【2006年8月5日(土)】 くじゅう初ソロ登山 の1(総合)
(牧ノ戸〜西千里浜〜星生山〜御池〜天狗ガ城〜中岳〜久住わかれ〜牧ノ戸) 

くじゅう62l
【中岳山頂(1791m)から眺めた美しい坊ガツル】

本日は早朝より『くじゅう初ソロ登山』へ。 コースは下記のとおり。

牧ノ戸〜沓掛山(1503m)〜西千里浜〜星生山(1762m)〜久住わかれ〜御池(昼食)〜天狗ガ城(1780m)〜中岳(1791m
)〜御池〜久住わかれ〜西千里浜〜牧ノ戸。下山後の温泉は今回も赤川温泉・赤川荘@久住町へ。

先週satoyanさんてん子さんと一緒に登った星生山(1762m)を別ルートにて挑戦。天狗ガ城(1780m)にも初めて登り、晴れの中岳にも再び登った^^ だって青空の下で九州本土最高峰からの美しいパノラマを観たかったんだもの♪ 前回の白いガスに包まれた中岳登頂画像はコチラ

初めてのソロ登山なのでどうなることやらと不安だったが、なんとかモチベーションを保ちつつ無事下山することができた。二度に渡り素人の私に付き合ってくれたsatoyanさんとてん子さんに感謝。今後も自分なりに登山を楽しんでいきたい。
くじゅう10

午前八時半、牧ノ戸登山口にはそこそこ登山者の車が停まっているものの、人影は疎ら。一組同時スタートになるも、最初の展望台で離れる。その後は沓掛山(1503m)を過ぎ、西千里浜付近まで人影を観ずに歩くことになる。あまりにも登山者を観ないのもちと不安になるものだ。画像は展望台を過ぎた辺りから眺めた朝の三俣山と遠くに由布岳。今日はとても気持ちの良い快晴♪
くじゅう11

いよいよ前回とは別ルートにて星生山(1762m)へ登山開始。先ずは真上の岩場に向かってほぼ直線に伸びるキビシイ勾配の登山道を一気に登るルート。今回も足自体はキツくないけれど、心拍数がトクトクトクトクと上がってしまい無理し過ぎると身体全体が疲れてしまう感じ。改めて負荷が掛かった状態での持久力の無さを痛感させられる。休み休み登り、尾根に辿り着く。地道に鍛えるしかなさそうだ。
くじゅう16

尾根に辿り着く寸前、目の前の青空に一本の飛行機雲が発生。鮮やかな青空に白い雲が美しく伸びる。
くじゅう17

星生山の尾根から眺めた裏側に広がる風景。
くじゅう17h

星生山(1762m)の山頂にて。
くじゅう22

山頂から緑が鮮やかな三俣山と硫黄山から豪快に立ち上る噴煙がよーく見える。
くじゅう23

暫し休んだ後、稜線歩き開始。ちと危ない岩場をソロで進んでいると「何故こんなところに居るんだろ??」という疑問がつい浮かんでしまう。前回は懸命に着いていったので、今回は前見えなかったものが怖い部分を含め必然的に目に入る。前方の久住山方面は突如発生した白いガスで包まれていた。天候は目まぐるしく変わり、正に一期一会の風景だ。

くじゅう24
くじゅう25
くじゅう26

下に西千里浜から続く登山道と
先日立ち寄った薄紫色のコバギボウシが群生していた湿地帯が見える。
くじゅう30
くじゅう32

前方に白いガスが晴れつつある久住山。
星生山最後の岩場に向かって歩く。
くじゅう33

振り返り、歩いてきた星生山の尾根を観る。
くじゅう36

「久住わかれ」へと下る。下に山小屋&トイレが見える。
くじゅう37

「久住わかれ」から眺めた三俣山。
くじゅう50

「天狗ガ城」と「中岳」に登る前に、
「久住わかれ」から御池(みいけ)へとだらだら登る。
くじゅう40

御池(みいけ)に到着。水面に青空と白い雲が写し出され美しい。
ここで一旦休み、昼食とした。
くじゅう53

今回も手抜きで、
ファミリーマートの「佐世保バーガー」とオニギリを御池にて食べる。
くじゅう51

さてさて、天狗ガ城(1780m)へ登り開始。
くじゅう41

天狗ガ城山頂付近から観た中岳。
くじゅう42

天狗ガ城(1780m)に初登頂。
ふぅ〜っと休憩し、暫し景色を眺める。
くじゅう45

山頂から見下ろした御池(みいけ)。
くじゅう44

いよいよ九州本土最高峰の中岳(1791m)を再度登ることに!
青空の下での美しいパノラマを観るのが楽しみー♪
くじゅう60

つづく。