【2008年10月06日(月)】 裏秀(ウラヒデ)@ラーメンスタジアム(福岡市・博多区)
太麺極・味玉入り
裏秀42

秀ちゃん@警固(福岡市・中央区)が手掛ける繁盛店・初代だるま@キャナルに続き、福岡市のラーメン集合施設・ラーメンスタジアム@キャナルに期間限定で裏秀(ウラヒデ)を新たに出店し、本日で営業開始三日目

裏秀の「太麺極・味玉入り」とモリモリ格闘。いや〜〜〜インパクトありますなぁ〜〜〜〜山盛り野菜(キャベツやもやし)、刻み生ニンニクや刻みタマネギが添えられ、ボリュームあるぶりんとした極太の縮れ麺が絡む。

今日も仕事終わりに複合商業施設・キャナルシティ博多@住吉(博多区)内のラーメンスタジアムへ。個人的にこの贅沢な機会を貪欲に活用するつもりなのねん。

同行者と六厘舎@キャナルの「味玉・辛つけめん」と「味玉・あつもり」を味わった後、今回も裏秀(ウラヒデ)@キャナルへ。
裏秀10

メニューは「もつ・つけ麺」「ラーメン初号」「太麺極」「博多もりそば」等々の特別創作メニューが揃う。配布されたパンフレットには、『「限定」とせざるを得なかったメニューを復活させる期間限定の店』と紹介されていた。

前回「もつ・つけ麺」を食べていたので、本日は「ラーメン初号」「太麺極・味玉入り」をセレクト。


「太麺極・味玉入り」は山盛り茹で野菜(キャベツともやし)が中央にこんもり。その上に魚粉がたっぷり振り掛けられて、山を形成。よく見ると、刻みタマネギがどっさり添えられ、更に粗く刻まれた生ニンニクまでも。しかも麺はぶりんとした極太の縮れ麺が多めに泳ぐ。

ベースの白濁スープはサラリとしており、背脂が溶け込んでいる感じ。醤油ダレの主張は控えめで、軽やかなやさしい仕上がり。

先ずはザクザクと盛られたキャベツやモヤシを中心に、極太麺を絡めてわしゃわしゃ食べる。生ニンニクの香味や魚粉の明快な旨みや風味が加わり、食欲増進。この後大勝軒の「特製もりそば」も食べる予定だったが、このボリュームを認識した時点で一旦諦め、目の前の一杯に集中。

縮れ極太麺はぶりんとしたもので、噛み込むと、むっちりした存在感ある心地よい食感。営業初日に食べた「もつ・つけ麺」の時とは食感の印象が随分異なる感想。スープの余熱で、より親しみ易い弾力になっていた。

見た目は派手だが、穏やかな味わいの一杯だったなぁ〜〜
裏秀40
裏秀41
裏秀43
裏秀44

粗く刻まれた生ニンニクもたっぷり。
裏秀50
裏秀45
裏秀46
裏秀47

麺や野菜を八割食べ終わったところで、バラ肉チャーシューを表面に広げてみた(笑
裏秀49
裏秀(ウラヒデ)@キャナル 福岡市博多区住吉1-2-22 太麺極・味玉入り
950円

訪問履歴
2008_10_08 太麺極・味玉入り
2008_10_08 ラーメン初号
2008_10_06 もつ・つけめん