【2013年07月07日(日)】 ふくちゃん@田隈(福岡市・早良区)
ワンタンメン
21b

午前3時起きで福岡市へ向かい、夕方までキビシイ蒸し暑い環境下で缶詰集中。

汗だくで三度着替え、心身共に疲労困憊。
夕方解放され、大好きなふくちゃん@田隈(福岡市・早良区)へ直行。

個人的には藤崎時代から食べている老舗で、
現在はより意欲ある三代目の御主人が厨房を守っている。
本日もワンタンメンを楽しんだ。

夜明け前から高速を利用して福岡市へ向かう。

既に朝から蒸し暑くて、日の出前でも車の外気温はなんと28度。
キビシイ一日となりそうだ。
10


モーニングガンソは自粛して、太宰府でコンビニお弁当を購入。
夕方解放されて、個人的に大好きなふくちゃん@田隈(早良区)へ直行した。

夕食時前の時間帯でも先客が十数名。
10


カウンター席に座り、ワンタンメンをお願い。
20


ワンタンメンなれど殆ど沈んでいる奥ゆかしい表情で、
たっぷり注がれた熱々スープの表面にぱっと膜が張る。
本日は醤油ダレの主張がやや抑え気味で、香味と共に旨みが上手に膨らんだ。
やっぱ美味しいねー

頭骨だけを使ったという白濁豚骨スープは、獣の風味あるフレッシュな味わいで、
妙な熟成劣化を感じない。
お客さんが次々と詰め掛けることによって好循環となっている様子。
スープを調整しながら提供しているようで、毎回一期一会の味を楽しめる。

麺は、福岡市内のラーメンとしてはやや太めに振れたストレートの中細麺。
十数年前はもっと太く感じていたが、このところ極細麺を食べる機会が減ってきたのか、
個人的には太さが気にならなかった。

ワンタンは香味が効いたもので、チャーシューは肉々しい。

意欲ある御主人が常に厨房に立ち続ける、気持ちの良いお店。
忙しくてもお店全体から細やかなおもてなしの心を感じるし、
こういうお店は本当に大好きだ。
ごちそうさまでした。

21

22
ふくちゃん 福岡市早良区田隈2-24-2 ワンタンメン
訪問履歴 多数