【2012年01月15日(日)】 Restaurant HIRO(ヒロ)@福重(福岡市・西区)
ステーキ・ラーメンセット(塩らーめん)
HIRO@福重11

以前は、神田精肉店が手掛ける夢らぁめんぜんやや夢らぁめんげんき家等々があった
個人的に懐かしい、駐車場を完備した大きめの店舗に、
新たにRestaurant HIRO(レストラン ヒロ)@福重(福岡市・西区)がオープン。

店頭に「らーめん」や「ステーキ」の幟が立ち、ラーメンは、塩、しょう油、みそ、とんこつと展開。
更にハンバーグ等の焼きものやトンカツ等の揚げもの、
そして塩しゃけ定食等まで揃う多彩なメニュー構成。

年末の北九州麺関係者による忘年会に続き、
昨夜の新年会でもフミオさんから再び強くオススメ頂いたので訪問。

ハトシさん一家とお別れし、
くまさんを若松へ送ったのが午前2時過ぎ。

帰りに単独で24時間営業のがんこもん@遠賀町(福岡県・遠賀郡)に立ち寄り、
「がんこもんラーメン」を一杯。
しかし、高速で須恵PAまで下ったところで睡魔に襲われて足止め。

翌日は、昨夜の宴でもフミオさんから再び強くオススメ頂いた
新店のRestaurant HIRO(レストラン ヒロ)@福重(福岡市・西区)を訪問。

酒浸りで負のオーラを纏ったタフさんは、夢で三途の川をみたそうで、
後ほど合流して福岡市近郊を二軒巡る。

先ずは博多駅前を通過し、福重方面へ移動。
HIRO@福重12

新店、Restaurant HIRO(レストラン ヒロ)@福重(西区)に到着。
過去には神田精肉店が手掛ける夢らぁめんぜんやや夢らぁめんげんき家等々があった
個人的に懐かしい店舗。

げんき家時代以来となる訪問で数年ぶりに入店すると、広い店内に先客1名。
手前の第二厨房に沿ったカウンター席に座って多彩なメニューを眺め、
看板メニューらしきステーキ・ラーメンセット(1380円)を注文。
ラーメンはを選択。
HIRO@福重15

HIRO@福重16

サラダやステーキソースに続き、「塩らーめん」が配膳。
HIRO@福重10


一杯500円という安価提供の「塩らーめん」。

大ぶりの白器に注がれた、透明感を残した綺麗な黄金スープ。
表面にキラリと脂の輪が浮き、出汁であろう少量の肉片が沈んでいた。

比較的塩分は控えめで、穏やかな膨らみの味わい。
大きく魚介系に振れていない、福岡市民には親しみ易そうな仕上がり。

泳ぐ麺は、ぷつっとしたストレートの細麺。

ラーメンは、塩、しょう油、みそ、とんこつと大きく四種展開。
更にハンバーグ等の焼きものやトンカツ等の揚げもの、
そして
塩しゃけ定食等まで揃う多彩なメニュー構成。
手前のカウンターでは、セルフお総菜も提供されていた。
HIRO@福重21

HIRO@福重22

ステーキは手前の第二厨房で焼かれ、
ラーメンに少し遅れる形で熱々の鉄皿が配膳。

ご飯は多めで、サラダが付いた。
HIRO@福重32

HIRO@福重31
Restaurant HIRO(レストラン ヒロ) 福岡市西区福重4-5-9
ステーキ・ラーメンセット1380円