麺が好きィ〜!ブログえぬ(N)

麺を中心に食べ歩き。 福岡、北九州、佐賀、大分、熊本、宮崎、鹿児島、長崎、沖縄、 関東、関西、四国、さぬきうどん、そば等々。 えぬ(N)

2014年06月

御食事処 浜市@栄町(鳥取市)

【2013年07月14日(日)】 御食事処 浜市@栄町(鳥取市)
本日のおすすめ刺身・焼き物定食+単品岩ガキ+豚生姜焼き定食
10b

三連休を活用して二泊四日で山陰地方への二日目。

鳥取県の県庁所在地である鳥取市は、陸路移動では九州から結構遠く、
人口が約19万3千人というやや小ぶりな地方都市。
身近な人口で比較すると福岡市が151万4千人で久留米市が30万6千人、そして佐賀市が23万5千人。

夕方、鳥取市内の予約ホテルにチェックインしてひと休みした後、
JR鳥取駅北口前の商店街をぶらりと歩き、幾分遅めの夕食は良心的な海鮮料理も楽しめると云う、
御食事処 浜市@栄町(鳥取市)さんを訪問した。

続きを読む

鳥取市内入り

【2013年07月14日(日)】 鳥取市内入り
湯梨浜町から鳥取市内へ
20b

三連休を活用して二泊四日で山陰地方への二日目。

はわい温泉(湯梨浜町)から海沿いの国道9号線を東へ進み、今夜宿泊する鳥取市内へ。

鳥取は一世帯あたりのカレー消費量日本一と云われ、
喫茶ベニ屋の「チキンカツカレー」や「インドミルク」も楽しみ。

向かう道中の観光名所としては、因幡の白兎伝説で知られる白兎神社@鳥取市や
広大な鳥取砂丘等が挙がった。

続きを読む

シフク@榎田(福岡市・博多区) つけめんこってり大盛り

【2014年05月06日(土)】 シフク@榎田(福岡市・博多区)
こってりつけめん大盛り
31b

福岡空港近くの幾分奥まった榎田で営業している
シフク@榎田(福岡市・博多区)さんを再訪。

輝く黄金スープの透明感を残した塩ラーメンや鶏白湯のラーメン、
そしてつけめん等をそれぞれ自家製麺にて提供中。

本日は「つけめんこってりの大盛り」を味わった。

続きを読む

咲きまさ(サキマサ)@春吉(福岡市・中央区)

【2014年05月11日(日)】 咲きまさ@春吉(福岡市・中央区)
つけめん中盛り
30b

九州では屈指の濃度ある豚骨魚介系の「つけめん」を提供していた、
咲きまさ(サキマサ)@春吉(福岡市・中央区)さん。

関東の有名人気店、
中華蕎麦とみ田@松戸市(千葉県)をリスペクトした
御主人が作る一杯。

最終営業日は2014年5月12日(月)の昼営業までとなり、
個人的には最後となる春吉で提供する「つけめん中盛り」を味わった。

続きを読む

らーめん四郎@大橋(福岡市・南区) 九州男味しろう

【2014年05月25日(日)】 らーめん四郎@大橋(福岡市・南区)
九州男味しろうらーめん
21b

楽しかったワインピクニック2014@愛宕浜+ババ家延長戦の翌日、
昼食は今やラーメン店が犇めく激戦区となった大橋にある
らーめん四郎@大橋(福岡市・南区)さんを再訪。

前回はFBS九州ラーメン総選挙2007第一位当時より濃度を増していた印象だった
ノーマルのラーメンを選択していたが、
本日は看板メニューの「九州男味しろうらーめん」を味わった。

続きを読む

はなもこし@薬院(福岡市・中央区) 特製とろつけそば大盛

【2014年06月25日(水)】 はなもこし@薬院(福岡市・中央区)
特製とろつけそば大盛り
30b

今夜は福岡を中心としたラーメン店主さん達に食べ手も加わった交流宴に
恐縮ながら参加予定。

宴開始までの時間を利用して、鶏に特化した手づくり感あるラーメンやつけそばを
自家製麺で提供しているはなもこし@薬院(福岡市・中央区)さんを再訪。

本日は「特製鶏とろつけそば大盛り」を味わった。

続きを読む

山香温泉 風の郷@山香町(大分県・杵築市)

【2013年02月24日(日)】 山香温泉 風の郷@山香町(大分県・杵築市)
個性湯の露天桶風呂
21

大分の温泉本、続・大分の極上名湯にて「大分随一のレア個性湯」とべた褒めされていた、
山香温泉 風の郷@山香町(大分県・杵築市)を訪問。

趣云々とは無縁な大型施設ではあるが、
とにかく源泉かけ流しの桶風呂の個性的な湯が物凄い。
施設内には温泉成分がびっしり付着した配管や成長した固形物の塊が
説明書付きで誇らしげに展示されていた。

続きを読む

トットリの「ハワイ」へ

【2013年07月14日(日)】 はわい温泉(鳥取県・湯梨浜町)
トットリのハワイだでぇ〜
24b

三連休を活用して二泊四日で山陰地方への二日目。

「トットリのハワイだでぇ〜」の可愛いトリンドル玲奈さんが出演したSoftBank CMで
一躍全国区となったはわい温泉(鳥取県・湯梨浜町)を訪問。

はわい(羽合)温泉は東郷湖沿いの西部に位置する温泉地。
ポスターには、トリンドル玲奈さんが鳥取県湯梨浜(ゆりはま)町の特別町民と記載されていた。

本日は立ち寄り湯が可能だった千年島の一軒宿、
千年亭@はわい温泉(湯梨浜町)の湖上露天風呂や展望大浴場にゆったり浸かった。

続きを読む

お食事処 香味徳@赤碕(鳥取県・東伯郡琴浦町) 牛骨ラーメン

【2013年07月14日(日)】 お食事処 香味徳@赤碕(鳥取県・東伯郡琴浦町)
牛骨ラーメン
61b

三連休を活用して二泊四日で山陰地方への二日目。

鳥取県中部の琴浦や倉吉で長年ひっそり親しまれてきた鳥取牛骨ラーメン。
これまでイベント出店した鳥取牛骨ラーメン店主会による数杯を食べていただけで、
現地鳥取では初めて。

先に昭和33年創業と云う老舗、すみれ@浦安(鳥取県・東伯郡琴浦町)で味わい、
満を持して松月系の老舗と云われるお食事処 香味徳@赤碕(鳥取県・東伯郡琴浦町)を訪問。

以前熊本のラーメンイベントで配布された鳥取牛骨ラーメン応援団による紹介パンフによると、
『中部牛骨の祖といわれた「松月」から教えをうけ、ラーメンを出したのは昭和27年頃。
 以来、倉吉、由良と暖簾を分けた「香味徳」の原点がこのお店云々』
とのこと。

続きを読む

カイバル@銀座(東京都・中央区) カイバルタリー+デザート2種

【2013年10月14日(月祝)】 カイバル@銀座(東京都・中央区)
カイバルタリー+ラッシー+デザート2種
11b

東京四日目の午後は、初日に訪れた南インド料理専門店のダバインディア@八重洲
北インド料理専門店のグルガオン@銀座の姉妹店である、
カレー・ビリヤニ・タンドール料理の専門店、インド料理 カイバル@銀座(東京都・中央区)を訪問。

タンドール料理は今は無きインド料理ガンジー@久留米で親しんでいたので楽しみ。

本日はホリディランチで「カイバルの味が凝縮された豪華な定食」と謳われた、
日替わり3種のカレー、骨無タンドリーチキン2種、シークカバブ、海老、ナンとバスマティライス
という「カイバルタリー」にプレーンラッシーを加え、更にデザートを2種お願いした。

続きを読む

らーめん五ノ神製作所@大久保(東京都・新宿区) 海老リッチ

【2013年10月14日(月祝)】 らーめん五ノ神製作所@大久保(東京都・新宿区)
海老リッチらーめん+煮玉子
21b

東京四日目は、午前中から上野にある東京藝術大学大学美術館での展示を鑑賞。

その後、上野から新宿経由で大久保へ移動して、青梅市のいつ樹が手掛ける
濃厚な海老つけ麺の五ノ神製作所@千駄ヶ谷(渋谷区)に続くラーメン専門店として
当時は新店だったらーめん五ノ神製作所@大久保(東京都・新宿区)を訪問し、
海老リッチらーめんと海老トマトらーめんを堪能。

先ずは、濃厚なオマール海老等の強烈な風味と旨みが溢れる
突き抜けた「海老リッチらーめん+煮玉子」から。

続きを読む

想夫恋 飯塚店@幸袋(福岡県・飯塚市) 新経営陣による

【2014年06月08日(日)】 想夫恋 飯塚店@幸袋(福岡県・飯塚市)
大盛り焼そば
21b

名物御主人や馴染みのスタッフさん達が年度末の2014年3月31日を以て全員引退され、
4月から新たな経営陣が営業を始めていた
想夫恋 飯塚店@幸袋(福岡県・飯塚市)さんを初訪問。

以前は多店舗展開されている想夫恋の中で異彩を放つ
御当人焼そば」という印象の特別な存在だった飯塚店。

新たな方々による「大盛り焼そば」を味わった。

続きを読む

釜喜利うどん@大名(福岡市・中央区) 冷やし丸天+B丼小

【2014年06月15(日)】 釜喜利うどん@大名(福岡市・中央区)
雲仙ハム玉子とじ丼(B丼)小+冷やし丸天うどん
21b

福岡市の大名にて質感あるうどんや丼物を提供している、
釜喜利うどん@大名(福岡市・中央区)
二◯加屋 長介@薬院の姉妹店とのことで、出身の田中田関連へ繋がる。

何時でもグラスビール一杯無料で提供し、
福岡市に増えてきたいわゆる呑めるうどん屋スタイル。

四度目は、雲仙ハム玉子とじ丼(B丼)小+冷やし丸天うどんのセットを味わった。

続きを読む

閉店告知札(べんてん)

【2013年10月12日(土)】 べんてん@高田馬場(東京都・豊島区)
つけめん+味玉
10b

昨日、くまさんから「べんてん@高田馬場(東京都・豊島区)が
6月28日までで閉店だってよ(号泣 」
とのメールあり。

慌ててネットやtwitterを確認してみると、
店頭に「六月二十八日をもって閉店致します云々」と書かれた閉店告知札画像が。

経緯や完全に閉店してしまうのか等詳細は分からないけれど、
神田川沿いに佇む高田馬場のあの独特な空間は無くなってしまうのかも。
とにかく今後の動きを見守ります。

個人的には運良く昨年の10月中旬、11年ぶりに再訪。
味の寿命が短く、流行廃りの激しい東京において自分のスタイルを守り、
今尚常連客を掴み続けている貴重なタイムカプセル的存在だった。

続きを読む

麺や 兼虎@赤坂(福岡市・中央区)

【2014年06月15(日)】 麺や 兼虎@赤坂(福岡市・中央区)
濃厚つけ麺(中盛り)
21b

福岡市の赤坂にて濃厚な魚介系つけ麺を提供している、
麺や 兼虎@赤坂(福岡市・中央区)

御主人は東京の「井の庄」出身の方で、麺は三河屋製麺。
本日はスタッフさんに食券を手渡す際に極太麺を指定し忘れ、通常の中麺となった。

続きを読む
Archives
Categories
Recent Comments
Profile えぬ(N)
  • ライブドアブログ