【2012年11月24日(土)】 不如帰@幡ヶ谷(東京都・渋谷区)
そば醤油+味玉
10b

東京三日目の昼食は、5年振りに不如帰(ほととぎす)@幡ヶ谷(東京都)を再訪。

2007年(平成19年)11月に食べた頃は六厘舎等が全盛で、
作り込まれた重層型の淡麗なラーメンが逆風だった時代。

直向きな姿勢を貫き、塩と醤油の両部門で首都圏トップクラスの
質感あるラーメンを提供し続け、限定メニューも人気。

本日は、「そば醤油」と「そば塩」を味玉を付けてそれぞれ味わった。

築地の場内市場は今回の三泊四日で土曜日のみが食べられるチャンスだったので
先ずは寿司天丼狙いで夜明け前から築地場内市場(東京都・中央区)へ。

築地で朝食を済ませた後は銀座へ歩く。
20


当時はまだ建設中だった新歌舞伎座@銀座。
21


22


23


有楽町から新宿経由で幡ヶ谷へ移動。
2007年の頃は新宿駅から初台や幡ヶ谷へ向かう特殊な京王新線の乗り場が見つからず、
京王線で迷ったことを思い出す。

今回はてくてく歩いて離れた地方出身泣かせの乗り場へ。
50


開店一時間前で既に十数名の待ち客あり。
10

こちらは食後の店頭。
11


待っている間に天候が回復して青空に。
午後から東京スカイツリーの展望台に予約を入れてあるので嬉しい。
51


こちらは後ほど撮影した350m天望デッキ&450m天望回廊&634m頂点。
12


食券機で味玉の醤油を選択し、手前のカウンター席へ。
26


明快なハマグリ出汁で食べ手の心をわしづかみ。
醤油色にほんのり染まった透明感を残したくらいの妖しいスープに
香ばしい黒顆粒が漂う。

特徴的なハマグリや乾物系由来の魚介出汁の風味と旨みが膨らみ、
獣系出汁がしっかり支える。
あぁ〜しみじみ美味しいねー

麺は、斑が浮いた風味あるストレート細麺。
具材は肉厚なチャーシュー、メンマ、味玉、ネギが添えられていた。

2007年に食べた際はスープは絶品だったものの、その分麺がやや弱い印象だったが、
きっちり進化していた。

こんな手づくり感ある作り込まれたラーメンを楽しめ、
更に人々に支持され賑わっていることも本当に嬉しい。
ごちそうさまでした。
27

22
東京都渋谷区幡ヶ谷2-47-12 醤油そば味玉
訪問履歴
2012_11_24 しおそば味玉
2012_11_24 醤油そば味玉
2007_11_25 しおそば味玉