【2010年03月20日(土)】 姫路城@姫路市(兵庫県) 
三の丸広場〜菱の門〜西の丸 観光その1
姫路城27b

三連休を活用して、結果的に四泊五日となる神戸&奈良巡りへの続き。

姫路城は築城して400年経つも奇蹟的に戦火を免れ、今尚昔の姿を楽しめる貴重な存在であり、
1993年(平成5年)12月、法隆寺と共に日本初の世界遺産に登録。

2009年秋より「平成の大修理」が行われており、大天守を完全に覆ってしまうという大工事は
2010年春より本格的に開始される予定とのことで、終了はなんと5年後。
今回はその直前になんとか駆け込んだ。


ひめじ観光ナビサイト「ひめのみち」の紹介によると、
『連立式天守をはじめとする独特の建築構造と白鷺城とも呼ばれる美しい形容、
 要塞として精巧な意匠と工夫の凝らされた巧みな機能、
 そして城全体がよく保存され、内曲輪の城郭建築がほぼ完全に当時の様式を伝える云々。』
とのこと。


姫路駅から姫路城へと続くアーケード商店街「みゆき通り」
まねきダイニング15

みゆき通りを進んでいるとスイーツ店、アンテノール(ANTENOR)の店舗が目に留まる。
福岡市だと岩田屋地下テナントくらいしか思いつかないが、
何だか神戸周辺に来たんだなぁ〜と実感。
姫路城11

姫路城14

姫路城間近の「本町商店街」。
姫路城13

鄙びた店構えがとても魅力的だった丸勝食堂。
姫路城15

ようやく姫路城の大天守が姿を現した。
姫路城16

午前9時半に到着。
お堀も立派。
姫路城17

お堀に掛かった橋を渡って大手門へ。
姫路城18

大手門では押し寄せた観光客対策で、入城の制限準備がなされていた。
もう少し到着時間が遅いと危なかったかも。
姫路城19

広大な三の丸広場からの眺め。
設置された石碑には『世界遺産 姫路城』と誇らしげに謳われていた。
姫路城20

姫路城10

開花直前の桜並木通りを歩く。
福岡市ではもう桜が結構咲いていたが、城内の桜はまだ一分咲き。
姫路城22

姫路城23

美しい大天守を中心とした城郭。
資料を片手に観光。
姫路城24

菱の門(ひしのもん)に到着。
姫路城内で最も大きな櫓(やぐら)を備えた玄関口であり、安土桃山時代様式が残されている、
と説明されていた。
姫路城25

塀に狭間(さま)が設けられている。
資料によると、狭間(さま)とは、塀に開けた小穴のことで、戦時に武器で攻撃するとのこと。
城内の狭間は738個もあるらしい。
姫路城26

菱の門を潜ると、天守西の丸の分岐が。
先ずは西の丸から観光することに。
姫路城27

コチラは天守方面。
姫路城28

「西の丸」へ坂を上る。
姫路城50

西の丸からの眺め。
姫路城51

姫路城30

西の丸・百間廊下(ひゃっけんろうか)へ。

「ワの櫓」「レの櫓」の間くらいの渡櫓にて靴を脱いで用意された袋に入れ、
300メートルもの廊下&部屋を歩くことに。
観光客で混み合い、かなり時間が掛かった百間廊下観光となってしまった。
姫路城31