【2006年8月3日(木)】 博多新風@福岡市南区・高宮 
つけ麺
博多新風11

名島亭@東区でラーメンを食べた後、J子さんに予約してもらっていた今夏行く沖縄旅行のチケット料金支払いのため天神へ。今日もやけに暑いなぁ。。手続きはものの三分で終わりチケットを受け取る。その後TNC@パヴェリアホールにて行われる映画・UDONの試写会へと移動。会場前で並んでいるとへのさんが到着したので順番を放棄して一緒に並ぶ。この後J子さんと合流し、博多新風@高宮の新メニュー「つけ麺」の評判が良いので御一緒しませんか?とお誘いすると、なんと今日の昼に食べたばかりなんだそうな。流石は麺巨人さんだわ!しかも食べてる時に顔バレしてしまったそうだし。。他にイロイロ候補を挙げるも現時点で新風より魅力あるお店は見つからなかった。映画・UDONについてはコチラにて詳しく。会場入りした後、マニさんも到着し三人並んで鑑賞。

鑑賞後、事前に待ち合わせしていたJ子さんとTNC前で合流。
先ずは博多新風@高宮に向かう。

この時点で午後9時半過ぎ。高宮に向け移動しながら博多新風の後に「UDON
」喰いも兼ねて「つきよし@須崎」に行きたいと懇願。道中satoyanさん宅前を偶然通りかかり、この時間からお誘いするのは悪いよねーと通り過ぎる。まさか遅くまで残業してるなんて思っていなかったから惜しかったなぁー

博多新風では八月より新メニューとして「つけ麺」を限定で提供することになったらしい。個人的に特に信頼している食べ手である
GT3先生がブログ中にて珍しくベタ褒めしていたので、ワタクシも是非早く味わいたい♪と日曜開いている店にも拘わらず訪問することに。私にとって今日は貴重な「平日の福岡市」なのです。

『つけ麺』というと初めて食べたのは九州ではなく東京で。当時九州に『つけ麺』の文化は無かった。福岡市で本格的なつけ麺が提供されるようになったのは2002年初旬、五行@西通り時代からだと思う。福岡でも地元店がスポットで従来の細麺にて提供をしていたことはあったが、ちと無理がある出来だった。
初めて食べたのは早稲田近くのべんてん@高田馬場。麺のボリュームと店主の怖さも加わり、ドキドキして食べたことが印象深い。食べきれなくて残せないしねー^^ よって「べんてん@高田馬場」、「麺屋ごとう@西池袋」、「大勝軒@東池袋」、「麺舗十六@池袋」、「青葉@中野」、「やすべえ@高田馬場」、「滝野川大勝軒@滝野川」、「ちゃぶ屋」、「五行@西通り」の味がベースになって今に至っている。
博多新風15

で、博多新風@高宮に到着。先客三名で、カウンターの端に座る。私は当然「つけ麺」を注文。J子さんは普通のラーメンを食べたいとマー油入りの「新風麺」を注文。御主人よりつけ麺は時間が掛かりますが宜しいでしょうか?と告げられる。当然待ちます・待ちますですわ。

先ずはJ子さんが注文した「新風麺」が提供された。
博多新風10


暫くして、「つけ麺」が提供される。
ビジュアル、味共にGT3先生のブログを読み込んでいた為、既にバーチャル体験済み(笑)

自信の自家製麺は斑模様になったもの。表面つるりで、噛み込むと むに・むにゅした食感で香りも良い。唇にもしっとりした麺の表面が触れる。つけ汁に浸し、ズルズルと食べ進む。つけ汁も独自性のある出来で、塩分控えめの珍しい味。トンコツスープと魚介スープを合わせたものらしく、絶妙なバランスで喰わせるもの。トンコツと魚介出汁の出来がよく、強烈な醤油の旨みや塩分、酸味ナシで十分美味しく食べられる。個性アルつけ麺を食べられて嬉しい。ついついつけ汁をグビグビ飲んでしまい残りは僅か。御主人の御好意により魚介スープでスープ割りして二度楽しい♪たぶん近々再訪するだろうなー

その後、「つけ汁」の味について話し掛けられイロイロ話す。結局HNを名乗り、一龍@春日でのやりとりの件も含めワイワイとお喋り。とても楽しい時間を過ごす♪ 全く世間は狭いものです^^
博多新風11
博多新風17
博多新風13
博多新風16
博多新風 福岡市南区高宮1-4-13 つけ麺 650円