【2014年07月12日(土)】 キッチン丸山@顕徳町(大分市)
とり天大盛りセット、丸山セット
24b

大分県巡り一泊二日の初日。

「美味しいとり天を食べたい」とのリクエストがあり、別府市から大分市へ移動して、
大分名物のとり天や洋食を楽しめる老舗のキッチン丸山@顕徳町(大分市)さんを再訪。

とり天発祥と云われるお店は県内に三軒ほど存在していたが、
残念ながら今年の1月下旬にいこい食堂@鶴崎(大分市)が閉店し、
東洋軒@石垣東(別府市)と丸山@顕徳町(大分市)となった。

大分市内に居ると鶏からあげよりとり天を食べる機会の方が多く、
市内では貴重な満足度の高いお店のひとつ。

ここ数年「中津からあげ」や「宇佐からあげ」の全国的なブレイクにより
以前より隠れがちになってはいるが、
大分県内で親しまれている大分名物のひとつ「とり天」。

一口サイズのとり肉に下味を付け、てんぷらの衣を付けて油で揚げ、
キャベツの千切り等の野菜と一緒に盛り、
その上でカラシを添えた酢醤油等のタレを付けて食べるスタイルが一般的。
とり肉は骨無しで、モモ肉、ムネ肉、ささみ等お好みで。

個人的に子供の頃は中津市周辺で親しまれているような
アツアツで味濃いめの「とりの唐揚げ」を食べる機会の方が圧倒的に多く、
高校時代に住んでいた大分市でも「とり天」を食べる機会はそれ程多くはなかった。
当時はお弁当屋さんのメニューで何度か購入したくらいかな。
今では郷土料理として「とり天」を大分県内の飲食店やお惣菜等で気軽に楽しめる。
美味なかよし@大分市21



別府市から別府湾沿いを走る別大国道を利用して大分市の中心街へ向かう。

距離はそこそこあるものの、車の流れが良いのでストレス無く進む。
県外の方々には別府と大分間は遠いイメージがあるようだが、
個人的には天神〜西新間より楽というくらいの移動感覚。

こちらは車窓から眺めたJR大分駅の再開発。
10


入り込んだ住宅地にありながらも繁盛している人気店。
11


店内は8割の入り。
テーブル席に通され、とり天大盛りセットと丸山セットをお願いした。
10


こちらはとり天用の酢醤油とセルフカラシ。
15


とり天大盛セットが配膳。
21


大盛りライスではなく、とり天が増量された「とり天大盛りセット」。

揚げ立て熱々、衣は薄く軽やかでじゅわりとした肉汁もしっかり。
下味もしょっぱ過ぎず、程よい仕上がりで好感。

中盤戦からセルフカラシを付けて味の変化を楽しむ。
やっぱり美味しいねー

とり天増量の食べ応えある嬉しいメニュー。
丸山セットと分け合って食べ進んだ。

ごちそうさまでした。
25


23
キッチン丸山 大分市顕徳町1-6-15 とり天大盛りセット
訪問履歴
2014_07_12 とり天大盛りセット、丸山セット
2013_
2012_05_17 とり天大盛りセット950円
2012_03_17 とり天大盛りセット950円
2011_
2010_
2010_
2009_
2009_
2008_
2008_
2007_12_26 丸山セット 1250円
2007_12_26 とり天大盛セット
2007_01_27 丸山セット 1250円
2006_02_25 とり天セット 650円



こちらは丸山セット。
30


いわゆる大人のお子様ランチ的な贅沢版の丸山セット。

大皿にローストチキン、ヒレカツ、ハンバーグ、ハム、エビフライ、
パスタ、ポテトサラダが添えられ、スープ(味噌汁)やライスが付く。

切り分けた大ぶりのローストチキンはしっとりとした肉汁ある仕上がりで、
こちらも食べ応えあるもの。

ごちそうさまでした。
32


33


34
キッチン丸山 大分市顕徳町1-6-15 丸山セット
訪問履歴
2014_07_12 とり天大盛りセット、丸山セット
2013_
2012_05_17 とり天大盛りセット950円
2012_03_17 とり天大盛りセット950円
2011_
2010_
2010_
2009_
2009_
2008_
2008_
2007_12_26 丸山セット 1250円
2007_12_26 とり天大盛セット
2007_01_27 丸山セット 1250円
2006_02_25 とり天セット 650円