【2007年2月24日(土)】  再来軒@延岡市(宮崎県)
ラーメン (宮崎県・延岡市 食べ歩き その1)
再来軒@延岡10

このところ「宮崎のラーメン」を食べたくなり情報を集めていた。宮崎は陸路で行くには遠い場所ではあるが、魅力的なラーメンがあるのであればやむをえない。当初は宮崎市とその周辺を調べていたのだけれど、ラーメン、釜あげうどん、チキン南蛮まではモチロンだが、レタス巻き、冷や汁、チーズまんじゅう等々のお店が次々挙がってくる。

結局宮崎ならではの「宮崎ラーメン」と「チキン南蛮」をしっかり食べようと、今回は宮崎県の北部・延岡市に絞り込んで食べ歩くことに。

延岡市には和風チキン南蛮発祥といわれる直ちゃん@延岡市がある。また、一応おぐら系のお店・おぐら@大瀬店でもタルタルソースが掛かったチキン南蛮も味わえるようだ。ラーメンはへのさんオススメの再来軒@延岡市もアルし、コチラも楽しみ。予備を含め良さそうなラーメン店をピックアップできた。

本日は朝からなかなか良い天気。登山したくなる気持ちを擽る青空だ。由布岳の西峰裏はうっすら白っぽく、霧氷が楽しめるようだった。大分市〜津久見市間は大分自動車道(高速)で移動し、佐伯市から延岡市へは国道10号線を下った。

延岡市内に入り、先ずは本日のメイン店である再来軒@宮崎県・延岡市へ向かう。創業は昭和31年という老舗店だ。今回は食べたいお店から優先的に食べ歩く。

五ヶ瀬川を渡り、前方に見える旭化成の煙突方面へ。
再来軒20

近くの大型イオンで買い物して、旭化成の企業城下町らしき街並みを楽しみながら徒歩でお店へ向かう。旭化成の工場から数分くらいで到着した。
再来軒30

立地は表通りから斜めに一本入った小道沿い。駐車場は店舗一階に加え、手前に数台分確保されていた。
再来軒21

二階の店内に入り、先ずはラーメンの食券を購入。既に店内はぶわんと豚骨獣臭が充満していた。カウンター席に座り、目の前の作業を見ながらラーメンを待つ。


ぶわんと香る獣臭。ぽてんとしたとろみアル高濃度白濁スープ。むわんと個性的なあまみが現れ、豊かな旨みが迫ってくる。素朴な甘さと独特なクセのある後味が残る。濃度はあるものの、過剰な脂はなく塩加減を抑えたやさしい仕上がりだ。

麺は伸びやかで、滑らかな表情。キリっと角が立ったやや中太の角麺で、噛み込むとむちっとした食感。公式サイトによると、自家製麺とのこと。脂身のない豚モモチャーシューも柔らかくて美味しい。添えられた刻みメンマとキクラゲの食感もイイ味だしてるなぁ。

派手さはないけれど、実にどっしりした手作り感溢れるラーメン。一般的な「宮崎ラーメン」というイメージではなく、オリジナルの味という印象。ココでしか味わえないをラーメンを堪能できた♪
再来軒@延岡11
再来軒13
再来軒 宮崎県延岡市旭町1-3-12 ラーメン
再来軒 公式サイト