【2006年9月18日(月)】 そば処 玉家@本店・大里稲嶺(沖縄県・南城市) 
ソーキそば  その37(四日目)
玉家@本店35

【沖
縄巡り 四日目】
今回の沖縄巡りで訪問を非常に楽しみにしていたそば処 玉家@本店・大里稲嶺(南城市)。以前てんもりさんがくじゅう山荘お泊まり宴の際に持ち帰ってくれて
、大喜びで食べたことがあった。

それからはや一年が過ぎ、や〜〜っと沖縄に渡り現地・オキナワで味わうことができるのだ!

小雨が降る中、玉家@本店(南城市)へ。カーナビの指示に惑わされ、一時住宅地に迷い込んでしまい、小道をウロウロ。おかげで生活感アル街並みを楽しめたけどー^^

さぁ〜玉家@本店に到着。駐車場は広めで、小雨を避けてお店に駆け込む。
玉家@本店10

ソーキそば(豚のアバラ肉)をセレクトして、カウンター席に座る。卓上にセルフサービスの鮮やかなフーチバー(ヨモギ)コーレグースが置かれていた。

玉家@本店20

コーレグース
玉家@本店21


ほんのり出汁で色付いた透明感を残したおつゆで、ぶわんと豊かな魚介の香りが舞う。

ずずぅーっとおつゆを口に含むと、ドスンと迫る力強い旨みにニンマリ。こりゃ旨いねー♪ カツオ出汁とトンコツ出汁が重なり合い、シンプルながらも奥行きのある味わい。

そして麺も旨い。亀濱製麺の麺はにちっと
硬めの食感で、もさっとした中太の扁平麺。しかもこの麺に合わせて作られたというおつゆで旨さ倍増。ソーキ肉と一緒に食べると、コレ又豊かな味となる。

後半、卓上のコーレグース(島唐辛子に塩を加え、泡盛を注ぎ漬け込み熟成させたもの)を少しずつ加えながら味の変化を楽しんだ。

四泊五日を通して「沖縄そば」を意欲的に食べ歩いたが、やはり「玉家」の味は独特で、しみじみ旨く、シンプルな凄みのある味だと思う。立ち寄ってヨカッタ〜〜♪
玉家@本店30
玉家@本店31
玉家@本店33
玉家@本店32
玉家@本店 沖縄県南城市大里稲嶺57 ソーキそば