【2006年8月10日(木)】 味の珍さん@大分県・日田市
焼きそば・大盛り (日田やきそば街道スタンプラリー終了後)
珍さん10
『日田やきそば街道 スタンプラリー』 企画が期間4
月1日(土)〜6月30日(金)で開催された。
配布パンフに寄ると、『元祖・想夫恋をはじめ日田市内19店舗が参加して、焼きそばスタンプラリー&クーポン特典を期間限定にて開催。全国の焼きそばファンよ、日田に集まれ!!』とのこと。問い合わせ先は「日田観光協会」と書かれており、食後、台紙に押されたスタンプは「じゃらん」だった。
焼きそば10

お店(三久ラーメン@日田市)に置かれた「じゃらん5月号」を探すと、
下記のようにしっかり掲載。焼きそば11
スタンプラリー参加店は19店。その内私の既食は17店。未食は夜から開店する宝龍軒と大山町にある想夫恋@大山店くらい。

企画は終了しているが、味の珍さん@日田市の「焼きそば」を食べに訪問。お店は日田市内の商店街の脇で、あのFC展開している老舗店・想夫恋@旧本店の真隣という大変な立地。今となってはちと寂しい昭和を感じる街並みの中にある。ってまんま「昭和通り商店街」という名前なのね。
珍さん13

先客ナシ。カウンターに座り、「焼きそば・大盛り」を注文。

かなり出来が良くて驚いた♪ 今まで日田市内で食べてきた「焼きそば」の中では最もシンプルな味で、やけに美味しく感じた。個人的には想夫恋@新本店と三隈飯店、そして園萬軒の「焼きそば」は再食したいと思っていたが、この出来は正直驚きだ。以前(2003年6月30日)ラーメンを食べた時の印象が邪魔してしまい、すっかり「焼きそば」を食べるのが遅れてしまった。価格設定はやや強気の大盛り750円。想夫恋@旧本店の真横で商売を続けられている訳が分かった気がした。

麺は日田市ならではのバリバリ硬焼きそば。しっかりバリバリ感が残っている。ソースは辛口で他店のように妙に甘くはなく、ソースがベトつかない絶妙な仕上がり。野菜(もやし)から出る水分の溜まりもない。野菜はキャベツを入れないでモヤシとネギだけのシンプルなもの。店内にラーメンの獣臭がぶわ〜んと漂い、ラーメンも食べたくなった。近々再食してみよう。
珍さん10
珍さん11
珍さん12


2003年6月30日に食べた「ラーメン」。
珍さん2003_06_30
味の珍さん 大分県日田市三本松1-1-19 大盛り・焼きそば750円

訪問履歴
2006_08_10 焼きそば
2003_06_30 ラーメン