【2006年7月29日(土)】 再び satoyanさん&てん子さんと くじゅう登山へ
(牧ノ戸〜星生山〜久住山)
の4
くじゅう81

星生山(初)〜久住山登山のつづき。 その1、 その2、 その3

いよいよ星生山(1762m)山頂より岩場尾根歩き開始。私は初の星生山。これからどれくらいの距離と高低差があるのかも分からず、satoyanさんてん子さんを懸命に追っかけていく。御存知かもしれませんがワタクシ高所恐怖症なのです。が、そんな事を言ってられる状況ではない。意欲が恐怖を超えた感じ。なんとかなっちゃうものですねー

トリッキーな岩場が続き、大岩を乗り越えて尾根を進む。前方はふわ〜っとガスに包まれていく。岩場は両手を使って下る箇所もありオモシロイ。
くじゅう77

尾根の左側には三俣山と硫黄山。静寂な山中でシューっとガスが吹き出す音だけが聞こえてくる。モクモクと噴煙が立ち上り、つーんと硫黄臭が漂う。今まで下界から見上げていた硫黄山の噴煙を間近で観られて嬉しーい♪
くじゅう78

天候の変化は激しく、真っ白なガスが立ち込めたり晴れたりの繰り返し。
正面に久住山。
くじゅう80

鮮やかなコケモモの実。
くじゅう82

星生山の山頂を振り返るとすっかりガスに包まれていた。
一期一会の風景ですね。
くじゅう83

なだらかな尾根歩き。雄大ですなー(嬉しい)
日射しが回復し、山肌の鮮やかさが増す。
くじゅう84
くじゅう85
くじゅう86

最後の岩場に到着。
くじゅう87
くじゅう88

ここまで来ると北千里浜がよく見える。奥に平治岳も。
くじゅう89

鮮やかな緑に包まれた西千里浜。
くじゅう90

久住山の全貌がドーンと現れ、星生山の稜線歩きは終了。
暫しクリアな風景を楽しむ。
くじゅう91
くじゅう93
くじゅう92

一旦久住わかれへ下り、久住山へ向かう。
くじゅう96