【2009年1月24日(土)】  くじゅう雪山登山 総合
一日目 牧ノ戸〜沓掛山〜西千里浜〜久住わかれ(昼食)
〜御池(みいけ)〜久住わかれ〜北千里浜〜坊ガツル@法華院温泉山荘

くじゅう11
@うっとりする霧氷の白と青空のコントラスト


へのさんの呼び掛けでくじゅうへの新年雪山宿泊登山に参加。大寒波が襲来し、福岡市でも都市高が通行止めになってしまうほどの冷え込みよう。くじゅうは昨夜から積雪し、すっかり白銀の世界が広がる。坊ガツルの法華院温泉山荘へ宿泊し、雪山や酒宴、そして温泉を楽しんだ。

参加者はへのさんフミオさんsatoyanさんてん子さんなべカズさんくまさん、てっちゃん、メルさん、みっちさん、
そしてえぬ(N)の計10名。

沓掛山から眺めた三俣山。雪化粧した景色が広がり、非常に美しい。気温はマイナス10度以下で、ザックに差し込んだ飲料水がシャーベット状に凍ってしまうほど。吹雪いた中岳手前の御池(みいけ)ではみっちさんの温度計でマイナス17度を表示していた。
くじゅう10

沓掛山の霧氷と青空。
くじゅう12

西千里浜を進むと久住山が現れる。
くじゅう21

昼食を味わった後、凍り付いた御池(みいけ)狙いで中岳方面へ。真っ白に雪化粧した天狗ガ城や霧氷が美しい。
くじゅう23
くじゅう22

御池(みいけ)で吹雪き、すごすご退散。久住わかれから北千里浜へ下った。
くじゅう24

北千里浜では硫黄山の噴煙・蒸気が風の具合で地表へ大量に吹き付けてきた。
くじゅう25

Tyuさんの「スバラシっ!」が聞こえてきそうな美しい大船山。空気がクリアで、日差しを浴びて鮮やかだ。
くじゅう15