【2012年06月03日(日)】 くじゅう登山へ その3
牧ノ戸〜沓掛山〜西千里浜〜久住わかれ〜星生崎〜星生山
95b

週末は早朝からミヤマキリシマが咲き始めたくじゅう登山へ。

牧ノ戸からミヤマキリシマで色づいた沓掛山周辺や星生山をじっくり楽しむ、
お気楽ゆるゆるお花見登山。

朝の星生山や久住山は時折強風が吹きつけ、真っ白な濃霧に包まれたものの、
久住わかれから星生崎へ登り、ガスが晴れるのを辛抱強く待って、
移ろう鮮やかな眺望を満喫した。

am8:08 濃いガスに覆われてしまった星生山の登山を一旦諦め、西千里浜を歩く。
36

西千里浜も時折濃いガスに包まれた。
37

ぽやんと霞んだ星生崎を確認。
38

正面にドーンと聳えるはずの久住山は濃霧に遮られ、全く見えず。
39

久住、阿蘇方面が一部晴れてきた。
40

星生崎の上にも青空が。
41

歩いてきた西千里浜上空も。
42

しかし、数分後にはやっぱり濃いガスに覆われた。
43

どうにも景観がよくないので、花を楽しむ。
先ずはマイヅルソウの群生から。
44

久住わかれは濃霧の中。
小屋が僅かに霞んで見えた。
45

am8:24 暫く久住わかれに留まり、濃霧が晴れるのを待っていると、久住山が一瞬現れた。
46

僅かに青空も。
47

しかし、数秒で霧に消えていった。
48

●マイヅルソウの群生
49

濃霧はなかなか晴れない。
50

山肌にミヤマキリシマの株が沢山。
51

更に暗くなり、ミヤマキリシマを。
52

53

濃霧の時間を活用して星生崎に登り、晴れた久住山を待つことに。
54

星生山のミヤマキリシマもそこそこ咲いているようだ。
55

56

57

星生崎へ登っていると、濃霧の中で強風が吹きつけた。
58

山の天気はめまぐるしく変わり、瞬間的に青空が覗いた。
60

見下ろした久住わかれは真っ白け。
61

62

瞬間的に久住わかれのガスが晴れ始めた。
63

しかし、星生山の岩尾根は濃いガスに包まれていた。
64

65

星生崎から眺めた久住山方面は真っ白。
66

am8:52 座り込んで暫く待っていると、遂にガスが晴れ始め、
久住山が僅かに姿を現した。
67

しかし、一瞬でまた真っ白いガスに包まれて消えてしまい、次の機会を待つ。
69

久住、阿蘇方面の展望が開けてゆく。
70

薄っすら久住わかれも。
71

72

久住山が再び現れ始める。
73

74

75

76

77

次第に西千里浜がガスに包まれていった。
78

濃霧の時間に二度目の朝食をまったり。
今回は手抜きで、コンビニのパンを二種。
79

陽射しが回復し、期待が高まる。
80

本日初の天狗ガ城も姿を現し始めた。
81

すると久住山も。
82

左から早いガスの流れが押し寄せる。
84

久住、阿蘇方面が綺麗。
85

●肥前ヶ城や西千里浜
86

その後も消えたり、現れたりを何度も繰り返す。
87

88

89

90

92

93

天狗ガ城が現れるも、中岳は見えず。
94

96

陽射しが回復し、綺麗ですなー
95