【2014年09月14日(日)】 国立新美術館@六本木(東京都・港区)
オルセー美術館展 −印象派の誕生 描くことの自由−
20b

昨年の「印象派を超えて点描の画家たち」というゴッホ、スーラからモンドリアンまでと
掲げられた展示以来の再訪となった、国立新美術館@六本木(東京都・港区)

今年はフランスのパリ・オルセー美術館所蔵作品を「印象派の誕生 −描くことの自由−」
と掲げたかなり充実した展示を鑑賞。
期間は、2014年7月9日(水)から10月20日(月)まで。

有名な画家ではマネ、モネ、ルノワール、セザンヌ、シスレー、ドガ、コロー、ミレー等々。
作品では、マネの笛を吹く少年、ミレーの晩鐘、モネのアルジャントゥイユのレガッタや草上の昼食、
ドガのバレエの舞台稽古等々の実物を楽しめたのは特に嬉しかった。

要町から地下鉄で明治新宮前で乗り換え、東京メトロ千代田線の乃木坂へ移動。
国立新美術館@六本木は乃木坂駅から直結されている便利な立地。

昨年の「印象派を超えて点描の画家たち」というゴッホ、スーラからモンドリアンまでと
掲げられた展示以来の再訪となった、国立新美術館@六本木(東京都・港区)。

館内は東京の展示だけにやはり酷い混雑だったが、
緩急を付けながらじっくり鑑賞。
21


今年はフランスのオルセー美術館所蔵作品を「印象派の誕生 描くことの自由」
と掲げたかなり充実した展示。
これほど内容が厚く、良いとは嬉しい誤算。

有名どころの画家ではマネ、モネ、ルノワール、セザンヌ、
シスレー、ドガ、コロー、ミレー等々。

作品では、マネの笛を吹く少年、ミレーの晩鐘、
モネのアルジャントゥイユのレガッタや草上の昼食、
ドガのバレエの舞台稽古等々の実物を楽しめたは特に嬉しかった。

持ち歩くのは重いけれど、いつものように図録を購入。
20
国立新美術館 東京都港区六本木7-22-2 一般1600円