【2003年04月27日(土)】 讃岐うどん てる山@画図町(熊本市)
冷や天おろし&生醤油うどん
てる山@熊本30

旧HPブログに掲載していなかった懐かしい画像を紹介。
2002年代や2003年代のデジカメ画像は、今や貴重かと。

この日は熊本市を巡り、
先ずは讃岐うどん てる山@画図町(熊本市)を訪問。

讃岐の有名人気店であるおか泉@宇多津町(香川県)で修業した御主人が開いたという、
当時の九州では福岡市にも無い、貴重なさぬきうどん店。

朝から阿蘇経由で熊本市へ。
先ずは讃岐うどん てる山@画図町(熊本市)を訪問。

讃岐の有名人気店である、おか泉@宇多津町(香川県)で修業した御主人が開いたお店らしい。
個人的に数ある讃岐うどん店の中でも、おか泉@宇多津町が大好きなのだ。

九州でこれほど本格的な讃岐うどん店が登場したのは、
この時点ではココが初めてだった印象。

熊本市中心街から御船IC方面へ向かう国道266号線、
浜線バイパスの大通り沿いに構え、駐車場も完備。
入店すると、厨房を取り囲むようにカウンター席が設けられていた。

先ずは看板メニューの『冷や天おろし』を注文。
てる山@熊本10


贅沢に大ぶりな海老天が二尾クロスして添えられた、冷や天おろし。
手打された麺の表面はとても艶やかで、
ぐに・にちしたした食感と、にんとやや伸びる弾力ある活きた麺。

ふにんとしたやわらかーい博多うどんが好きな人には硬過ぎると感じる麺なのだろうが、
私にはとても嬉しい食感だ。

華のある出汁が効いたかけつゆも旨い。
普通のぶっかけうどんのかけつゆはやや甘過ぎる印象だったので、
冷や天おろしのつゆの方が個人的には好き。

自慢のサックリとした大ぶり海老天や野菜天ぷらは、見た目通り美味しい。
但し、修業先のおか泉より海老はこれでも小ぶり。

修業先と細かな違い云々はあるけれど、
九州でこの味が楽しめることは、大変ありがたかった。
てる山@熊本11
讃岐うどん てる山 熊本市画図町下無田1159-1 冷や天おろしうどん

訪問履歴
2006_03_11 冷や天おろし
2004_08_16 冷や天おろし
2004_05_30 冷や天おろし
2003_10_26 冷や天おろし
2003_09_28 冷や天おろし
2003_08_09 冷や天おろし
2003_07_08 ぶっかけうどん
2003_07_08 冷や天おろし
2003_04_27 生醤油
2003_04_27 冷や天おろし



●生醤油うどん
てる山@熊本20