【2013年09月08日(土)】 麺歩 バガボンド@福岡店(福岡市・博多区)
つけめん+味玉
10b

鹿児島から遂に福岡市(JR博多駅前の博多区役所近く)へ進出した、
麺歩 バガボンド@福岡店(福岡市・博多区)

東京の有名店、麺屋武蔵系の武骨や武骨外伝等で修行したといわれる御主人が
鹿児島に立ち上げたお店で、個人的に開店当初から鹿児島市で4杯食べていた。

本日は、つけめん+味玉を太麺の中盛りで冷たい麺にてお願いした。

近くの有料駐車場に停め、歩いて向かう。
10


奥に長いカウンターが伸びる店内に先客は5名くらい。
手前に製麺機が収納されていた。

麺は細麺・太麺、量を大盛り・中盛り・普通、冷や・あつもりから各々選べるそうで、
サブスタッフさんに食券を示し、「麺は太麺の中盛りで、冷や」にてお願い。

こちらは二郎系メニューの力島(ちからじま)の説明書き。
15


つけ麺が配膳。
20


麺から熱々の湯気が立ち昇っている「あつもり」提供にかなり困惑。

食券購入時に手前のメインスタッフさんらしき方に麺を「冷や」にできることを口頭で確認し、
食券で注文内容を確認するサブスタッフさんへも「麺は太麺の中盛りで、冷や」にてお願いし、
サブスタッフさんからメインスタッフさんへの呼び掛けでも「冷や」のオーダーがちゃんと通っていたからだ。

但し、目の前に提供されてしまった時点で「冷や」だと私が主張すると麺の茹で直しとなるし、
既に提供されているつけ汁も廃棄扱いとなるだろうから食べ物が勿体ないので、
諦めてそのまま食べることに。
しかし、個人的にこのタイプの麺の「あつもり」は好みではなく、
口が冷やで準備されていたので頭の切り替えは難しかった。

すると「味玉を忘れていました」と味玉が別器で提供された。


店頭や食券機で「あつもり」が強く推されていたつけ麺。

過剰な粘度のないつけ汁は、獣と魚介出汁が程よく利き、
やや強めの甘味と酸味が主張する親しみ易い味わい。
大きく切られた柔らかいタマネギが浮遊。

熱々なあつもりの白い中太麺は蒸発で表面が乾き、むんに・にっちんとした食感。

個人的にバガボンドは鹿児島市内を訪れた際に優先して食べていたお店のひとつ。
次回は是非「冷や」のつけ麺を楽しみたい。
ごちそうさまでした。
22


23


24


25
麺歩 バガボンド@福岡店 福岡市博多区博多駅前2-10-12
つけ麺(太麺中盛りのあつもり)+味玉


訪問履歴
麺歩 バガボンド@鹿児島
鹿児島市山下町
2009_04_18 味玉つけ麺(並)
2008_09_21 味玉火山麺
2008_09_20 味玉ら〜麺
2008_09_20 味玉つけ麺(並)