麺が好きィ〜!ブログえぬ(N)

麺を中心に食べ歩き。 福岡、北九州、佐賀、大分、熊本、宮崎、鹿児島、長崎、沖縄、 関東、関西、四国、さぬきうどん、そば等々。 えぬ(N)

2007年12月

八重食堂@名護市(沖縄県) ソーキそば〜ゴリラチョップと名護の海

【2006年9月17日(日)】 八重食堂@名護市(沖縄県) その30(三日目)
ソーキそば(やかん入りスープを自ら注ぐお店)

八重食堂@名護21

【沖縄巡り 三日目の九軒目】
念願だった紀乃川@本部町で思い掛けず楽しい宴に参加させて頂いた後、日が沈む前の名護湾へ。更に今夜はsatoyanさんの御主人ナオさんが仕事で沖縄入りしているので、大ぶりの新鮮刺身やキュウリ一本カッパ巻きを味わえる南風(ぱいかじ)@那覇市で合流予定なのねん^^ 楽しみーー♪

海岸線をすいすい下りながら、てんもりさんに景色の良い場所をセレクトして頂き、一旦車を降りる。すっかり夕方っぽい色に変わっていた景色。心地よい疲れも加わり(食べ疲れですけど)一日が終わっていくことをしみじみ感じた。
名護10

続きを読む

紀乃川@本部町(沖縄県) じゃがいもチャンプルー、グルクン唐揚げ

【2006年9月17日(日)】 紀乃川@本部町(沖縄県) その29(三日目)
瀬底島〜紀乃川@本部町
(じゃがいもチャンプルー、グルクン唐揚げ、ジーマミ豆腐、泡盛)
紀乃川@本部町30

【沖縄巡り 三日目の八軒目】
瀬底島で海に浸かった後、てんもりさんお気に入りの紀乃川@本部町へ。那覇市から本部町へ移転してからも、わざわざ通っているお店で、福岡から押し掛ける関係者の宴でも利用させて頂くことが多い特別な場所。
紀乃川@本部町10

外観写真を撮る間も無く入店すると、お店の方々にわぁ〜〜♪っと大歓迎されるてんもりさん^^ 何だか実家に戻ってきたようなほんわかした温かさ。お店の方々のにこやかな笑顔が更にぱーっと明るくなったのが伝わってきた。

席に着こうとすると、てんもりさんのお知り合いIさん達、Iさん御家族とKさん夫妻が宴を囲んでおり、一緒に如何ですかとお誘い頂いた。ではではと有り難く宴に混ぜてもらうことに!もぉ〜〜美味しくて楽し〜〜〜い宴の始まり〜〜〜♪♪

続きを読む

エメラルドビーチ〜瀬底島@本部町(沖縄県) 海へ・・・。

【2006年9月17日(日)】 エメラルドビーチ〜瀬底島@本部町(沖縄県)
その28(三日目) 海へ・・・。
エメラルドビーチ@本部町50

【沖縄巡り 三日目】
備瀬崎(びせ)の海岸と備瀬フクギ並木を歩いた後エメラルドビーチへ車で移動。昨夜台風が通過したばかりなので、広大な駐車場に車は疎ら。取り敢えずビーチに近付いた。
エメラルドビーチ@本部町10

木々の植え込みを白いビーチに抜けると・・・
エメラルドビーチ@本部町11

続きを読む

備瀬崎〜備瀬フクギ並木@本部町(沖縄県) 海岸・並木歩き

【2006年9月17日(日)】 備瀬崎〜備瀬フクギ並木@本部町(沖縄県)
その27(三日目) 備瀬崎〜備瀬フクギ並木〜エメラルドビーチ〜瀬底島へ
備瀬フクギ並木20

【沖縄巡り 三日目】
きしもと食堂@本部町で老舗のそばを味わった後てんもりさんの運転で本部町の美しい海岸線を眺めつつ北上。次の目的地はエメラルドビーチではなく、てんもりさんオススメの備瀬崎(びせ)の海岸へ。

途中で賑わう沖縄美ら海水族館(ちゅらうみ)やエメラルドビーチを通過。画像は五日目の昼に訪問した際の巨大なジンベエザメやマンタが泳ぐ美ら海水族館。
沖縄美ら海水族館@本部町10
沖縄美ら海水族館@本部町11

続きを読む

きしもと食堂@本部町(沖縄県) そば(小)

【2006年9月17日(日)】 きしもと食堂@本部町(沖縄県) その26(三日目)
そば(小)
きしもと食堂@本部町20
きしもと食堂@本部町23

【沖縄巡り 三日目の七軒目】
山原そば(やんばる)@本部町でソーキそばを味わった後てんもりさんの運転で緑豊かな山道を抜け、海沿いにある本部町・渡久地のきしもと食堂@本店へ向かうことに。

きしもと食堂@本部町は沖縄そばを代表する人気・有名店のひとつ。創業は100年を超えるという屈指の老舗店で、沖縄に渡ればなんとしても一度は味わってみたいお店だった。

沖縄そば本「今旨い沖縄そば店114」の紹介記事を要約すると、『創業100年を超える明治時代から変わらぬ手打ちそばを味わえる超有名店。薪を燃やした灰を水で溶かして、その上澄みを練り込む昔ながらの手打ち麺。麺は手切りで、その麺も薪で茹でる。出汁はトンコツ、カツオ、豚三枚肉のブロックのみ使用。』とのこと。

田舎道の国道84号線(名護本部線)を西に走る。すると右手に新しくできた支店きしもと食堂@八重岳店が見えてきた。桜の名所という八重岳(453.5m)の入口にあるお店。
きしもと食堂@八重岳店10

狙いはきしもと食堂@本店だったのでこの支店に立ち寄ることはなく、てんもりさんがその向かいにある八重岳@本部町というお店で「田芋天ぷら」を購入するため車を停めた。詳しくはコチラで

その後、「田芋天ぷら」を食べながらきしもと食堂@本部町へ。海辺の静かな街で、お店は一本裏に入り込んだ立地。
きしもと食堂@本部町17

店舗は民家のような鄙びた外観で、店前には待ち客が並んでいた。てんもりさんはパスして周辺でお休みし、私のみが行列に加わった。沖縄本の紹介通り、店頭に薪が置かれていた。
きしもと食堂@本部町16

続きを読む

一風堂@大名本店(福岡市・中央区) リニューアル・赤丸かさね味

【2007年12月2日(日)】 一風堂@大名本店(福岡市・中央区)
リニューアルされた「赤丸かさね味」
一風堂@大名本店30
一風堂@大名本店37
一風堂@大名本店38

福岡国際マラソンを美野島周辺で観戦した後、観戦渋滞を回避してから大名へ移動。狙いは一風堂@大名本店


一風堂から届いたメルマガに因ると、主力メニューである「赤丸新味」をリニューアルして段階的に「赤丸かさね味」を提供することになったそうだ。今までも数年毎に大きく改良・変化してきてはいたが、今回の改良は大掛かり。ラーメン系ブログの紹介記事等を観ると賛否が分かれているようだが、さてさてどのように変化したのか楽しみだ。

ラリグラス@大名近くの駐車場に車を停めて、一風堂@大名本店へと歩く。食後に登山用の買い物もしたいしねー^^ 中途半端な時間帯にも拘わらず、待ち客が出ていて暫し待った。丁度店長の難波さんが接客を行っており、少しお話し。以前河原さんと一緒にお話したことはあったが、その温かい接客に感心。いわゆるラーメン店のビジネスモデルのひとつとなる一風堂。人材育成の質の高さはダントツだ。「いらしゃいませーー」って大声を出せばイイってもんじゃないしねー
一風堂@大名本店39

程なく奥の席へ通され、メニューを眺める。
一風堂@大名本店10
一風堂@大名本店20

リニューアル先行発売された「赤丸かさね味」を注文。

続きを読む

大ちゃんラーメン@野間(福岡市・南区) 長浜ラーメン

【2007年12月9日(日)】 大ちゃんラーメン@野間(福岡市・南区)
長浜ラーメン
大ちゃんラーメン@野間20
大ちゃんラーメン@野間21

本日は早朝より福岡市へ。朝はキビシイ冷え込みで、なんと車の外気温表示はマイナス三度。
フロントガラスはすっかり凍り付いていた。因みに今日はへのさんが出場する青島マラソン@宮崎当日!

国道3号線で天神に向かっていると、目前には快晴の青空が広がっていた。金曜の夜から宴が続き、これで福岡市も三日間連続となった(笑
朝10

車を停め、開店前の郷家@天神店前を通り掛かると、「旨さの素は魚系スープのチカラだ。」との新しい看板が設置されていた。新メニューは寺塚本店(10月28日訪問)だけではなかったのねん^^
朝11

開店間近の静かな街並み。
朝12

天神で所用を済ませて大丸へ戻る。地下のいつものお店で服を購入し、地下二階の食品売場へ流れた。やっぱり食品売場は活気がありますなー 棚田米は5kgで3,683円となかなか強気の設定。
朝13

本日の狙いはへのさんが大満足していた大ちゃんラーメン@野間(福岡市・南区)。昔ながらの長浜ラーメンを味わえるらしい。個人的に縁のある地域だっただけに楽しみだ。店舗は大通り沿いにあるものの、建物に挟まれた目立たない外観。駐車場確保を優先させたのだろう。
大ちゃんラーメン@野間10

お店は満席で、暫し席が空くのを待った。その後手前のカウンター席に座り、ラーメンを注文。カウンター席からは大きめの寸胴に湧くスープが見えた。

続きを読む

進藤商店@新宮町(福岡県・糟屋郡) 魚の加工品(鯖燻、銀ダラ等々)

【2007年12月9日(日)】 (有)進藤商店@新宮町(福岡県・糟屋郡)
玄海づくし 鯖燻&銀ダラ
進藤商店21
進藤商店20
進藤商店22
進藤商店23

本日は早朝より福岡市へ。朝はキビシイ冷え込みで、なんと車の外気温表示はマイナス三度。
フロントガラスはすっかり凍り付いていた。因みに今日はへのさんが出場する青島マラソン@宮崎当日!

天神に居るとフミオさんよりTELが入り、つい話し込んだ^^ アレコレ話した後で今日の予定を伺うと、午後から家族で進藤商店@新宮町感謝祭に行くとのこと。折角なのでいつもの宝来軒@福津市(津屋崎)を絡め、私も同行させてもらうことに♪
進藤商店63

進藤商店@新宮町というと、今までてん子さんのブログでよく紹介されてきた美味しい魚の加工品を製造販売する優良店。関係者の間でもよく持ち込まれてきた人気食材だ。因みにてん子さんのブログに詳しく紹介されていますよん。紹介記事はコチラ〜^^(初夏のとれとれ干物祭進藤商店感謝祭

奥まった立地に迷いつつ到着すると、お店周辺に警備員さんが出ている盛況ぶり。今日は特売に加え、部屋を設けて試食(鯖燻、汁物、鮹飯、干物等々)も振る舞われている。貼られたポスターには「日本農林漁業振興会会長賞の受賞記念感謝祭」と書かれてあった。

無事店前でフミオさん一家と合流。お世話になりまーす♪ 一家で御一緒するのは今年の一月初旬にさぬきうどん平山@前原市カレント(旧・アンティカマリーナ)@志摩町に行った時以来かな。
進藤商店53

駐車場からは美しい玄界灘が一望できる。今日は風の無い晴天に恵まれた。
進藤商店32
進藤商店31

店舗外にもテント貼りの販売所とその奥に試食部屋が設けられてあった。
進藤商店52

店舗内には魚の加工品がずらりと並ぶ。試食を味わった後、商品を購入。
進藤商店67
進藤商店60
進藤商店65
進藤商店62
進藤商店61

私はオススメの「鯖燻」と「銀ダラ」を購入した。
進藤商店64
進藤商店66

続きを読む

モツ鍋 博多屋@渡辺通(福岡市・中央区) 祝宴

【2007年12月7日(金)】 モツ鍋 博多屋@渡辺通(福岡市・中央区)
祝宴〜モツ鍋等々
モツ鍋博多屋@渡辺通

本日は仕事終わりに高速を利用して福岡市へ。tafkapさんの呼び掛けで、夕方からモツ鍋 博多屋@渡辺通にてうぇこさんと鬼親父さんを囲んだ祝宴に参加。いつもの多くの顔に加え、個人的に初めてお会いしたお馬さん軍団?のカズさんやカナカナさん、そして福氏さん^^ 集まった麺系の方々やお馬さん軍団の方々とワイワイ。TyuさんやANDさんとも久しぶりだったなぁ〜 こぢんまりとした二次会から呼び出された太助さんも加わった。皆様、お会いできて嬉しかったです。楽しかったですね〜〜^^ お疲れ様でしたー

因みにこの日の流れは下記の通り。
モツ鍋 博多屋@渡辺通〜二次会?さだ之輔@春吉(tafkapさん、太助さん、カナカナさん、石ちゃん、そして私)〜別動組と再び合流して三次会・
カラオケ@西中洲(うぇこさん、フミオさん、ANDさん、よこたん、tafkapさん、そして福氏さんが大活躍〜^^)〜ピアノバー@西中洲〜屋台まさとよ@西中洲〜tafkapさん宅(am5:00着)

am8:30出発(tafkapさん・太助さん・石ちゃん)〜芭蕉庵@八幡東区(ケパサさんと合流して、田舎そば、粗挽きそば、釜揚げそば、鴨南蛮そば、カレー南蛮そば)〜八福@戸畑(チャンポン)〜マルケン@若松(ワンタンメン)〜福岡市へ戻り解散。


太助さんと共に宿泊したtafkapさん宅でam8:00、ゴトゴト、ぶぉ〜〜〜んと鳴る音が。何だろ??っと台所へ起きてみると、台所部屋が一晩中追い焚きされてしまったお風呂の湯気で真っ白け〜〜(驚) 開けられた小窓からうっすら外の明かりが見えた。もぉ〜何事かと大変驚きましたわ。。
湯気10

続きを読む

はるばるてい@経堂(東京都・世田谷区) ワンタンメン

【2007年11月23日(金祝)】 はるばるてい@経堂(東京都・世田谷区)
ワンタンメン その7
はるばるてい@経堂20
はるばるてい@経堂22
はるばるてい@経堂29

週末の三連休を利用して東京へ!の続き。

白河手打中華そば 一番・胤暢番@梅ヶ丘(世田谷区)で食べた後あまさんと経堂へ移動。次の狙いははるばるてい@経堂(世田谷

はるばるてい@経堂はたんたん亭系の根強い人気店で、今尚色んなラーメン本に掲載され続けている実力店。インパクト重視の派手なお店が乱立する中では凄いことだ。

浜田山のたんたん亭系というと、八島@神田時代の「
エビ塩ワンタンメン」を2002年9月6日に、八雲@中目黒時代の「特製ワンタンメン(肉ワンタンメンとエビワンタンメンのせ)」を2002年9月8日に味わっていたので、ずーっとはるばるてい@経堂も食べたいと思っていた。しかし、今や八島は日本橋兜町へ移転し、八雲も池尻大橋へ移転している。時間の流れを感じるなぁ〜〜

小田急線で梅ヶ丘駅から経堂へ二駅移動。日が暮れているせいか、静けさを感じる街並み。少し都心から離れれば街本来の姿を観ることができる。
経堂10

レンタカー店の先にはるばるてい@経堂の店舗が見えてきた。
経堂11

店内は満席。カウンターのみの狭めのお店で、常連の飲み客で大変賑わっている。店前に屈んでいる?人が居るなーっと思っていたら、簡易テーブルを仕立てて頂いての食事中だった^^ この後一時間待つことが判っていれば、同じように私達もさぬき風に屋外で食べもよかったかも〜〜

事前情報でこのお店の営業スタイルを理解した上で訪問しているので、ひたすら待つ。嫌なら他店へ行けばイイだけのこと。後ろに手荷物を持ったおじさんを一名加えてあまさんと小一時間店前で待った後、空いた一席に私のみ先に入店。
はるばるてい@経堂11
はるばるてい@経堂16

店内はお酒と料理を楽しむ常連客の方々で大賑わい。私はウリである「ワンタンメン」を注文。隣に居合わせた常連客さんとの会話を楽しむ印象深い食事となった。


続きを読む

白河手打中華そば 一番・胤暢番@梅ヶ丘(東京都・世田谷区) つけ麺

【2007年11月23日(金祝)】 白河手打中華そば 一番・胤暢番@梅ヶ丘(世田谷区)
つけ麺 その8
一番・胤暢番@梅ヶ丘30
一番・胤暢番@梅ヶ丘35

週末の三連休を利用して東京へ!の続き。

あまさんと一緒に白河手打中華そば 一番・胤暢番@梅ヶ丘(世田谷区)を訪問。私が注文した手打ち中華そばに続き、あまさんが注文した「つけ麺」を食べることに♪
一番・胤暢番@梅ヶ丘33

白河手打中華そば 一番・胤暢番@梅ヶ丘(世田谷区)は福島県・白河市にある白河手打中華そばの大人気・有名店である「とら食堂@白河市」で修行した御主人のお店。経堂周辺は良店が多くて、長年候補に挙がりながらもなかなか訪問できないでいた。しかも町田市へ移転する直前になって!
一番・胤暢番@梅ヶ丘11

梅ヶ丘駅で降りると、お店は出て直ぐソコ。
一番・胤暢番@梅ヶ丘10

続きを読む

白河手打中華そば 一番・胤暢番@梅ヶ丘(東京都・世田谷区) 手打中華そば

【2007年11月23日(金祝)】 白河手打中華そば 一番・胤暢番@梅ヶ丘(世田谷区)
手打中華そば その7
一番・胤暢番@梅ヶ丘20
一番・胤暢番@梅ヶ丘21
一番・胤暢番@梅ヶ丘23

週末の三連休を利用して東京へ!の続き。

白河手打中華そば 一番・胤暢番@梅ヶ丘(世田谷区)は福島県・白河市にある白河手打中華そばの大人気・有名店である「とら食堂@白河市」で修行した御主人のお店。経堂周辺は良店が多くて、長年候補に挙がりながらもなかなか訪問できないでいた。しかも町田市へ移転する直前になってや〜っとあまさんと一緒に訪問できることに!
一番・胤暢番@梅ヶ丘11

個人的に修行先であるとら食堂@白河市(福島県)
2003年3月4日に開催された一風堂の店主招待イベント@福岡市の際にトンデモナク状態の良い「中華そば」を食べてイル。丁度応援に駆けつけていたちばき屋@葛西の御主人・千葉さんと製麺会社・カネジンの社長さんの後ろに一時間並んだおかげで、思い掛けずじっくりお話することができたとても印象深いイベントだった。しかも一風堂の河原さんのリップサービスであろうが、「美味しい部分のスープを入れておくから〜」と言っていた通り、鶏脂が浮いた美しい飴色のスープはグイグイ鶏と豚の旨みが迫り、湧き上がってくる豊かな旨みに圧倒された。特に鶏の旨みが凄かったなぁ。竹と麺棒を使用して打つ多加水麺と紹介された手打ち麺は表面ツルリで、噛み込むと妖艶なむっちりしとした質感アルもの。なんて旨いんだろう〜〜♪ この時の瞬間的な一杯は私の歴代BEST10入りするほど素晴らしい出来だった。いつもと異なる厨房で仕込まれた「中華そば」なので味を再現することすら難しい環境なのに、本来の味を超えてしまったかような凄みのある一杯だった。
とら食堂

余談ではあるが、まさにこの時のとら食堂の味に感銘を受け、麺やおの@親富孝通り(舞鶴)の小野オーナーは白河まで出向き、開店前にとら食堂の竹井さんに相談にのってもらっている(懐かしい)。

因みにとら食堂@白河市で修行したお弟子さんのお店としては手打ち中華そば 侍@山口市がある(三度訪問)。福岡市にはとら食堂に関連したお店であろう手打中華そばとら@塩原(南区)が。2001年10月5日に横浜市の白河手打ち中華そば@仲町台(神奈川県)でもわざわざ食べたなぁー


表参道ヒルズ内に出店しているMIST(ミスト)@表参道で塩柳麺正油(醤油)柳麺を食べた後、渋谷へ地下鉄で移動して渋谷センター街を歩いた。買い物と言うよりいわゆる繁華街の観光って感じ。その際あまさんとメールのやり取りをして新宿の改札で待ち合わせし、先ずは小田急線で梅ヶ丘(世田谷区)にある一番・胤暢番@梅ヶ丘(世田谷区)へ行くことに決定。経堂周辺は長年に渡り行きたかった宿題店が沢山あるのだ。

一旦品川駅に荷物を取りに戻り、五反田へ移動。手配していたホテルにてチェックイン手続きを済ませて新宿へ向かうことに。山手線に揺られ、午後七時過ぎに新宿駅の小田急線改札であまさんと合流した。

梅ヶ丘駅で降りると、お店は出て直ぐソコ。ヨカッタ〜まだ開いているぞ〜〜♪
一番・胤暢番@梅ヶ丘10
一番・胤暢番@梅ヶ丘16

入店すると、丁度暖簾の裏側が麺打ち台となっており、二代目の御主人が麺打ちする姿を観ることができた。その姿をよく観るため意図的にカウンターの左端に陣取る。すると幾らもしない内に暖簾が下げられた(驚) 私達が最後の客となってしまい、ギリギリ滑り込んだ形だ。助かった〜〜
一番・胤暢番@梅ヶ丘15
一番・胤暢番@梅ヶ丘12

あまさんは「つけ麺」を注文し、私は基本の「手打ち中華そば」を注文した。

続きを読む

芭蕉庵@八幡東区(北九州市) 鴨南蛮そば

【2007年12月1日(土)】 芭蕉庵@八幡東区(北九州市)
鴨南蛮そば その3
芭蕉庵@八幡東区71

今年も緑色の風味豊かな「秋新そば」を求め、いつものケパサさんsatoyanさんてん子さんと一緒に芭蕉庵@八幡東区へ^^ の続き。

本当に待ちに待った秋新そばの季節。大好きな芭蕉庵@八幡東区が使用する福井県・丸岡産の「秋新そば」は毎年11月末から。配膳を受け取りやすい厨房近くのテーブル席に四人で座り、先ずは「せいろ」二人前と「粗挽きそば」を味わった。その後「田舎そば」を二人前追加し、続いて「釜揚げそば」も二人前追加


個人的に芭蕉庵では各メニューが優良店の看板メニュー並みの満足度と感じており、一店で数店分楽しめる。御主人の熱意をビシビシ感じるまくる手作り感溢れる一杯を味わえる場所。特に九州で食べられるレギュラーメニューのラーメン・うどん・蕎麦という「汁物麺」の中では個人的にこの芭蕉庵の「鴨南蛮そば」が最も好きな一杯だ。

最後の大トリで、いつもの「鴨南蛮そば」を注文!めっちゃ楽しみー

続きを読む

芭蕉庵@八幡東区(北九州市) 田舎そば、釜揚げそば

【2007年12月1日(土)】 芭蕉庵@八幡東区(北九州市)
田舎そば、釜揚げそば その2
芭蕉庵@八幡東区61

今年も緑色の風味豊かな「秋新そば」を求め、いつものケパサさんsatoyanさんてん子さんと一緒に芭蕉庵@八幡東区へ^^ の続き。

本当に待ちに待った秋新そばの季節。大好きな芭蕉庵@八幡東区が使用する福井県・丸岡産の「秋新そば」は毎年11月末から。配膳を受け取りやすい厨房近くのテーブル席に四人で座り、先ずは「せいろ」二人前と「粗挽きそば」を味わった

その後「田舎そば」を二人前追加し、続いて「釜揚げそば」も二人前追加した。

続きを読む

芭蕉庵@八幡東区(北九州市) 粗挽きそば、せいろ

【2007年12月1日(土)】 芭蕉庵@八幡東区(北九州市)
せいろ、粗挽そば その1
芭蕉庵@八幡東区30

今年も緑色の風味豊かな「秋新そば」を求め、いつものケパサさんsatoyanさんてん子さんと一緒に芭蕉庵@八幡東区へ^^

本当に待ちに待った秋新そばの季節。大好きな芭蕉庵@八幡東区が使用する福井県・丸岡産の「秋新そば」は毎年11月末から。今回はケパサさん私のブログ上のコメント欄でやり取りして、12月第一週の週末に芭蕉庵へ御一緒することに。今回で三年目となる「秋新蕎麦の会」の恒例行事だ。本日は北九州を中心に、関門海峡を渡り下関市(山口県)を絡めて巡る。晴れ渡ったあたたかい好天にも恵まれ、とっても素敵な一日となった。

【関門橋〜めかりPA展望台
からの眺め】
関門橋

続きを読む
Archives
Categories
Recent Comments
Profile えぬ(N)

nsan

  • ライブドアブログ