【2011年11月03日(木祝)】 博多一風堂×蒙古タンメン中本【スペシャルコラボ】
炎と情熱の海鮮辛豚骨
中本12

東京ラーメンショー2011にコラボ出店していた、
博多一風堂×蒙古タンメン中本【スペシャルコラボ】
「炎と情熱の海鮮辛豚骨」を提供。

配布パンフの紹介によると、
『食べ方のポイントとして、炒めた野菜とエビ、イカげそ、ホタテなどの海鮮をまずは食べ、
 その後、中本の刺激的な辛みの加わった豚骨スープと麺をザックリと混ぜて食すべし!
 口の中で幾重にも広がる旨味が後を引く事は間違いなし。
 個性の強い両店の味が絶妙なバランスで魂と共に込められた一杯。
 炎の中本、情熱の一風堂の渾身の一杯は2度3度楽しめる禁断コラボ云々。』とのこと。

開催二日目の夕方、祝日だけにかなり賑わっていた東京ラーメンショー会場を
コイタさん@筑波と一緒に訪問した。

けいすけ×博多新風【東京・福岡】、無鉄砲×中華蕎麦 とみ田【関西・千葉】、
池麺KINGKONG x 博多一幸舎【東京・福岡】をそれぞれ味わった後、
「炎と情熱の海鮮辛豚骨」を提供していた、博多一風堂×蒙古タンメン中本【スペシャルコラボ】へ。
中本15

中本11

●炎と情熱の海鮮辛豚骨
中本20


赤黒く染まり、炒められた香りある海鮮辛豚骨。
ゴロゴロと海鮮具材が投入されたもの。
白めのストレート麺は、のびにくそうなぷつっとした食感。

真正な辛いもの好きのコイタさんは、
中本の「北極」でもスープまで完食する強者なので辛さ不足だが、

耐性のないワタシには心地良いくらい。

個人的に、東京ラーメンフェスタ四日目に食べた
朝イチの「博多一風堂×蒙古タンメン中本」は、別モノの良い出来。
気合いが入りまくりで、炒められた香ばしさと熱々感と膨らむ旨みが、
この二日目夜の出来とはまるで違っていた印象。
中本21

中本22
博多一風堂×蒙古タンメン中本【スペシャルコラボ】 炎と情熱の海鮮辛豚骨

2011_11_05 炎と情熱の海鮮辛豚骨
2011_11_04 炎と情熱の海鮮辛豚骨
2011_11_03 炎と情熱の海鮮辛豚骨


ちなみに東京ラーメンフェスタ四日目の朝イチに食べた、
博多一風堂×蒙古タンメン中本の「炎と情熱の海鮮辛豚骨」画像。
別モノの嬉しい良い出来。
中本20

中本21


四日目と最終日にお会いした、
博多一風堂の御主人・河原茂美さん&博多新風の御主人・高田直樹さん。
20


蒙古タンメン中本の御主人・白根誠さんは連日店頭にいらっしゃり、笑顔で接客。
とても気さくな感じだった。
22

最終日にお話しさせてい頂いた、
蒙古タンメン中本の御主人・白根誠さん&博多新風の御主人・高田直樹さん。
昨年は、蒙古タンメン中本@高円寺店(杉並区)で「蒙古タンメン」を味わった。
20


二日目の夜会場も大賑わい。
コイタさんは家族向けに博多だるま@福岡のお土産ラーメンを購入。

これから駒沢大学駅から品川へ移動し、
午後8時過ぎに品川駅前であまさんと合流して、今年も三人でワイワイ飲む予定。
中本30