【2014年09月13日(土)】 蔦の葉(つたのは)@巣鴨(東京都・豊島区)
塩そば
37b

東京巡り二日目の昼は、Japanese Soba Noodles 蔦(つた)@巣鴨(豊島区)が手掛けた
2号店となる、蔦の葉(つたのは)@巣鴨(東京都・豊島区)さんを訪問。

今年の東京で個人的に特に楽しみにしていた新店であり、
天然素材を活かして作り込まれた一杯を味わえる。
今のところ出汁の主軸を鴨と煮干しに特化して、本店とは差別化されたメニューを展開中。

本日は肉増し醤油そば、塩そば、醤油つけそばの三種を楽しむことに。
肉増し醤油そばに続き、同行者に注文してもらった「塩そば」を。

地下鉄東京メトロ日比谷線で東銀座から日比谷へ向かい、
都営三田線乗換にて巣鴨方面へ。

都営三田線の巣鴨駅で降り、二年ぶりに訪れた巣鴨地蔵通商店街。
50


今回もとげぬき地蔵尊として親しまれている高岩寺(曹洞宗萬頂山高岩寺)へ。
洗い観音(二代目)前には長蛇の列が形成されていた。
63


ラーメンを示すような大きな目立つ看板や暖簾の無い蔦の葉の店舗外観。
開店前に到着し、暫し店頭で待った。
10


開店後、店内の食券機で肉増し醤油そば、塩そば、醤油つけ麺を購入。

ちなみにこの説明書きは昨夜の
両国宴でご一緒した
イラストレーターの
青木健さん(ラ部)さんによる作品だった。
15


16


こちらは同行者に注文してもらった「塩そば」。
36


表面に脂が漂う、透明感を残した黄金色の美しいスープ。
如何にも質感ある肉々しいチャーシューと太メンマ、
そして刻みタマネギやベビーリーフ等の緑が添えられている。

塩ダレが程よく主張し、旨みの厚みを増したように感じたふくよかな味わい。
獣や魚介、そして野菜等のうまみとやさしい香りが心地よく重なる。

確かに「醤油そば」の方が明快で鋭くインパクトがあるものの、
食べ進むとより一層日常的に親しめそうな「塩そば」の良さが伝わってきた仕上がり。
あぁ〜 こちらも美味しいねー

全卵を使用したという麺は、班が浮いたストレートの自家製中細麺。

天然素材を活かした旨みと香り溢れる美しいラーメンで、
こんな手づくり感ある作り込まれた一杯を味わえて嬉しい。

掲示された説明書きによると、
煮干しや真昆布などの乾物のダシと大量の肉の旨味を合わせた
 味わい深い塩ダレ。

 鴨だし煮干スープは、鴨の丸鳥と香味野菜の旨味を長時間かけて
 じっくり抽出したスープに濃密な魚介ダシをバランス良く合わせました。

 本店にて製麺の自家製麺は、北海道産強力粉・栃木県産中力粉に
 長野県産石臼挽き全粒粉を独自ブレンドし、
 全卵・天然内モンゴルかんすいを使用しています。

 肉は、醤油ベースのタレに長時間の低温調理で旨味ある肉に仕上げました。

 メンマは、丸鶏スープに肉を漬け込んだ醤油ダレや赤ワインで味付けした
 食べ応えある極太メンマです。
』とのこと。

ごちそうさまでした。
37


38
蔦の葉(つたのは) 東京都豊島区巣鴨4-24-6 塩そば





こちらは肉増し醤油そば画像。
20



こちらは醤油つけそば画像。
40



こちらは塩そば画像。
36




以下は2012年11月23日に食べた蔦(つた)本店@巣鴨(豊島区)の画像。
「醤油そば750円」。
40
Japanese Soba Noodles 蔦(つた) 東京都豊島区巣鴨1-14-1 醤油そば750円



こちらは「塩そば750円」。
30
Japanese Soba Noodles 蔦(つた) 東京都豊島区巣鴨1-14-1 塩そば750円



こちらは「煮干そば750円」。

20
Japanese Soba Noodles 蔦(つた) 東京都豊島区巣鴨1-14-1 煮干そば750円