【2009年11月22日(日)】 らあめん元(はじめ)@蓮根(東京都・板橋区)
特塩らあめん
元@蓮根10

東京行脚三泊四日・三日目。
朝はゆったり宿泊ホテルで過ごし、開店時間に合わせて
らあめん元(はじめ)@蓮根(東京都・板橋区)へ。

作り込まれた美しい黄金スープの『塩らあめん』を主体的に提供する、
評判の良い新店(訪問当時)。

しかし、乗り換えに降りた埼京線の板橋駅にて主力デジカメのバッテリーを
ホテルに忘れていたことに気づき、呆然。
仕方なく元(はじめ)だけは予備カメラで撮ることに。
コチラの都合でテンションが下がつつ、都営三田線の新板橋駅までトボトボ歩いて、
最寄りの蓮根駅へ移動した。

立地は都営三田線の蓮根駅前で、今回初めて降り立った。
ラーメンを巡ると、普通ではなかなか訪れそうもない地域を歩けるので面白い。

日曜の曇天午前中ということもあり、通行人は疎らで静かだった。
元@蓮根12

午前11時では待ち客ナシ。
開店は午前11時半だったので、暫し周辺を歩いて散策した。
元@蓮根13

その後開店直前に数名並んで入店し、『特塩らあめん』をセレクト。

ラーメン王の青木さんの友人が開いたお店との事前情報で、
店内にもサインが飾られてあった。
元@蓮根15

『特塩らあめん』が配膳。
元@蓮根20b


丁寧に作られた、透明感ある美しい黄金スープ。
表面に鶏油が浮かぶ。
鶏と魚介出汁がきっちり効いた、ふくよかな旨みが湧く味わい。
食べ進む毎にグイグイ旨みが迫る。
手元のラーメン本には、鶏の首ガラやモミジ、秋刀魚節、香味野菜等、
仕上げに鶏挽肉を使用と紹介されてあった。

麺は大人しめの中細ストレート麺が泳ぐ。
今回は勢い余って『特』にしただけに、添えられた具材は多め。

二郎を意識したような特盛りや濃厚だったりする派手なラーメンが持てはやされていた時代だっただけに、
個人的にはこんな作り込まれた黄金スープのラーメンを味わえたのはありがたかった。
元@蓮根22

元@蓮根23

器は高さのある、底に絞られたもの。
元@蓮根24
らあめん元(はじめ) 東京都板橋区坂下2-16-11
特塩らあめん 950円