麺が好きィ〜!ブログえぬ(N)

麺を中心に食べ歩き。 福岡、北九州、佐賀、大分、熊本、宮崎、鹿児島、長崎、沖縄、 関東、関西、四国、さぬきうどん、そば等々。 えぬ(N)

2007年03月

お花見@西公園(福岡市・中央区)

【2007年3月30日(金)】 お花見@西公園(福岡市)

ひょんなことからお花見西公園@福岡市・中央区へ。
桜はすっかり満開状態。
11

続きを読む

博多 五行@福岡市中央区・今泉(新装開店) つけ麺

【2007年3月28日(水)】 博多 五行@福岡市中央区・今泉
つけ麺 (その2)
博多五行40
博多五行41

本日は博多 五行@今泉(五行は一風堂系のお店)の新装開店日。嬉しいことにコンセプトを一新して再スタートすることになった。satoyanさんと一緒に訪問 のつづき。


「焦がしとんこつ」と「焦がし醤油麺」を食べ、予め注文しておいた「つけ麺」を待つ。

新装した五行はお酒の種類が充実しており、更に一品料理と共に楽しめるお店。日本酒や焼酎、シャンパンやワインが揃っている。たぶん沖縄系も。今回車だったので「麺」の注文になっているけれど、五行ではお酒を愉しみながらくつろげる場所のようだ。九州でこれだけスタイリッシュに造り込まれた上質な空間を提供した麺店は初めてじゃないだろうか。店内はゆるりとした時間が流れており、それぞれ談笑しながらゆったりお酒や料理を楽しんでいた。

注文の際に店員さんより「お酒のメニューを注文した方に半サイズの麺も用意してありますよ」とアドバイスされていた。この雰囲気でお酒や一品料理ナシってのはかなり勿体ない感想だ。次回訪問の際は是非お酒も絡めたい。今回はサービスで提供されたビールとシャンパンのみで^^
博多五行16

程なく「つけ麺」が配膳。

続きを読む

博多 五行@福岡市中央区・今泉 改装オープン(とんこつ、焦がし醤油、つけ麺)

【2007年3月28日(水)】 博多 五行@福岡市中央区・今泉
(焦がし)とんこつ、焦がし醤油麺、つけ麺 (その1)
博多五行30
博多五行20

本日は博多 五行@今泉の新装開店日。(五行は一風堂系のお店です。)

もしかしたら九州
から「五行」が無くなってしまうのではと一時心配していたが、
嬉しいことにコンセプトを一新して再スタートすることになった。

satoyanさんと今泉で待ち合わせ、私は仕事終わりに車で福岡市へ向かった。
高速は順調な流れだったけれど、都市高はいつもの事故渋滞。

途中で連絡を入れ、待ち合わせ時間を少し過ぎたくらいで天神に到着。
博多五行10

お店は西通りに近いくらいの今泉一丁目にある。
なんなくsatoyanさんと合流。

到着すると、以前の和風な雰囲気からは一変、モダンな洒落た空間に。
博多五行16

お店は駆けつけた方々で既に満席。暫し店前で待つ。並んでいる先客は5名くらい。satoyanさんと談笑しながら外観を眺めていたら、ふらりと店主の河原成美さんが笑顔で現れた。今日はいつもの和装ではなく洒落たスーツ姿。話し掛けられて河原さんだと認識できるまでに0.5秒掛かり、やや反応が遅れてしまったくらい^^  あまりに意外な服装だったんだものー 新装オープンのお祝いを伝え、ちょっぴりお話し。『今日のオススメは新メニューの「(焦がし)とんこつ」で、このとんこつスープと特製麺はボクが作っているから。』とのこと。更に「塩」のスープは今日は幾分弱めの出来とのことだった。

心配していた森さんが元気にいらしたり、親しくさせて頂いていた吉崎さん(助っ人で駆けつけていた元・五行@西通りの店長さん)とも久しぶりにお話しでき、お祭りらしき楽しい時間を過ごせた。

待っているとイベントで見かける一風堂の精鋭スタッフさん達が度々話し掛けてきて、きっちりサーポートしてくれる。待ち客にはビールなんかもグラスで振る舞われ、流石の手厚い対応だ。
博多五行11

外の通りからはあまり見えないが、入口周辺は祝い花だらけ。
博多五行12

小一時間待った後、贅沢な六人席に通される。丁度隣のスペースに河原さん達のグループが座っており、時折振り向いて話し掛けてくれる。スタッフの吉崎さんも時折訪れ、笑顔でイロイロお話しできた。

注文は河原さんにオススメして頂いた「(焦がし)とんこつ」「焦がし醤油麺」をセット(お酢と小ぶりなご飯付)で。更に予め食後の「つけ麺」を追加注文しておいた。

本日は新装開店を祝い、シャンパンが振る舞われた。
私の分は車の運転があるのでsatoyanさんに。
博多五行13

【食前に配膳されたお酢】
博多五行14

続きを読む

まむし@福岡県・田川市(筑豊) ラーメン

【2007年3月25日(日)】 まむし@福岡県・田川市(筑豊)
ラーメン (北九州・筑豊食べ歩き その3)
まむし10

北九州から筑豊を巡るつづき。

黒門@遠賀でラーメンを二杯食べた後ケパサさんと場所を変え熱く談笑^^
いや〜アレコレお話しできて楽しかったです♪ いつも突然のお誘いでスミマセン。

ケパサさんとお別れし、筑豊方面を目指す。
菜の花が咲き乱れる春の遠賀川沿いを南下した。

写真は帰宅途中で眺めた添田町の長閑な風景。
添田町10

先ずは田川市のラーメン専門店・まむしへ。
ぎょらん亭@小倉北区で修行した方が筑豊で開いたお店だ。

カーナビの指示で向かったので、迷うことなく到着。
以前ケパサさん達は苦労したそうなので^^
まむし20
まむし21
(注 外観撮影は暖簾を下げた食後にて。)

店内はほぼ満席で、カウンターの端に滑り込む。
ラーメンを注文。

続きを読む

こさか@大分県佐伯市・蒲江 魚定食(2000円)

【2007年3月3日(土)】 こさか@大分県佐伯市・蒲江
魚定食 2000円
こさか12

本日は大分県・南東部の佐伯市から更に南へ下り、
昨今の市町村合併で佐伯市となった蒲江(町)へ。

港で鮮魚を食べられそうな二店を確認すると、そのひとつはラーメンの幟まである。
しかし、いずれも喫茶店のようだ。

迷ったあげく、若宮鮮魚に近いコサカ@蒲江というお店に入り、
蒲江ならではの魚料理を味わおうと、「魚定食 2000円」を注文した。

続きを読む

黒門@遠賀 ラーメン(二杯目)

【2007年3月25日(日)】 黒門@遠賀
ラーメン・二杯目 (北九州・筑豊食べ歩き その2)
黒門20
黒門21

本日はより状態の良い黒門のラーメンを食べようと開店前から黒門@遠賀を訪問。北九州から筑豊を巡るつづき。

一杯目のラーメンを半分くらい食べたところでケパサさんが到着。

残りをずずぅーっと食べてしまい、ケパサさんと一緒に二杯目を注文^^
ケパサさんはオニギリも追加。

続きを読む

黒門@遠賀 ラーメン(一杯目)

【2007年3月25日(日)】 黒門@遠賀
ラーメン・一杯目 (北九州・筑豊食べ歩き その1)
黒門10
黒門11

本日はより状態の良い黒門のラーメンを食べようと開店前から黒門@遠賀を訪問。

道中ケパサさんに連絡を入れ、お店で待ち合わせることに

今日は北九州から筑豊を巡る。

店主のクモさんに招き入れられ、厨房での準備を眺めながら開店時間を待つ。
ケパサさんの到着前に先ずは一杯目を食べた^^

続きを読む

福智山登山 渓流沿い歩きから山頂へ その5

【2006年9月30日(土)】 福智山登山@北九州・小倉南区 その5
渓流沿い歩きから山頂へ
福智山71

北九州の福智山
 登山のつづき。(その1その2その3その4)途中まで書いて、すっかり埋もれてしまっていた登山ネタ。

早朝よりへのさんのお誘いで北九州の福智山登山@小倉南区へ。 参加者はへのさんsatoyanさんてん子さん、そして私の四名。

福智山の山頂まであと少し!
皆さんに「最後の登りはキツイよぉ〜」っと脅されながら進む。
福智山50

道沿いに嬉しい水場が設置されていた。
福智山51

少し進むと、視界がぱっと開けた。
いよいよ最後の急坂へ。
福智山55

最後の急坂に到着。
山頂部に岩場が見える。
福智山54

続きを読む

博多新風@高宮 二周年&準優勝祝宴@ふくろうの森(大名)

【2007年3月20日(火)】 博多新風@高宮 二周年&準優勝祝宴
ふくろうの森@大名
本日は博多新風の店主・高田さんのお誘いで、博多新風二周年&テレビ企画・美味しんぼ塾 ラーメン道〜日本全県グランプリ〜準優勝のほのぼの祝宴に参加。当初番組放送日に合わせて祝賀宴開催との予定だったが、諸事情により急遽延期となっていたのだ。

宴開始予定の午後八時丁度に会場入り。既に駆けつけた関係者でカナリの賑わい。高田さん、常連客のIさん、
バスプリンさん、zoroさん御夫妻、じーのさん達と席を囲む。程なくオゴポコさんが到着して隣に。その後taronobu-himeさん、そしてGT3先生とお連れ様が遅れて到着。これでラーメン系の方々は勢揃い。いや〜めっちゃ楽しいですわ♪ 総勢40名くらいの集いとなった。

フジテレビにて「カスペ
!」『美味しんぼ塾 ラーメン道〜日本全県グランプリ〜』が2007年1月16日(火)午後19時より放送され、その番組企画で博多新風@高宮が準優勝した。番組には博多新風の紹介者としてオゴポコさんが出演^^

高田さん四兄弟に、あの個性的なお父さんとお母さん&新風のスタッフさん。更に親しい友人や関係者の方々。加えて常連客の方々が席を囲む。私も恐縮ながら参加させて頂いた。非常に楽しい宴で、最後は家族の絆が強い涙涙の感動的な会となった。集まった関係者の方々も温かい方ばかりだったなぁ。

そもそも全国の中から選ばれるだけでも大変なのに、その中で結果を残せたことは凄いと思う。白河、喜多方、佐野、和歌山、尾道の並みいるラーメン御当地の中からでさえ番組出演させていない訳だし。今回は福岡からセレクトされただけでも有り難い状況だった。
あらゆる意味で幸運にも博多新風が取り上げられたが、是非他店も頑張って欲しい。地道に頑張っていれば同じ様な機会は今後必ずアルと思う。博多新風にも更なる進化を期待している。


仕事終わりに高速で福岡市へ。会場入りする前に白河ラーメン とら@南区・塩原に立ち寄ることに。最近復活した手打ち醤油中華そばの嬉しいお店。都市高速が事故渋滞でヤキモキするも、なんとか午後七時過ぎに到着。詳しくは後日。
【白河ラーメン とら@福岡市南区・塩原 ラーメン 600円
とら10
とら11

続きを読む

ラーメンマン(拉麺男)@宮崎市(宮崎県) こってりとんこつラーメン

【2007年3月17日(土)】 ラーメンマン(拉麺男)@宮崎市(宮崎県)
こってりとんこつラーメン (宮崎市食べ歩き その2)
ラーメンマン@宮崎10b

黒木食堂@宮崎市でチャーシューラーメンを食べた後、タルタルソースが掛かったチキン南蛮の発祥店・おぐら本店@宮崎市へ。お店の立地は宮崎市内の中心街で、百貨店・山形屋の裏通りにひっそりアル。先日味の延岡おぐらチェーンの大瀬店で「特選チキン南蛮定食」食べたけれど、老舗の本店は初訪問だ。

山形屋前を右折して近場のパーキングを探す。
宮崎10

続きを読む

黒木食堂@宮崎市(宮崎県) チャーシューラーメン

【2007年3月17日(土)】 黒木食堂@宮崎市(宮崎県)
チャーシューラーメン (宮崎市食べ歩き その1)
黒木食堂10

先日遠征した宮崎県北部の延岡市に続き、今回は宮崎市を一年半ぶりに訪問。宮崎市は陸路で行くにはかなり遠い場所ではあるけれど、宮崎ならではの魅力的なラーメンやタルタルソースが掛かったチキン南蛮の元祖味を求め南下した。

続きを読む

ラーメン加代@大分県佐伯市・蒲江 ラーメン

【2007年3月03日(土)】 ラーメン加代@蒲江(大分県・佐伯市)
ラーメン
ラーメン加代@蒲江11

本日は大分県南東部の佐伯市から更に南へ下り、
昨今の市町村合併で佐伯市となった蒲江(町)へ。

以前コメント書込で旨いと紹介して頂いていた、
ラーメン加代@蒲江(大分県・佐伯市)さんへ向かった。

お店は畑野浦という海の綺麗な地区にあるらしい。

続きを読む

じょっぱり@福岡県・久留米市 しおラーメン

【2006年9月26日(火)】 じょっぱり@福岡県・久留米市
しおラーメン (久留米巡り その4)
じょっぱり11

本日は仕事絡みで久留米市方面へ のつづき。シェ・サガラ@田主丸(定休日)〜らーめんgaku@久留米(ラーメン)久留米荘@久留米(ごぼう天うどん)生栄軒@久留米(ラーメン)〜じょっぱり@久留米(塩ラーメン)と巡った。

生栄軒@久留米でラーメンを食べた後じょっぱり@久留米へ。(訪問は2006年9月26日でした。。)

生栄軒から大通りを渡り、アーケード街へ。その通り沿いの建物二階にあるお店で、階段前にラーメンの幟が立てられていた。
じょっぱり10
じょっぱり15

ドアを開けると先客ナシ。
店内は飲み屋を意識したようなモダンな造りで、照明は薄暗め。

カウンターの一番奥に座り、メニューを眺める。
じょっぱり16

しおラーメンを注文。

続きを読む

生栄軒@福岡県・久留米市 ラーメン

【2006年9月26日(火)】 生栄軒@福岡県・久留米市
ラーメン (久留米巡り その3)
生栄軒11

本日は仕事絡みで久留米市方面へ のつづき。シェ・サガラ@田主丸(定休日)〜らーめんgaku@久留米(ラーメン)久留米荘@久留米(ごぼう天うどん)生栄軒@久留米(ラーメン)〜じょっぱり@久留米(塩ラーメン)と巡った。

久留米荘@久留米で「ごぼう天うどん」を食べた後、飛び込みで生栄軒@久留米へ。

大通りから見えたラーメンの看板を頼りに暗い路地を歩くと、偶然生栄軒が目に留まった。あっ、ココにあったのね! いわゆる久留米の老舗店で、屋台時代からのお店。久留米は通りを一本入り込むと昭和の匂いがプンプンする凄みアル街並みが残る。そこに染み着き、醸し出している只ならぬ雰囲気だ。
生栄軒10

暖簾を潜ると先客ナシ。おばちゃんが独りで切り盛りしていた。
やや傾いたカウンターの端に座り、ラーメンを注文。

続きを読む

神和苑@大分県・別府市(鉄輪温泉) 青い湯+シェ・トミタカ(スイーツ)

【2007年3月10日(土)】 神和苑@大分県・別府市(鉄輪温泉)
青い湯 と スイーツ (別府巡り その2)
神和苑36b
シェ・トミタカ12b

大分県・別府巡り のつづき。

活魚 とよ常本店@別府で食べた後天然の青い湯を楽しめる
神和苑@別府・鉄輪温泉
へ。

鉄輪温泉地区の山際にある広大な庭園を持つ立派な旅館で、何度も訪れたくなる美しい温泉
。それほど客数は多くなく、ゆったり浸かれることも魅力だ。今回は同行者の希望で再訪することに。

続きを読む
Archives
Categories
Recent Comments
Profile えぬ(N)
  • ライブドアブログ