【2013年03月16日(土)】 千成ラーメン@佐伯市(大分県)
並ラーメン
11b

大分県の東南部に位置する佐伯市巡りにて、偶然知らないラーメン店が目に留まり、
無情報の飛び込みで入店して並ラーメンを注文すると、
大分なのに何故か見覚えのある宮崎っぽいラーメンが現れた。

四軒目の店舗へ向かう際に偶然見掛けていたお店を
食後に引き返して訪問。
10


11


お昼時を外していたので先客は1名。
手前のカウンター席に座り、並ラーメン600円をお願いした。
15


並ラーメンが配膳。
20


大分なのに何故か見覚えのある宮崎っぽいラーメンが現れてびっくり。
無情報の飛び込みで入店しているので素性が分からない。

店内を見回してもメニューや店内外に「宮崎」を思わせる掲示はなく、
カウンター前に焼肉店のような立派な壺が数個置かれているくらいで
修業先を連想させるものも見当たらない。
宮崎や鹿児島の特徴のひとつ、漬け物の小皿サービス提供はなかった。


更に食べ始めて二度びっくりし、確信に変わる。
醤油ダレの主張と味わい、あまみのある黄みを帯びたスープ、にっちりとした中太麺の食感、
たっぷり添えられたチャーシューの表情、隠れるように盛られたもやしが、
個人的に大好きなあかえ@日南市(宮崎県)を想わせるのだ。
異なるところは、チャーシューが醤油ダレに漬かり過ぎてしょっぱめで、
全体的に醤油ダレの主張が強く振れている印象。



素朴な疑問として、何故佐伯市にこのラーメンが存在しているのか??



九割食べたところで、堪らずiPhoneにて「千成ラーメン、佐伯市」を検索したところ、
なんとあかえ@日南市(宮崎県)出身の御主人とのことが判明。

外観を撮影した際、濃い緑色の暖簾は変わっているなぁ〜っとは思ったものの、
残念ながら瞬時にあかえには結び付けられなかったなぁ。。


宮崎県南部の日南市に移転して営業しているあかえさん。
個人的に大好きなお店で、実は以前、九州じゃらん@リクルートの2008年1月号に、
わざわざ食べに行きたいお店として、あかえ一店のみの紹介記事を書いたくらい。
まさか佐伯市(大分県)で出会えるとは、大変驚いた。

とにかく個人的にここ数年の中では、ラーメン関係で最も驚いた出来事となった。
ごちそうさまでした。
21


22
千成ラーメン@佐伯市(大分県) 並ラーメン600円