麺が好きィ〜!ブログえぬ(N)

麺を中心に食べ歩き。 福岡、北九州、佐賀、大分、熊本、宮崎、鹿児島、長崎、沖縄、 関東、関西、四国、さぬきうどん、そば等々。 えぬ(N)

2010年11月

本日の富士山

平成22年11月20日(土) iPhone更新
富士山10

のぞみの車窓から眺めた、本日の富士山
雪化粧し、青空とのコントラストもなかなか綺麗で安堵。

続きを読む

出雲大社(島根県)神在祭、縁結大祭

2010年11月20日(土) iPhone更新
出雲20

本日は、出雲大社(島根県)神在祭縁結大祭
早朝から長蛇の列とのこと。

続きを読む

広島通過&朝食

2010年11月20日(土) iPhone更新
朝食

夜明け前から福岡空港経由で博多駅へ。
のぞみにて東京へ移動。

続きを読む

なわて@武蔵小山(東京都・目黒区) らーめん(塩)

【2009年11月22日(日)】 なわて@武蔵小山(東京都・目黒区)
らーめん(塩)

なわて@武蔵小山10

東京行脚三泊四日・三日目。
らあめん元(はじめ)@蓮根(東京都・板橋区)で味わった後、
一旦宿泊ホテルへデジカメのバッテリーを取りに戻ってから、武蔵小山へ移動。
次の狙いは、せたが屋系列の出身者による新店(訪問当時)、
なわて@武蔵小山(東京都・目黒区)を訪問。

手元のラーメン本等には、創業当初の『ひるがお』の味をベースとしているそうで、
店名には店主の名字をそのまま使用しているようだ。

今回の東京行脚ではせたが屋系列の出身者によるお店、
進化@町田
、なわて@武蔵小山、びぎ屋@学芸大学という良店が続いた。

続きを読む

らあめん元(はじめ)@蓮根(東京都・板橋区)

【2009年11月22日(日)】 らあめん元(はじめ)@蓮根(東京都・板橋区)
特塩らあめん
元@蓮根10

東京行脚三泊四日・三日目。
朝はゆったり宿泊ホテルで過ごし、開店時間に合わせて
らあめん元(はじめ)@蓮根(東京都・板橋区)へ。

作り込まれた美しい黄金スープの『塩らあめん』を主体的に提供する、
評判の良い新店(訪問当時)。

しかし、乗り換えに降りた埼京線の板橋駅にて主力デジカメのバッテリーを
ホテルに忘れていたことに気づき、呆然。
仕方なく元(はじめ)だけは予備カメラで撮ることに。
コチラの都合でテンションが下がつつ、都営三田線の新板橋駅までトボトボ歩いて、
最寄りの蓮根駅へ移動した。

続きを読む

黒味噌らーめん 初代けいすけ@品達店(品川駅高輪口側)

【2009年11月21日(土)】 初代けいすけ@品達店(品川駅高輪口側)
黒味噌らーめん

けいすけ10

東京行脚三泊四日・二日目。
新橋で
あまさんコイタさんと別れた後、単独でラーメン集合施設・品達(品川駅高輪口側)へ。

つけめんTETSU@品達店に続いて、初代けいすけ@品達店を訪問。
けいすけは、初代黒味噌、
二代目海老そば四代目渡り蟹&伊勢海老つけめん
肉そばけいすけ等が知られるが、個人的には
四代目が特に好き。
初代けいすけは、竹炭を混ぜ込んだ個性的な『黒味噌らーめん』を提供する。

ちなみに
2010年2月22日(月)2月28日(日)
には福岡市で開催された博多新風の招待イベントにて、
御主人自ら提供してくださっていた。
けいすけ51

続きを読む

つけめんTETSU@品達店(品川駅高輪口側)

【2009年11月21日(土)】 つけめんTETSU@品達店(品川駅高輪口側)
つけめん

tetsu10

東京行脚三泊四日・二日目。
新橋で
あまさんコイタさんと別れた後、単独でラーメン集合施設・品達(品川駅高輪口側)へ。

先ずは、賑わうつけめんTETSU@品達店(品川駅高輪口側)から訪問。
華のある適濃な魚介豚骨つけ汁と食べ応えある活きた太麺で、
つけめんブームを牽引したお店のひとつ。
2010年2月23日(火)2月28日(日)
には福岡市で開催された博多新風の招待イベントにて、
御主人自ら提供してくださっていた。
TETSU40

続きを読む

東京宴(六本木〜新橋の夜) あまさん&コイタさん

【2009年11月21日(土)】 東京宴(六本木〜新橋の夜)
あまさん&コイタさん

新橋2-72b

東京行脚三泊四日・二日目。
めんや 参○伍(さんまるご)@六本木(東京都・港区)を味わった後、
一年振りに三人揃った東京の
あまさんと筑波のコイタさんと一緒に新橋にて小宴。
これでTokyo宴は三年連続。
(2009年新橋、
2008年新橋2007年錦糸町


お二人とも九州勤務時代に麺関係で知り合った方々だが、
それぞれ九州を離れてからも絡み続け、転勤後からの方がより親しくなった。

先ずは六本木を散策し、その後対照的な新橋へ移動。
最後は遅くまで営業しているラーメン集合施設、品達で〆ラーメンを調整。

続きを読む

めん屋 大仙@御船町(熊本県) ラーメン(野菜+ニンニク少々)

【2010年11月14日(日)】 めん屋 大仙@御船町(熊本県)
ラーメン(野菜+ニンニク少々)

大仙@御船町10

熊本の奥まった郊外で、二郎を意識したラーメンや油そばを提供している、
めん屋 大仙@御船町(熊本県)

二郎の特徴であるジャンクさは抑えて、とても丁寧に作られている印象で、
個人的に大好きなお店のひとつ。

入店すると、厨房からお店の方々が温かく迎えてくださり、御挨拶。
更に偶然来店していた熊本のみのむしさんから声を掛けられて談笑。
お店の方から、週刊誌プレイボーイの『ラーメン二郎』に関する記事においてめん屋大仙が掲載され、
ラーメン王・小林さん(こばさん)より「地方ではイチ推し」と紹介されていたことを伺った。

『油そば+チーズ』を食べることが多かったが、
本日は『ラーメン』をセレクトし、野菜+ニンニク少々で注文。

続きを読む

めんや 参○伍(さんまるご)@六本木(東京都・港区) つけめん

【2009年11月21日(土)】 めんや 参○伍@六本木(東京都・港区)
つけめん+煮玉子

参まる五86

コイタさんと巡る、東京行脚三泊四日・二日目。
パティスリー エーグルドゥース@下落合(新宿区)から六本木に移動し、
めんや 参○伍(さんまるご)@六本木(東京都・港区)へ。
店頭で
あまさんと待ち合わせた。

ドロンとした高濃度スープを提供しているという、せたが屋出身者による新店(当時)とのことでセレクト。
手持ちの石神本2010では、ブリックス20%超濃度と紹介されていた。
店舗は六本木駅出口から徒歩2分弱と、六本木ヒルズや東京ミッドタウンがよく見えるくらいの
贅沢な好立地。

らーめん
』に続き、より一層個性的だった『つけめん』を紹介。

続きを読む

めんや 参○伍(さんまるご)@六本木(東京都・港区) らーめん

【2009年11月21日(土)】 めんや 参○伍@六本木(東京都・港区)
らーめん参○伍+煮玉子

参まる五84

コイタさんと巡る、東京行脚三泊四日・二日目。
パティスリー エーグルドゥース@下落合(新宿区)から移動し、
めんや 参○伍(さんまるご)@六本木(東京都・港区)へ。
店頭で
あまさん
と待ち合わせた。

ドロンとした高濃度スープを提供しているという、せたが屋出身者による新店(当時)とのことでセレクト。
手持ちの石神本2010では、ブリックス20%超濃度と紹介されていた。
店舗は六本木駅出口から徒歩2分弱と、六本木ヒルズや東京ミッドタウンがよく見えるくらいの
贅沢な好立地。

続きを読む

パティスリー エーグルドゥース(aigre ducce)@下落合(東京都・新宿区)

【2009年11月21日(土)】 エーグル ドゥース@下落合(東京都・新宿区)
ケーキ各種 東京巡り三泊四日・二日目
aigre douce@下落合10

コイタさんと巡る、東京行脚二日目の続き。
勢得@桜丘(東京都・世田谷区)
から下落合(JR目白駅)へ移動。

今回予定している『東京スイーツ』は四店。
先ずは東京ならではの美味しいスイーツを求めて、
評判の良いパティスリー エーグルドゥース@下落合(東京都・新宿区)を夕方訪問。

麺だけでなく、素敵な甘味も楽しみたいのねー

続きを読む

支那そば 月や@博多駅南(福岡市・博多区) そば+カツ丼

【2010年11月07日(日)】 支那そば 月や@博多駅南(福岡市・博多区)
支那そば、かつ丼(しょうゆ味)

月や10

呼び戻し本格豚骨ラーメンを提供していた麺家 もち月@博多駅南(福岡市・博多区)が業態を変更し、
『支那そば(醤油中華そば)』を中心に提供する支那そば 月やへ屋号を改めて営業中。

安価提供の支那そばもさることながら『月や式カツ丼』も魅力的で、本日も再訪。
更に支那そばは三種の海老を使い直前に包む、手づくり『海老ワンタンそば』にて。

続きを読む

佐賀バルーンフェスタ2010 その4

【2010年11月06日(土)】 佐賀バルーンフェスタ2010 その4
早朝の一斉離陸からバルーンファンタジア係留へ

佐賀バルーンフェスタ2-65b

好天に恵まれた佐賀バルーンフェスタ2010早朝一斉離陸
会場は、佐賀市の嘉瀬川河川敷。

競技気球の離陸も終盤戦に差し掛かり、
バルーンファンタジア係留に向け、人気の可愛い気球バルえもんフォックス
そしてミニパンダが膨らまされ、観客を喜ばせた。

続きを読む

佐賀バルーンフェスタ2010 その3

【2010年11月06日(土)】 佐賀バルーンフェスタ2010 その3
早朝の一斉離陸

佐賀バルーンフェスタ2-28b

好天に恵まれた佐賀バルーンフェスタ2010早朝一斉離陸
会場は、佐賀市の嘉瀬川河川敷。

新聞報道によると、開催5日間での来客者総数はなんと約92万1000人が来場とのこと。
佐賀市の人口が大規模な平成の市町村大合併をした後でも約23万6400人なのだから、
その集客規模は凄まじい。
ちなみに比較対象で、隣りの久留米市(福岡県)の人口は約30万3300人、
佐賀県全体でも約84万9800人。
最終日だけでも約24万5000人が詰め掛けたそうで、佐賀市民総数を上回っていたようだ。

秋の抜けるような青空の下、カラフルな巨大バルーンが秋空を彩り、とても綺麗。
早朝より壮観な競技飛行が続く。

続きを読む
Archives
Categories
Profile えぬ(N)

nsan

  • ライブドアブログ