【2008年11月22日(土)】 支那そばや@戸塚本店(横浜市・戸塚区)
醤油らぁ麺 (東京巡り三泊四日の二日目 5軒目)
オレが唸ったラーメン
ラーメン本@オレが唸ったラーメン 2005年4月15日発行 講談社900円

個性的なラーメン店主&タレントとして日本で最も知名度が高いと思われる佐野 実さん。その支那そばやが2008年11月、戸塚に本店を新たにオープンさせた。事前情報で製粉機も稼働するそうなので楽しみだ。

初めて佐野さんのラーメンを食べたのは2001年のこと。これまで新横浜ラーメン博物館の店舗で四杯、久留米ラーメンフェスタのイベントで三杯食べてきた。
支那そばや@戸塚本店12

仁鍛@六角橋で食べた後、白楽駅から東急東横線で横浜駅へ移動し、JRに乗り換えて戸塚へ移動。戸塚駅の西口から出ると街並みは意外と寂しげで、こんな感じ。
戸塚

通りを右へ曲がると真新しい支那そばや@戸塚本店の店舗が現れた。店頭に並び客は無く、先客は店内に四名くらい。食券機で「醤油らぁ麺」をセレクトし、カウンター席に座った。
支那そばや@戸塚本店11


厨房に御主人・佐野さんの姿はない。これまで御本人を見たのは新横浜ラーメン博物館では一度もなく、久留米ラーメンフェスタ・イベントの際に四度。厨房やステージ座談会ではテレビから伝わるイメージとは随分異なり、笑顔の楽しそうな佐野さんの方が印象深い。詰めかけたお客さん達と快く記念写真に応じる姿はエラク微笑ましかった。イベント二日目は酔っぱらっていたしネ^^


「醤油らぁ麺」が配膳。透明感を残した醤油色に染まったスープ。綺麗な脂の輪が表面に浮かび、ぶわんと豊かな香りが迫る。鶏がグイっと主張する多層の優しい旨みに満ちた味にニンマリ。塩加減は程よく、奥からぐわわ〜〜〜んっと力強い旨みが湧いてきて、心地よい余韻が残る。きっちり作られており、やっぱしみじみ美味しいね〜〜

自慢の自家製麺は滑らかなストレートの中細麺。海苔は黒々し、バラ肉チャーシューも見た目通り美味しい。以前食べた時よりは塩分控えめで、まったりとした鶏脂はやや減っていた印象。こんな作り込まれた風味豊かなラーメンを食べられて嬉しいなぁ〜〜
支那そばや@戸塚本店20
支那そばや@戸塚本店21
支那そばや@戸塚本店22
支那そばや 横浜市戸塚区戸塚町4081 醤油らぁ麺 850円


訪問履歴
2008_11_22 醤油らぁ麺(戸塚・本店)

支那そばや@新横浜ラーメン博物館
横浜市港北区新横浜2-14-21
2004_11_07 支那そば(醤油) 〜第6回久留米ラーメンフェスタ
2004_11_07 支那そば(醤油) 〜第6回久留米ラーメンフェスタ
2004_09_17 限定しおらぁめん
2002_09_05 絹腰和伊麺
2001_11_03 絹腰和伊麺 〜第3回久留米ラーメンフェスタ
2001_10_04 黒小麦和伊麺
2001_10_04 絹腰和伊麺チャーシューメン


店を出ると、日が暮れかかっていた。
支那そばや@戸塚本店30