【2013年09月23日(月祝)】 一真軒@大畠(北九州市・小倉北区)
ラーメン+おにぎり
10

唐津の一竜軒@菜畑(佐賀県・唐津市)を想わせる様な新店、
一真軒@大畠(北九州市・小倉北区)が東京(渋谷区神宮前)より
嘗て一竜軒があった北九州の小倉へ移転出店。

首都圏版のラーメン本には、「唐津の一竜軒で半年修業(自称)して
東京(渋谷区神宮前)に出店」と紹介されていた。
東京時代のあまさんによるblog記事はオーブン当初移転前の二つ。

個人的には訪問前々日に一竜軒@唐津市にて二杯味わい準備万端、
昼にラーメンとおにぎりを食べた。

派手な祝い花輪が多数立てられた新店舗。
12


13


店内は満席で大賑わい。

店舗前の駐車場に停まった車内に多数の待ち客があり、
炎天下の暑い中、30分ほど店頭で待ってから店内に案内された。
10


11


ラーメンと白おにぎりをお願い。
15


サービスの豆と紅生姜は一竜軒スタイルを踏襲。
16


17



ラーメンが配膳。
20


見た目は一竜軒@唐津市を意識していることが十分伝わる表情。

ぱっと表面に膜が張った、幾分赤みを帯びた茶に発色した粘度のないスープ。
ぶわんと心地良い獣の風味があり、適度に醤油ダレが主張。
本日は偶々なのか、ベースの獣出汁がやや弱く振れているようで、
その分相乗的に背後から強く旨み調味料が露骨に主張。
ナルホドこの感覚かと先人の感想にも納得。

麺は、普通でも硬めの茹で加減だった中麺。
チャーシューも踏襲したモモ肉にて提供。

食べ進むと、確かに一竜軒@唐津市の方向性を感じられる一杯。
東京から小倉へ移転したばかりで、しかもかなり混雑しており、
手づくりラーメンだけに今は全てが追い付かない感じ。

現時点では一竜軒@唐津市を意識し過ぎると、仕上がりはまだ別物だが、
今後の進化を期待しています。
ごちそうさまでした。
21


23
一真軒 北九州市小倉北区大畠二丁目 ラーメン600円+おにぎり150円




こちらは前々日に食べた、一竜軒@唐津市のラーメン+おにぎり。
30



こちらは前々日に食べた、一竜軒@唐津市のチャーシューメン+おにぎりコンビ。
21



こちらは一真軒@小倉北区の直後に食べた、圭順@門司のラーメン。
20


21