【2008年7月12日(土)】 のり一@山之口町(鹿児島市)
ラーメン
のり一@鹿児島市20

鹿児島ラーメンの老舗のひとつ・のり一@山之口町(鹿児島市)へ。

飲み屋が連なる歓楽街・山之口町にあるのり一@山之口町(鹿児島市)比較的高めの価格設定が多い鹿児島において安価なラーメンを深夜まで提供し続け、地元民や観光客に昔から親しまれているお店だ。

最近の物価高騰でラーメン一杯300円(昼価格)となったが、少し前までは一杯250円で提供されていた。創業時(昭和24年)は50円だったそうだ。個人的に直ぐ近くのホテルに何度も宿泊していたので、いつでも食べられると思っちゃってたんですよねー

天文館から昼間の飲屋街を歩き、のり一@山之口町へ。
のり一@鹿児島市10

のり一@鹿児島市11

先客は5名くらい。カウンター席に座り、ラーメンを注文。


ほんのり黄みを帯び、透明感を残したあっさりスープ。見るからにシンプルなラーメンだ。

スープの粘度は無く、さらっとしたもの。鶏ガラを中心とした出汁だそうで、醤油が加わりふんわり穏やかな旨みが膨らむ。昔のラーメン本の記事には豚骨と鶏が半々に使用と紹介されていた。色付いた揚げタマネギが浮かび、香味とあまみが加わった。

麺はむにんとした中太のストレート麺。中央に茹でもやしが盛られ、豚バラチャーシューが添えられている。

昔から九州の中では比較的価格高めのお店が多かった地域の鹿児島。そんな中、繁華街にありながら安価なラーメンを提供し続け、幅広い多くの人々に親しまれてきたのり一。味云々ということをすっかり超えてしまった素敵なお店だと思う。
のり一@鹿児島市22
のり一@鹿児島市25
のり一 鹿児島市山之口町9-3 ラーメン300円