【2014年04月06日(日)】 しゅーる
さが桜マラソン2014in佐賀 ゆるキャラ控室
50b

前大会からハーフが無くなり、佐賀市中心街から吉野ケ里の神埼市で折り返す
フルマラソンとなった「さが桜マラソン2014in佐賀」
今年も約1万人の市民ランナーが参加した大きな大会へ。

スタート地点付近で往復の沿道応援した後、ゴールの陸上競技場へ移動。
競技場へ入ろうとすると、
入口脇に「ゆるキャラ控え室」なる白テントがひっそりとあった。

先ずはスタート地点付近から沿道応援することに。
午前9時に号砲が響き、川内選手を先頭に集団が通過。

その後はぞろぞろと。
24



折り返してきた8キロ地点近くで、トップは独走の川内優輝選手。
既にこの時点で二位とは大差がついていた。
40



22



23



8キロ過ぎのゴール手前で待ち受けていた尾崎好美さんの姿にランナー達は大喜び。
ランナー達との記念撮影にも快く応じていた。

駆け抜けるランナー達は皆さん笑顔・笑顔であります。
21



自ら手を挙げ、笑顔でランナー達を待ち受けてタッチ。
23




折り返しのランナーを全て見送った後、陸上競技場内へ移動。
60



入口脇に白テントが張られていた。
61



よく見ると、ゆるキャラ控室・・・。
複数のゆるキャラがコースのどこかに出没するようだ。
70



ランナーを待つ陸上競技場内。
62



こちらはゴール。
32



桜並木道を走り終え、
ゴールの陸上競技場から見下ろした川内優輝選手。
50



競技場へ入り歓声の中、
二位と大差(10分29秒差)のぶっちぎり優勝。
60



優勝ゴールタイムは、2時間13分02秒。
61



62



川内優輝選手のゴールを見た後、
競技場近くの桜並木前へ移動して沿道応援。
35



41



桜並木ではとしさんに声を掛け、競技場へ走って戻る。
更に競技場のスタンドにてフルマラソンを自己新で完走したはとしさんのゴールを見届け、
暫し一緒に過ごした後、佐賀市内のラーメン店へ移動することに。
19



すると競技場入口付近でゆるキャラ達が沿道応援していた。

ネットで調べてみると、
向かって右の赤いゆるキャラは、ガネッタ(佐賀県太良町の名物、竹崎カニをイメージした男の子)。
左端の黄色は、かし丸くん(佐賀県鹿島市をPRするゆるキャラ。キツネは祐徳稲荷神社をイメージか??)。
50


個人的には名前を知らない、いわゆるマイナーなゆるキャラ達。

更にネットで調べてみると、向かって左から、
●こい姫(小城藩名家のお姫様で、佐賀県小城市名物の鯉料理をイメージ)、
●ようかん右衛門(こい姫に恋する侍で、小城市の小城羊羹をイメージ)、
●多久翁さん(佐賀県多久市の観光大使で、本と女山大根を持っている)
●つきみん(月の引力が見える町の佐賀県太良町と特産品のみかんをイメージした女の子)
らしい。

暑い中、お疲れ様です。
51