【2014年09月13日(土)】 雷門(風雷神門)@浅草(東京都・台東区)
浅草寺
30b

青空の快晴となった東京巡り二日目の午後は、ベタな東京観光をしようと、
浅草から水上バス TOKYO CRUISEでホタルナに乗船し、
隅田川を12橋くぐりながら浜離宮経由で日の出桟橋までクルーズ。

予約は午後3時過ぎの便だったので、出発までの時間を利用して浅草界隈をぶらり。
先ずはいつもの浅草寺の山門、雷門(風雷神門)から。

トイ・ボックス@三ノ輪(荒川区)から地下鉄で浅草へ移動し、
地上に出ると快晴の青空を背景にした東京スカイツリーが現れた。
20


東京スカイツリー上からの展望も綺麗だったことだろう。
21


こちらは昨年東京スカイツリー上から眺めた隅田川。
右手前が浅草で、中央に丸の内のビル群。
中央奥には富士山。
70


手前に隅田川と浅草寺、中央の緑地は上野公園。
72


浅草寺周辺をアップすると、
参道を含め宝蔵門、五重塔、本堂がクッキリ。
71



向かいにある水上バスTOKYO CRUISEの出発口は大賑わいの様子。
40


かなり混雑していた水上バスTOKYO CRUISEの予約受付を訪れ、
乗船手続きを済ませて一応乗り場を確認。
これほど賑わうとさすがに事前ネット予約しておいて良かった。
23


航路表示。
24


隅田川の対岸には東京スカイツリーとアサヒビアホール。
川には頻繁に船が行き交う。
25


出発までの時間を利用して浅草界隈をぶらり。
先ずはいつもの浅草寺の山門、雷門から。
30


もう何度目の訪問となるか分からない朱塗りの雷門(風雷神門)。
風神・雷神像(風神像、雷神像)と龍神像(天龍像、金龍像)が奉安。
松下電器創始者松下幸之助氏の寄進によって復興再建されたとのこと。

最初に浅草寺を訪れたのは学生時代。
1998年10月には良くも悪くも老舗の大黒屋本店で
ごま油が香る黒っぽい大海老天丼を食べていた。
31


奉納した「松下電器」が今尚旧社名のまま刻まれた大提灯。
32


賑わう参道に連なる仲見世通りを進み、浅草寺参拝へ向かう。
遠方に宝蔵門が見えた。
33