【2006年7月16日(日)】 satoyanさん&てん子さんと くじゅう初登山 その6
(久住わかれから北千里浜、そして坊ガツルへ)
くじゅう43

池ノ小屋で食事をした後、御池の脇を通りつつ「久住わかれ」へと下山。そのまま坊ガツルへ下る予定だ。

またまた御池はガスで真っ白け〜
くじゅう75a

道中、綺麗に実った「コケモモ」が目に留まった。
くじゅう76a

暫く下ると、ガスに包まれた「久住わかれ」が見えてくる。
くじゅう77a

「久住わかれ」に戻り、再び三俣山を眺めた。
くじゅう12

さぁ〜 いよいよ硫黄山の噴煙が見える「北千里浜」へと岩場下り開始!
くじゅう78a

「久住わかれ」から「北千里浜」へと岩場を下る。足場が悪く、コレがなかなかキツイ。

天候も回復してしまい、日が差し込む。気温も幾分上がり、夏山らしくなってきた。途中で一旦休憩。凍らせていたウィダーインゼリーを流し込んだ。

くじゅう43

「北千里浜」から眺めた硫黄山の噴煙。
下界からは観ることができない荒々しい風景を楽しむ♪
くじゅう44

振り返ると、硫黄山の噴煙が先程歩いてきた北千里浜の道に立ち込めていた。
これって大丈夫なのか??
くじゅう45
くじゅう80a
くじゅう81a
くじゅう79a

坊ガツルに近づいたところで、個性的な岩が見えてくる。
関係者の間で「ゴリラ岩」と呼んでいるとのコト。
くじゅう20a


眼下に美しい「坊ガツル」が見えた。
近そうだが「法華院温泉山荘」まではまだまだ距離がある。
くじゅう22a

足場が悪く、この下りもなかなか手強い。
つづく。