わい。結局午前11時くらいと遅めのスタートとなった。

日射しはあるものの気温は低め。爽やかな青空が広がる。
風に揺れるすすきの奥に三俣山がクッキリ見える。
くじゅう10

登山道にはリンドウが咲き乱れる。
くじゅう11

沓掛山を通り過ぎ、
紅葉し始めた尾根歩きを開始。
くじゅう12

続きを読む

大文字@町田 油そば(久留米ラーメンフェスタ)

【2004年11月6日(土)】 大文字@町田 その1
油そば 400円
大文字10

大文字 <油そば 400円>
神奈川県横浜市青葉区もえぎ野17-7
東京都町田市成瀬ヶ丘2-4-1

2004年11月6日に開催された久留米ラーメンフェスタ。(もう二年前ぢゃん

会場でマニさん&satoyanさん、そしてコイタさんと会場で待ち合わせる。
この日のsatoyanさんの旧日記はコチラ

雷文@町田、そして一風堂(創作塩ラーメン)を食べた後、「味噌ラーメン」で知られる大文字@町田「油そば」を食べることに。大文字の店主・中村さんはよく一風堂の招待イベント@五行や四季のラーメンイベント@大名本店等に御夫妻で参加されているお方。私も大文字の味噌ラーメンを2001年11月20日の五行招待イベントで食べている。今回は「油そば」だったが、大文字とあらば食べないわけにはいかなかった。
 大文字12
大文字13

事前に購入していたチケットを渡し、
「油そば」をブースで受け取る。

続きを読む

様式美麺 れいんぼ〜@佐賀県・唐津市 油そば

【2006年10月7日(土)】 一竜軒様式美麺 れいんぼ〜@佐賀県・唐津市 その4
油そば
れいんぼ〜11

河太郎@呼子で食べた後、時折海を眺めながら唐津市へと戻る。
昨日雨が降っていたので海の色はやや濁り気味。
れいんぼ〜10

折角唐津まで来ていることだし様式美麺れいんぼ〜@唐津市に立ち寄ることに。あらゆる意味でオーラ プンプンの個性店・様式美麺れいんぼ〜@唐津市。店主の熱意が漲るお店である。個人的には「普通のラーメン」を定期的に四度食べてきた。今回で五度目の訪問。

開店前からネット上の掲示板で店主御本人によるド熱い書込を多数見かけ、ド派手な虹色?店舗で開店。その店名もかなり個性的だ。掲示板等での御本人による書込に加え、自前ブログでの個性的な書込内容で一躍ネット有名店となった。当時の書込は今でも部分的に保存してるけどね。あまさんの掲示板には今とはHNこそ違えど当時のド熱い書込が多数残っており、簡単に閲覧できる。

一竜軒@唐津からも見える程のド派手な外観。
この外観はやっぱ客を選ぶなー
れいんぼ〜15

カウンター席に座り、張り紙を確認して「油そば」を注文。

続きを読む

河太郎@呼子 いか活き造り定食

【2006年10月7日(土)】 河太郎@佐賀県・呼子 その3
いか活き造り定食
河太郎13

一竜軒@唐津市で食べた後、呼子にあるいつもの河太郎@呼子へ。別に呼子まで行かなくてもとか、別の空いてる店でもイイのでは? と思わないでもないけれど、透明感あるいかの活き造りを求めなんとなく学生時代から通ってしまうお店だ。

鄙びた漁港だが、外れにある河太郎の周辺のみ大盛況。先ずは順番札を受け取る。快晴の下、小一時間周辺の漁港や露天商をぶらり。天日干しやみりん干しが売られている。
河太郎50

三連休初日ということもあり、お客さんはなかなかの出足。
露天のお店にも客が流れていた。
河太郎51

気持ちがよかったので、暫し港で休む。
河太郎53
河太郎54
河太郎55

お店に戻り、いよいよ食事です。
河太郎40

続きを読む

一竜軒@佐賀県・唐津市 ラーメン

【2006年10月7日(土)】 一竜軒@佐賀県・唐津市 その2
ラーメン
一竜軒@唐津市11

早朝、空を見上げると雨あがりの澄んだ青空が雲の合間に覗く。この時点で登山にはややキビシイと判断。くじゅうは月曜日(祝日)に登ろう♪

所用を済ませ、午後11時、高速道路に飛び乗り唐津市へ。いつもの河太郎@呼子を訪問する前にコレ又いつものお店・一竜軒@唐津市を目指す。天候は次第に回復し、気持ちの良い青空が広がっていく。三連休初日だけに交通量は多かったが、渋滞することなく午後1時過ぎに到着した。
一竜軒@唐津市17
一竜軒@唐津市20

私だけ入店し「ラーメン」を注文。忙しい中、御主人と女将さんよりニッコリ話し掛けて頂き恐縮。これだけ熱い想いを持った方々と関わり合えたことは本当に有り難い。唐津に居場所ができたことを嬉しく思う。

続きを読む

豆田町・散策ウォーキング@大分県・日田市

【2006年10月7日(土)】 豆田町・散策ウォーキング@大分県・日田市 その1
街歩き
日田市10

早朝、空を見上げると雨あがりの澄んだ青空が雲の合間に覗く。この時点で登山にはややキビシイと判断。くじゅうは月曜日(祝日)に登ろう♪

くじゅう登山を諦め、午前中は大分県・日田市で朝から所用をかたづける。途中二時間あまりフリーな時間ができたので旧市街地である豆田町を散策しながらウォーキングを開始する。登山を始めて以来ウォーキング場を歩くより景色を楽しみながら歩く方が俄然面白くなったなー

草野本家では新たな展示が始まっていた。
NHKの影響力って凄いですわ。(番組・その時歴史は動いた)
日田市11

豊臣秀吉の弟・秀長の隠れた活躍を特集した回となった「その時歴史は動いた」。
この回はたまたま番組を観ていたんです^^
日田20
日田21

続きを読む

六盛(ろくせい)@大分県・別府市 中華そば

【2006年10月5日(木)】 六盛(ろくせい)@大分県・別府市 その3
中華そば
六盛@別府10

一昨日に続き午前中から仕事絡みで大分県・別府市へ。本日は雨が降る生憎の天気。湯布院から鶴見にかけては霧が発生。視界が悪い中進む。別府市内に入る頃には時折雨粒が落ちる程度に回復してきた。仕事を済ませ、先ずは人気・有名店であるみつばグリル@別府市へ。三ツ葉定食(チキンピカタ、えびフライ、カニコロッケ、サラダ、カップスープ、ライス)1350円に名物のスーパイコを追加した。続いて今回も別府駅市場に流れ、人気お惣菜店・野田商店@別府市へ。元気一杯のおばちゃん軍団に話し掛けられながら巻きずしやレタス巻き、鶏ごばん、稲荷ずしのご飯モノ。そしてとり天やコロッケ等の揚げ物やおからを買い込む。

その後「別府」ならではの手作りラーメンを食べようと六盛(ろくせい)@別府市へ。別府駅市場から海方向に下った浜脇に近い松原公園沿いにあり、「中華そば」も人気ある冷麺・温麺専門店なのだ。
六盛@別府14

前回は「冷麺」を食べたので、久しぶりに中華そば(醤油)を注文。

続きを読む

友永パン@大分県・別府市 ホカホカあんぱん&クリームパン

【2006年10月3日(火)】 友永パン@大分県・別府市 その2
あんぱん(つぶしあん)、あんぱん(こしあん)、クリームパン 計六個
友永パン21

別府駅市場でお惣菜を買い込んだ後、近場の友永パン@別府市へ!前回てん子さんと訪問した友永パン。ホカホカ・ふんわりの焼き立てパンを食べられる。地元客と観光客で大賑わいの創業大正五年の老舗パン屋だ。奥まった立地で、店前の道路は一方通行の細道。こんなところにどこからともなく人が集まってくる。

たまに「大分」に旨いモノなんてあるの??みたいな感じで言われることがあるし、また自虐的に県民自身が美味しいものなんて無いよねー などと耳にすることもある。よくよく調べて実際に食べ歩いてみると、なかなかどうして全国区の知名度がなくても「大分」に美味しいものは結構アルと今の私は思っている。つい最近まで私もよく知らなかったけどね。海の幸と個性ある天然温泉とを合わせて楽しめば更に良し♪
友永パン13

到着すると笑いが出る程の混雑ぶり。店内にはお客がうじゃうじゃ。しかもまとめ買い(箱買い)していく大口客の多いコト!私は二日後の10月5日(木
)にまた別府市に来る用事があるので堅実に。あんぱん(つぶしあん)、あんぱん(こしあん)、クリームパンを各2個ずつ購入で抑える。バターフランスは丁度無かったとのこと(残念) 受け取った紙袋はホカホカで、湯気が出るので口を開けておいた。
友永パン11

処狭しと空いたスペースにパンが置かれていく。
店内に次々に運ばれ、置かれていくアツアツのパンを観ているだけでも面白い。
友永パン10a
友永パン30

続きを読む

別府駅市場@大分県別府市 お惣菜

【2006年10月3日(火)】 別府駅市場@大分県別府市 その1
お惣菜(巻きずし、とり天、焼きサバ寿司、石垣餅)

朝から仕事絡みで大分県・別府市へ。出発時は生憎の曇り天気だったが、雲に覆われた由布岳の麓を通り過ぎ鶴見から別府に下るとスカっと鮮やかな青空が覗き、日射しを浴びた綺麗な別府湾が見えた。
別府10

先ずは仕事を片付け少しフリーな時間を持つ。午前10時とまだ時間が早く、別府の飲食店は11時〜11時半開店ばかりで立ち寄れない。こんな時は「別府駅市場」と「友永パン」かなと頭を切り換える。
別府11

別府駅市場はJR別府駅横のガード下に連なる商店街。鮮魚店や生鮮野菜店、精肉店やお惣菜店が2ブロックに渡り並ぶ。しかも早朝から開店しているお惣菜店もあるのだ。訪問は今年のGWにてん子さんと人気お惣菜店・野田商店訪問して以来。今日はその野田商店は定休日だったので、他のお店を見て回りどんどん購入していく。今日は平日なので観光客の姿は殆ど見かけず、地元のおばちゃんばかりだ。

鮮魚店には国東産や杵築産の鮮魚が並ぶ。
別府15

野菜店には大分県産も並び、ほっとする。
別府16
別府12

精肉店等今回は殆どのお店が開店中。
こんなにお店があったんだー
別府14

続きを読む
Archives
Categories
Recent Comments
Profile えぬ(N)

nsan

  • ライブドアブログ