麺が好きィ〜!ブログえぬ(N)

麺を中心に食べ歩き。 福岡、北九州、佐賀、大分、熊本、宮崎、鹿児島、長崎、沖縄、 関東、関西、四国、さぬきうどん、そば等々。 えぬ(N)

2008年07月

市場食堂・城南店@城南町(鹿児島市) 鹿児島魚市場構内

【2008年7月12日(土)】 市場食堂・城南店@城南町(鹿児島市) 魚市場構内
刺身定食 1300円 鹿児島市中央卸売市場
市場食堂@鹿児島市31

目移りする市場をじっくり見て回った後、新鮮な刺身定食を求めて鹿児島魚市場構内にある市場食堂@城南町(鹿児島市)へ。

魚市場内で働く関係者が利用する市場構内の地味な食堂なので、新鮮な魚がウリ。紺色の暖簾が掛かり、店頭に観光客らしき姿も確認できた。
市場食堂@鹿児島市10
市場食堂@鹿児島市12

先客は8名くらい。カウンター席に座り、名物の「刺身盛合せ定食 1300円」を注文。

続きを読む

鹿児島魚市場@城南町(鹿児島市)へ

【2008年7月12日(土)】 鹿児島魚市場@城南町(鹿児島市)
鹿児島市中央卸売市場
魚市場@鹿児島10

2008年7月15日(火) 原油高騰を受け、全国の漁船が一斉休業に踏み切った。出漁しても赤字という窮状を訴え、消費者や関係者(市場や流通)に状況を告知し、国に対策を求める。今回原油高が価格に転嫁できない複雑な流通構造の問題も焙り出されたとは思う。

そんなスト突入直前、朝イチで新鮮な刺身定食を求めて鹿児島魚市場構内にある市場食堂@城南町(鹿児島市)へ^^ 深夜熊本市で虎えもんさん・ばばっちさん・みぃさん達と捜索した駐車場で別れた後、この機会を利用して鹿児島へ下ることにした。

画像は錦江湾に浮かぶ桜島。
桜島13

この半年で三度目の訪問となる鹿児島。今年のGWは二度に渡りルートを変えて東南部の大隅半島や鹿児島西北部、そして鹿児島市を中心に巡っていたのねん。今回は松橋ICから高速に乗り、ETC深夜割引を利用して人吉市へ。その後、一旦人吉ICで乗り換え、再びETC通勤割を活かしてえびのPAで朝までひと休み。

続きを読む

麺劇場 玄啓@熊本市 潮薫醤油麺、玄啓流拉麺、ヒルトン、爽柚(そうゆう)

【2008年7月11日(金)】 麺劇場 玄啓(げんけい)@下通(熊本市)
潮薫醤油拉麺、爽柚(そうゆう)、豚骨玄啓流拉麺、ヒルトン
玄啓@熊本市50

神戸に転勤している虎えもんさんが熊本に帰省。そんな虎えもんさんを囲んだ一次会(宴)、二次会(秀ちゃんラーメン@辛島町)と流れ、サンロード新市街(アーケード街)へぶらり。
玄啓@熊本市10

三次会に向けアーケード街を歩いているところでばばっちさんと合流。候補店が挙げられ、虎えもんさんが未食ということでワシントン通り沿いにある麺劇場 玄啓@下通(熊本市)に決定。私はこれで二度目の訪問となる。

続きを読む

秀ちゃんラーメン@辛島町(熊本市) ラーメン

【2008年7月11日(金)】 秀ちゃんラーメン@辛島町(熊本市)
ラーメン (虎えもんさん帰省〜熊本麺オフ・二次会)
秀ちゃんラーメン@熊本市20

神戸に転勤している虎えもんさんが熊本に帰省。そんな虎えもんさんを囲んだ一次会はうまいもの家 萬○@練兵町(熊本市)でワイワイ楽しんだ

その後、二次会は近場のちゃんラーメン@辛島町(熊本市)へ。人吉に帰らなければいけないともちゃんが帰り際に
オススメしてくれたラーメン店だ^^  夜の街をぞろぞろ歩いて移動。
秀ちゃんラーメン@熊本市10

続きを読む

無題

【2008年7月14日(月)】 訃報
著書

続きを読む

虎えもんさんを囲んだ熊本宴@熊本市(うまいもの家 萬○@練兵町)

【2008年7月11日(金)】 虎えもんさん帰省・熊本麺オフ
うまいもの家 萬○@練兵町(熊本市)〜秀ちゃん@熊本市〜麺劇場
玄啓@熊本市
うまいものや萬○@熊本市

このところ訪問頻度がやけに高くなっている熊本。意欲的なお知り合いも増えちゃって(爆)、なんだか活気アル熊本の食べ手の皆さん。今回は神戸に転勤している虎えもんさんが熊本に帰省。ともちゃん@人吉市の呼びかけ(mixi上)で虎えもんさんを囲んだ熊本麺オフ宴が行われることになり、私も熊本に駆けつけた。

温かぁ〜いオモシロキャラの虎えもんさんにお会いするのは約一年ぶり。個人的に大好きなんですよねー いつも「実物、実物」と言って抱きつかせて頂いてます^^

続きを読む

安全食堂@徳永(福岡市・西区) ラーメン

【2008年4月06日(日)】 安全食堂@徳永(福岡市・西区)
ラーメン
安全食堂@西区20
安全食堂@西区21

福岡市の中でも長い行列が発生するほど賑わう繁盛店・安全食堂@徳永(福岡市・西区)。個人的に特別な思い入れのあるお店で、中心的に動く大らかなおばちゃんの明るい接客が大好きだ。色んなお店で食べてきたが、その接客は私の知る限りとっても素晴らしい。今日はピンク色のペコちゃんエプロン姿だった^^

初めて訪れたのはネットが普及し始めた平成10年頃で、ラーメンサイト・九州らーめん紀行の掲示板でその存在を知ったと思う。当時はまだラーメン本に掲載されておらず、ネットが無ければもっと訪問が遅れていたことだろう。tafkapさんは高校生の頃から食べているって言ってたけど(笑

今年はFBS福岡放送のローカル特番で「九州ラーメン総選挙トップ50 2008」が放送されたが、長年行列が発生して賑わうふくちゃん@早良区や安全食堂@西区は50位内にすらランクインしていなかったけどねー

ケパサさんふくちゃん@田隈(福岡市・早良区)でワンタンメンを味わった後、西へ向かい安全食堂@徳永(福岡市・西区)へ。お店前の広い駐車場はほぼ満車状態。店前及び店内にも待ち客
の姿が確認できた。

安全食堂@西区31
安全食堂@西区30

続きを読む

六厘舎@大崎(東京都・品川区) 中華そば

【2007年11月25日(日)】 六厘舎@大崎(東京都・品川区) 
中華そば
六厘舎@大崎30
六厘舎@大崎62

週末の三連休を利用して東京へ。(東京遠征三日目銀座から有楽町駅へ晴海通りをぶらりと歩いた後、大行列が発生する日本屈指の人気店・六厘舎@大崎(東京都・品川区)へ の続き。

「つけめん」が人気の六厘舎@大崎(品川区)は説明不要なくらい有名になってしまった繁盛店で、観光客まで加わり大賑わい。海苔の上に魚粉がこんもり盛られた濃厚獣・魚介出汁のつけ汁で個性的な極太麺を啜る「つけめん」を味わえる。

そんな中、「つけめん」だけでなく「中華そば」もなかなか旨いらしい。今回は二人で訪問した利点を活かし、同行者に「中華そば」を注文してもらって私も味わうことに。
六厘舎@大崎15

続きを読む

六厘舎@大崎(東京都・品川区) つけめん+味玉

【2007年11月25日(日)】 六厘舎@大崎(東京都・品川区) 
つけめん+味玉
六厘舎@大崎21
六厘舎@大崎25
六厘舎@大崎60

週末の三連休を利用して東京へ の続き。(東京遠征三日目

銀座から有楽町駅へ晴海通りをぶらりと歩いた後、大行列が発生する日本屈指の人気店・六厘舎@大崎(東京都・品川区)へ。2006年に東京を巡った際に立ち寄らなかったことを後悔。

六厘舎@大崎(品川区)は説明不要なくらい有名になってしまった繁盛店で、観光客まで加わり大賑わい。海苔の上に魚粉がこんもり盛られた濃厚獣・魚介出汁のつけ汁で個性的な極太麺を啜る「つけめん」を味わえる。

JR大崎駅裏から地図を片手に静寂な住宅街をてくてく歩く。ラーメンの食べ歩きをすると、観光ではまず行かないであろう街並みも同時に楽しめる。
大崎10

開店一時間前に六厘舎@大崎(品川区)に到着すると、既に待ち客が十数名。残念ながら総入れ替え制のワンロット目には間に合わなかったが、二巡目とまずまずの位置取り^^

続きを読む

がんこもん@遠賀町(福岡県・遠賀郡) ラーメン

【2008年7月06日(日)】 がんこもん@遠賀町(福岡県・遠賀郡)
ラーメン
がんこもん@遠賀町21

オープンしたばかりの新店・久留米ラーメン 一喜(かずき)@岡垣町(福岡県・遠賀郡)で味わった後
せっかくなのでオープンさせたがんこもん@遠賀町(福岡県)へ立ち寄ることに。

がんこもん@遠賀町は、
ワイルドな濃厚ラーメンを味わえる個人的に好きなお店のひとつ。

只今「24時間営業」と掲げて営業時間を大胆に延長中。
御主人が当時クモさんと親しい間柄ということも加わり、
訪問する度に御主人からラーメンについてイロイロ教えて頂いていた。
北九州は気さくな温かいお店が多い印象だ。

続きを読む

【新店】久留米ラーメン 一喜(かずき)@岡垣町(福岡県・遠賀郡) ラーメン

【2008年7月06日(日)】 【新店】久留米ラーメン 一喜@岡垣町(福岡県・遠賀郡)
ラーメン
一喜@岡垣町20
一喜@岡垣町21

味のまるい@福津市(福岡県)で滋味なラーメンを味わった後がんこもん@遠賀町が先日オープンさせたという久留米ラーメン 一喜(かずき)@岡垣町(福岡県・遠賀郡)へ。

さっそくケパサさんの掲示板で紹介されていた一喜@岡垣町。しかし、Google検索では正確な住所がどうにも見つからなかったので、結局『久留米ラーメン 一喜(かずき)、岡垣町野間に7月1日オープン、24時間営業、岡垣町役場、TUTAYAやローソンがランドマークになります』というクモさんによる書き込み情報で探すことに。

国道3号線から岡垣町の市街地方面へ左折し、岡垣町役場を目指す。長閑な街並みをぐるりと一周したところで、久留米ラーメン 一喜(かずき)@岡垣町に到着。
一喜@岡垣町10

「24時間営業」「久留米ラーメン」と掲げられた看板や派手な暖簾。がんこもん同様暖簾は大きめだ^^ 駐車場は店脇と道のトイ面に設けられていた。

店内は御近所さん達と思われる先客が8名くらい。厨房を見ると作り手は二名で、残念ながらがんこもんの御主人は居なかった。まっ、この後がんこもん@遠賀町に立ち寄った際にお会いして、イロイロお話しましたけどねー(嬉
一喜@岡垣町12
一喜@岡垣町11

カウンター席に座り、ラーメンを注文。

続きを読む

味のまるい@福津市(福岡県) ラーメン

【2008年7月06日(日)】 味のまるい@福津市(福岡県)
ラーメン
味のまるい@福津市20
味のまるい@福津市21

梅雨明けの非常に蒸し暑い一日となってしまった個人的に特別な日。早朝から高速を利用して福岡市へ向かう。

朝10

杷木周辺はまだ梅雨のような空模様。
朝11

名島橋に差し掛かったところで自由に走る自転車の姿を見掛けた。今日はやけに羨ましく思えたなぁ〜
朝12

早朝から夕方まで汗だくでみっちり。もぉ〜〜へろへろになってしまい、心底癒されたい気分。ならばと滋味系の味を求め、久しぶりに味のまるい@福津市(福岡県)へ向かうことに^^

続きを読む

輪喰(わくう)@北野町(福岡県・久留米市) 味噌らーめん&塩らーめん

【2008年6月29日(日)】 輪喰(わくう)@北野町(福岡県・久留米市)
味噌らーめん&塩らーめん
輪喰@久留米市30
輪喰@久留米市31

久留米ラーメン丸八@朝倉店(福岡県・筑前町)でラーメンを味わった後、せっかくだからと輪喰(わくう)@北野町(久留米市)へ。

天然素材にこだわりまくり、自家製麺の創作ラーメンを提供する輪喰(わくう)@北野町(久留米市)。ラーメンと云うより料理という突き抜けた印象で、作り手の並々ならぬ意欲を感じる良店だ。店舗は筑後川の堤防沿いの道路から少し入ったところにあるログハウス。周囲は自然豊かで開放感がある。

真っ暗な筑後川の堤防を進み、右手に見えた暗闇にぽわんと光る照明に向けて堤防を下った。今回で五度目(八杯目)の訪問となるも、こん遅い時間帯では初めて。こりゃ昼間以上に夜間は狙い撃ちでの訪問しかありえないよなぁ〜〜
輪喰@久留米市11

先客は一組。厨房に近いカウンター席に座り、メニューを眺る。

味噌らーめん塩らーめんを注文。配膳を待つ間に店内に展示された醤油や塩、そして製麺機を観た。
輪喰@久留米市50

続きを読む

久留米ラーメン 丸八@朝倉店(福岡県・筑前町) ラーメン

【2008年6月29日(日)】 久留米ラーメン 丸八@朝倉店(福岡県・筑前町)
ラーメン
丸八@朝倉店20
丸八@朝倉店21

オープンしたばかりの西谷家@前原店で食べた後久留米ラーメン丸八@朝倉店(福岡県・筑前町)狙いで筑前町へ大きく移動開始。拾六町ICから都市高速に乗り、太宰府ICから高速を乗り継いで筑後小郡ICへ。

久留米ラーメン 丸八は以前は板付〜皿山にあり、ブクブクと泡を纏った濃厚な豚骨ラーメンを提供していた人気店だった。現在、皿山のお店は諸事情で閉店されている。筑前町のお店は皿山@福岡市・南区時代の後半に修行されたお弟子さんが朝倉店として開いたお店。丸八関連のお店の中では最も皿山時代のラーメンに近い味を楽しめる。

朝倉店の御主人によると、師匠である丸八@皿山(福岡市・南区)のおやっさんからちょくちょく電話が入ってイルとのこと。お元気そうでなにより〜 個人的にお会いしたいし、丸八@皿山のラーメンが大好きなので、年一回のイベントでもイイから是非なんらかの形でおやっさんのラーメンを食べたいなぁ〜

丸八のおやっさんに最後にお会いしたのは皿山のお店を閉めて移転すると知り、慌てて訪問した日。丁度石神さん絡みの漫画本「ラーメン発見伝〜日本海ラーメン紀行」に丸八@皿山が掲載されたということで、一冊頂いた時だった。

閉店後はネット上にあまり精度の良くない移転情報がちらほら。今だから言えるけど、当時西部郊外の大規模商業施設近くに移転する予定とのことで、具体的な良い場所も確保してあった。しかし、その後御家族の諸事情で移転・開店することなく、家業である割烹ぶぐ料理のお宿 油山山荘@城南区
のふぐ職人に戻り、今尚バリバリ働いているそうだ。
丸八@朝倉店10

御主人にニッコリ御挨拶。カウンター席に座り、ラーメンを注文。

ラーメンを待つ間にセルフの辛子高菜を小皿に取る。ココの辛子高菜は頗る辛く、後半丸八のラーメンを更に旨くする。
丸八@朝倉店30

続きを読む

五島軒@荒戸(福岡市・中央区) あごだしラーメン&カレー担々麺

【2008年6月29日(日)】 あごだし麺 五島軒@荒戸(福岡市・中央区)
あごだしラーメン、カレー担々麺
五島軒@荒戸11

福岡市・西区の郊外にある西谷家(さいたにや)@野方が前原市に支店をオープンしたとのことで、博多新風の御主人・高田さんとお祝い訪問することになった。昼営業の繁忙時間を過ぎてから出発。

先ずは新店のあごだし麺 五島軒@荒戸(福岡市・中央区)へ。立地は那の津通り沿いで、九州女子校の直ぐ近くのビル二階。表からループ状の階段を上って入店するアプローチ。店仕舞い間際の訪問となってしまうも、なんとか滑り込めて安堵。食べ終わる頃には「準備中」となったのでアブナイ、アブナイ^^
五島軒@荒戸10

五島軒@荒戸(中央区)は店名に「あごだし麺」や「五島」を掲げるだけあって名物の焼きあごだし(飛び魚の出汁)を使用して五島うどんを活かした創作和風ラーメンや五島うどんを提供し、オリジナルの担々麺等も味わえる。

続きを読む
Archives
Categories
Recent Comments
Profile えぬ(N)

nsan

  • ライブドアブログ