【2014年10月12日(日)】 純手打うどん よしや@飯野町(香川県・丸亀市)
ひやひや+ゲソ天
51b

香川県さぬきうどん遍路二日目の2杯目は、個人的に最優先して食べたいと思っている、
純手打うどん よしや@飯野町(香川県・丸亀市)さんを再訪。

二日連続の訪問となったのでケパサさんはパスして、私のみが入店。
すると私が食べている間に駐車場では若者客達の車が少し高めの縁石に乗り上げての
パンクトラブルが発生したそうで、タイヤ交換を手伝っていたそうだ。
さすが昭和育ちの年の功ですなぁ。
後ほど、その若者達と開店直前のなかむら@飯山町前でも偶然会ったので大丈夫だった様子。

本日で16度目となり、「美味しい」という言葉なんかよりも明快な行動に表れており、
さぬきに滞在した三日間連続で朝イチ開店と同時に訪問し、
台風が迫った最終日の朝は、よしやさんだけで3杯連食してしまった。

二日目の朝は単独で、ひやひや+ゲソ天を味わった。

善通寺市の大平製麺さんから丸亀市へ移動して、
よしや@飯野町(丸亀市)さんの開店間もない時間帯に到着。

看板には屋号の下に「ALL HANDMADE UDON FACTORY」と掲げられてある。
50


「ひやかけ」をお願いして、トッピングを確認。
すると今朝は牛スジコロッケが無く、ゲソ天のみを選択した。

自分でセルフネギを添えて精算。
20


本日は幾分硬めに振れた感じの表情で、気持ち太めの仕上がり。
むっち・にっちんとした素朴な剛食感の麺。
いわゆる演出弾力や伸びはなく、噛み込んで楽しむ。

三日間連続で食べた中では、
この二日目の麺の食感が最も美味しかった印象。

ひやダシは風味と旨みがズドンと迫り、しみじみ旨い。
トッピングはゲソ天を選択。

よしやさんの最大の魅力は作り手の意欲を感じられる、
おもてなしの心が詰まった一杯を堪能できること。
麺は今やさぬきでも珍しい、機械を一切使わない完全手打ちの包丁切り麺で、
手練り(手合わせ&まとめ)、足踏み、手こね、手延し、包丁手切りされたもの。
素朴な食感と味わいを存分に楽しめる、手の温もりある一杯だ。
しかも早朝7時から開店してくれるという、心意気にも是非応えたい。

ごちそうさまでした。
21


23


30
純手打うどん よしや 香川県丸亀市飯野町東二343-1 ひやひや
+ゲソ天
訪問履歴
2014_10_13 ひやひや+ゲソ天+あげ
2014_10_13 ひやあつ+特上ちくわ天
2014_10_13 ひやひや+ゲソ天 (ひやあつ+天)
2014_10_12 ひやひや+ゲソ天
2014_10_11 ひやひや+特上ちくわ天 (ひやひや+温泉たまご天)
2013_11_04 ひやあつ+牛すじコロッケ
2013_11_04 ひやひや+ゲソ天
2013_11_03 ひやひや+ゲソ天
2013_11_02 ひやかけ+ゲソ天
2012_09_17 ひやひや+ゲソ天
2012_09_16 ひやひや+ゲソ天
2012_09_15 ひやひや+ゲソ天
2011_07_18 ひやあつ+ゲソ天
2011_07_17 ひやあつ+ちくわ天+レンコン天
2011_07_17 ひやひや+ゲソ天
2009_10_12 ひやひや+ゲソ天
2009_10_10 かまたま+ゲソ天
2009_10_10 ひやあつ+ちくわ天
2009_07_18 ひやひや+ゲソ天 


店舗外観。

51