【2004年03月14日(日)】 博多一幸舎@大名旧本店(福岡市・中央区)
ラーメン
一幸舎@大名10

一黒丸@舞鶴(福岡市・中央区)が幾つかに分かれ、
2004年3月中旬、大名に博多一幸舎@大名本店(福岡市・中央区)がオープン。
開店間もない頃に食べていた、懐かしいラーメン画像を紹介。

当時の看板は冠の「博多」の文字がとても小さく、あくまで「一幸舎」がメインで、
器や看板に「至福の一杯」と謳われていた。

菜の花が咲き始めた長閑な筑後川沿いを進み、福岡市内へ移動。
一幸舎@大名15

さっそく大名に当時オープンしたばかりの博多一幸舎@大名本店(中央区)を訪問。
すると店頭に祝い花が多数飾られた、如何にもの新店状態。

一黒丸時代の繋がりなのか??
ラーメンスタジアム@キャナルシティ博多に出店していた山頭火より祝い花が届けられていた。
一幸舎@大名10

一幸舎@大名11

先客は数名で、御主人の吉村さんが見える厨房前のカウンター席に座り、
普通のラーメンを注文。
一幸舎@大名20


「至福の一杯」と謳われたラーメン。

獣の匂いがふわんと舞う白濁したスープ。
のせもの具材は、ネギとチャーシュー以外はキクラゲのみとシンプルで、
程よく醤油ダレが効き、香味もそこそこある親しみ易い味わい。

麺は、硬茹で気味の細麺。


博多一幸舎@大名旧本店 福岡市中央区大名1-4-22
ラーメンオープン価格300円(通常は600円)
訪問履歴 多数


【補足】
●2012年03月03日(土)に食べた、大名店の外観とラーメン画像。
一幸舎10

一幸舎20


●2012年02月18日(土)に食べた、博多デイトス店のラーメン画像
一幸舎デイトス