【2010年02月23日(火)】 博多新風つけ麺まつり2010 二日目
二日目 つけめんTETSU

TETSU10

只今、博多新風つけめん祭2010イベントが一週間に渡り開催中。
開幕二日目『つけめんTETSU』が登場。

本日は
satoyanさんてん子さんと一緒に訪問。
昨日同様、夕方仕事終わりに高速で福岡市に向かい、午後七時に博多駅でてん子さん
と合流し、
更にイベント会場近くでsatoyanさんと合流。
到着すると店頭に待ち客が数名で、暫し待ってから店内へ案内された。

首都圏のつけめんを代表する人気店のひとつ、
つけめんTETSUの御主人・小宮一哲さん御本人が厨房に立つ贅沢イベント。
華のある味わいの適濃なつけ汁で、存在感ある伸びやかな活きた麺を美味しく食わせる。
全体的にとてもバランスが良くて食べやすく、きっちり作られた一杯を堪能。

satoyanさんから店頭で頂いた、ブーランジェリーレスト@平尾店のシナモンラスク。
てん子さんからはラ・ヴィ・アン・ローズの焼菓子を(*´∇`*)
TETSU15

TETSU17

手前のカウンター席に三人並んで座り、私のみ『大盛り』でお願い。
価格は大盛りでも同じ。

ちょうど
つけめんTETSUの御主人、小宮一哲さんが目の前にいらっしゃる好位置。
博多新風の御主人・高田さんからの紹介も加わり、時折言葉を交わすことができて嬉しい。
イイ人オーラが滲み出る御主人です。

『つけめん』が配膳。
麺が盛られた器には姉妹店のつけめん102(いちまるに)@大宮区桜木町(さいたま市)のロゴが入っていた。
TETSU22

私の「大盛り」と、satoyanさんの「普通盛り」との比較画像(⌒∇⌒)
TETSU21

TETSU30


華のある味わいの適濃なつけ汁で、
存在感ある伸びやかな活きた麺を美味しく食わせる。
つけ汁の表面には魚粉が覆い、褐色の特製油が加えられていた。
全体的にとてもバランスが良くて親しみやすく、
きっちり作られた一杯を堪能。

水洗いされた艶やかな麺は、むっち・にっちしたやや硬めの食感。
勢いよくズルズル食べ進んだ。
TETSU23

TETSU24

食後の「スープ割り」も完食。
satoyanさん&てん子さんも完食していた。
TETSU25
つけめんTETSU(博多新風つけ麺まつり2010 二日目) つけめん

御好意で写真まで撮らせて頂き、誠にありがとうございました(⌒-⌒)
TETSU40


食後はsatoyanさんのセレクトで、
須崎町にあるチャイニーズキッチン星期菜(サイケイツァイ)@須崎町(博多区)を訪問。
ホテルオークラの近くで、「一期一会の香港料理」とパンフに記載されていた。
博多20