麺が好きィ〜!ブログえぬ(N)

麺を中心に食べ歩き。 福岡、北九州、佐賀、大分、熊本、宮崎、鹿児島、長崎、沖縄、 関東、関西、四国、さぬきうどん、そば等々。 えぬ(N)

2009年02月

琉球すば ぐしけん@本部町(沖縄県) ぐしけんそば

【2006年9月19日(火)】 琉球すば ぐしけん@本部町(沖縄県) 
ぐしけんそば  その48(五日目)
ぐしけん23

【沖縄巡り 五日目・最終日】
沖縄美ら海水族館@本部町を満喫した後、本部町や名護市の「
沖縄そば」巡りに出発。先ずは琉球すば ぐしけん@本部町(沖縄県)で遅い昼食とすることに。

本部町には創業100年を超える有名人気の老舗・きしもと食堂の本店と新しい支店があるが、ぐしけんも「手打ち琉球すば」を掲げて奮闘しているようだ。


続きを読む

沖縄美ら海水族館(ちゅらうみ)@海洋博公園(沖縄県・本部町)

【2006年9月19日(火)】 沖縄美ら海水族館@本部町(沖縄県) 
美しい巨大な水族館  その47(五日目)
沖縄美ら海水族館66b

【沖縄巡り 五日目・最終日】
エメラルドビーチの白い砂浜と青い海を満喫した後、本日のメインイベントとなる
沖縄美ら海(ちゅらうみ)
水族館@本部町へ。

沖縄に渡ったら絶対行きたいと思っていた世界最大級のアクリルパネル水槽を備えた人気施設で、周辺施設を含めその規模はさすがに凄い。多くの海の生き物が集められ、特に巨大な水槽を回遊するジンベエザメやマンタ(オニイトマキエイ)の群れを間近でみることができたのは圧巻だった。

続きを読む

エメラルドビーチ@本部町(沖縄県)へ

【2006年9月19日(火)】 エメラルドビーチ@本部町(沖縄県) 
ビーチ  その46(五日目)
エメラルドビーチ@本部52

【沖縄巡り 五日目・最終日】
快晴の青空の下、沖縄ならではの白い砂浜の青い海で泳ぎたい。こんな沖縄に渡れば誰もが抱くであろう希望が台風直撃によって延期され続け、ようやく五日目の最終日になって実現。一昨日てんもりさんと訪れるも、遊泳禁止になっていた本部半島の北部にあるエメラルドビーチ@本部町をセレクトし、思いっきり泳ぐことに。

沖縄第一ホテル@安里(那覇市)の名物薬膳朝食を
ゆったり味わった後、空港に向かうAさんとお別れ。那覇ICより高速に飛び乗ってエメラルドビーチ狙いで本部町へ向かった。

続きを読む

沖縄第一ホテル@安里(沖縄県・那覇市)の名物・琉球薬膳朝食

【2006年9月19日(火)】 沖縄第一ホテル@安里(那覇市)の薬膳朝食 
名物・琉球薬膳朝食 その45(五日目)
沖縄第一ホテル10

【沖縄巡り 五日目・最終日】
てんもりさん宅から国際通り沿いの宿泊ホテルに戻ったのは深夜三時半過ぎ。
倒れ込むように眠り、朝目覚めると晴れやかな青空が広がっていて、
台風が過ぎ去り、沖縄に渡って五日目で待ちに待った快晴にようやく恵まれた。

最終日なのでホテルをチャックアウトして、先ずは沖縄ならではの食べ物を満喫しようと、
予約している沖縄第一ホテル@安里(那覇市)名物薬膳朝食を味わうことに。

satoyanさんてん子さんのブログ記事を読んで楽しみにしていた薬膳料理の朝食で、
宿泊者以外でも事前に予約を入れておけば食べられる。
調べると評判は様々で、絶賛の声もあれば、沖縄価格としては高めに設定してあり、
その接客や料理内容にも意見が別れるようだ。
テーブル一杯に並べられた器の数々は圧巻でしたね。

続きを読む

琉球料理乃 山本彩香@久米(沖縄県・那覇市)

【2006年9月18日(月)】 琉球料理乃 山本彩香@久米(沖縄県・那覇市) 
宮廷料理 その44(四日目)
11

【沖縄巡り 四日目】
沖縄に渡ると決めた際、てんもりさんより是非訪問してはと奨められた
完全予約制の琉球料理乃 山本彩香@久米(那覇市)

料理家の山本彩香さんによる洗練された歴史アル琉球の本格宮廷料理を味わえるそうで、
今回の沖縄巡りの中でも特に楽しみにしていた特別な時間。

てぃーあんだ(手の油)、おもてなしの心がビシビシ伝わってくる手料理の数々。
沖縄ならではの風土感溢れる食材と手間を惜しまず作られた伝統的な料理。
上品なオーラを纏いながらも気さくな山本彩香さんを交えた会話もエラク楽しい。
琉球料理の伝統的な味や食文化を後世に受け継いでいこうとする高い意識に触れ、
圧倒的な「本物」を体感。
沖縄に渡って本当に良かった〜〜っと心底思えたとっても素敵な時間を過ごせた。

続きを読む

波の上ビーチ@那覇市(沖縄県)

【2006年9月18日(月)】 波の上ビーチ@那覇市(沖縄県) 
夕暮れのビーチ  その43(四日目)
波の上ビーチ@那覇市23

【沖縄巡り 四日目】
思い掛けず空いた時間を活用して那覇市にある波の上ビーチへ。

中城城跡(なかぐすくじょうせき)をじっくり観た後、北中城村から那覇市へ高速で戻る。本日の夕食は今回の沖縄巡りの中でも特に楽しみにしていた完全予約制のアノお店^^


続きを読む

中城城跡@北中城村(沖縄県・中頭郡) グスク巡り

【2006年9月18日(月)】 中城城跡@北中城村(沖縄県) 
グスク巡り  その42(四日目)
中城城跡91

【沖縄巡り 四日目】
琉球の歴史的建築物と紹介されていた中村家住宅@北中城村(沖縄県)を見学した後、グスク巡りで中城湾を見渡せる丘陵地に造られた中城城跡(なかぐすくじょうせき)を訪問。いつ造られ始めたかは不明だそうだが、15世紀の琉球王国、護佐丸のグスクだったらしい。

点在するグスクには諸説ある模様。手元資料によると、御嶽(うたき)は豊穣や繁栄を祈る琉球信仰の聖地のことで、グスクはその御嶽を敵から守る石垣から城へと変化していったというのがひとつの説らしい。いわゆる戦国時代の武士の城とは成り立ちや存在意義が大きく異なるようだ。

続きを読む

中村家住宅@北中城村(沖縄県・中頭郡)

【2006年9月18日(月)】 中村家住宅@北中城村(沖縄県) 
歴史的建造物  その41(四日目)
中村家住宅20

【沖
縄巡り 四日目】
グスク巡りで中城城跡(なかぐすくじょうせき)を訪れる前に琉球の歴史的建築物と紹介されていた中村家住宅@北中城村(沖縄県)に立ち寄る。公式サイトはコチラ

紹介によると、18世紀中期に建てられた士族屋敷と農家の屋敷の形式が合わさった沖縄の住宅形式の特色をすべて備えているとのこと。立地は近くに中城城跡の他、高速・沖縄自動車道を挟んで普天間の米軍基地や普天間飛行場がある。

続きを読む

めん屋 大仙@御船町(熊本県) 油そば+チーズ(浅草開化楼の太麺)

【2009年02月01日(日)】 めん屋 大仙(だいせん)@御船町(熊本県)
油そば+チーズ
大仙@熊本22

熊本県の御船町にアノ浅草開化楼の太麺使用を前面に掲げた新店・めん屋 大仙ラーメン@御船町(熊本県)が2008年の暮れにオープン。九州にも次第に首都圏の大波が押し寄せ始めた印象。本日は前回(2008年12月21日)食べ損ねてい
た二大看板のひとつ、「油そば」狙いで再訪した。あのジャンクガレッジ@東大宮(さいたま市)を意識したようなジャンキーな一杯を味わえるそうだ。昨年の東京巡りの際ジャンクガレッジ狙いで大宮まで行きながらもタイムアップしてしまい、無念の撤退を余儀なくされていたので楽しみだ。

博多新風@高宮(南区)で「濃厚豚骨さかな風味」と「つけ麺」を味わい、年明け初訪問となるいつもの麺家 もち月@博多駅南(博多区)で期間限定の新メニュー「魚介豚骨らーめん」を食べた後、一路熊本へ移動開始。

続きを読む

麺家 もち月@博多駅南(福岡市・博多区) 豚骨魚介らーめん(期間限定)

【2009年02月01日(日)】 麺家 もち月@博多駅南(福岡市・博多区)
魚介豚骨らーめん(期間限定)
もち月@博多区15
@魚介豚骨らーめん(期間限定)

博多新風@高宮(南区)で「濃厚豚骨さかな風味」と「つけ麺」を味わった後、年明け初訪問となるいつもの麺家 もち月@博多駅南(博多区)へ。

きっちり作られた質感アル濃厚な豚骨ラーメンを提供しているお気に入り店。新年の挨拶がてら立ち寄ると、期間限定の新メニュー「魚介豚骨らーめん」が提供されるようになっていた。

続きを読む

博多新風@高宮(福岡市・南区) 濃厚豚骨さかな風味

【2009年02月01日(日)】 博多新風@高宮(福岡市・南区)
濃厚豚骨さかな風味(期間限定)
博多新風@高宮15

博多新風@高宮(福岡市・南区)が期間限定・20食で「濃厚豚骨さかな風味」の提供を開始。自家製麺の「つけ麺」は通年提供し続けられており、質の高い創作つけ麺も味わえる。本日はその両方を楽しむことに^^

続きを読む

うどん平@博多駅前(福岡市・博多区) えびごぼううどん・大盛

【2009年01月31日(土)】 うどん平@博多駅前(福岡市・博多区)
えびごぼううどん・大盛り
うどん平@博多区20
@いなり&かしわ

本日は福岡市博物館で開催されている「奥州藤原氏 みちのくの浄土 平泉展」狙いで福岡市へ。展示を観る前にいつものうどん平@博多駅前(福岡市・博多区)で「えびぼううどん」を味わうことに。他にも日曜定休の新店や既存店が幾つもあるけれど、優先的に食べたくなってしまうリピート店のひとつ。今日のうどんはむんにりしたやわらか仕上げで、大満足の一杯となった。

続きを読む
Archives
Categories
Profile えぬ(N)

nsan

  • ライブドアブログ