【2005年10月2日(日)】
唄う!手打ちうどん 稲穂(いなほ) ぬくかけうどん+ちくわ天

続いて唄う!手打ちうどん稲穂@早良区へ。
さぬきの記憶が鮮明なうちに食べておきたかった福岡市にある本格手打ちうどん店である。

稲穂14

立地はさぬきの名店の如く怪しい。

大通りの早良街道から斜めに切れ込んだ住宅地へ続く小道に入ったトコ。
通りからはお店外観は見えないし、うどんの幟が一本立っているだけ。

稲穂13

しかも店名の「稲穂」の前に「唄う!」と掲げている怪しさ。
なんだこりゃ?というオーラーは十分出ているお店である。

店内はシックな感じに造り込まれ、照明暗め。
お店の方の動きも良い。
メニューには詳しく素材・製法の蘊蓄が書かれてあり期待が膨らむ。
ここまで本格手打ちで今風のお店は福岡市では珍しいのだ。

「ぬくかけうどん・大盛り」「ちくわ天」を注文。
宮武で言うところの「ひやあつ」で、麺が冷たく、おつゆが熱いうどん。

ビシっと引き締まったとても美しい麺。所謂角が立った硬そうな麺である。
噛み込むと激硬!弾力を通り越したぎっちり硬いうどん。
ぎちぃ・ぎちぃっとした食感だ。硬麺好きにはたまらない出来かな。

おつゆはしっかりダシの効いた嬉しい出来。

手打ちの麺に拘り、全ての材料にも拘りまくったうどん。
兎に角ビシビシ店主の熱意が伝わってくるお店である。
お冷やの水も山水で、やれることは殆どやっているという感想だ。


あまりにも頑張っているお店なので一言。
個人的な好みからすると極端に硬すぎるし、弾力と伸びがないのは惜しい。
おそらく店主の好みなのだろう。
アノさぬきでもこれ程硬い麺はあまり経験が無い。
さぬきのうどんを知らなければもっとこのお店のことが好きになっていたことだろう。
次は熱々のうどんを食べてみよう♪

稲穂11


稲穂10


稲穂12


唄う!手打ちうどん稲穂 福岡市早良区 ぬくかけうどん+ちくわ天