【2014年10月12日(日)】 やまうち@まんのう町(香川県・仲多度郡
ひやひや+ゲソ天
10b

香川県さぬきうどん遍路二日目の6軒目は、素朴な製麺所型店の味と雰囲気を楽しもうと、
やまうち(山内)@まんのう町(香川県・仲多度郡さんを再訪。

個人的に8度目の訪問となった、いわゆるさぬき屈指の有名人気店のひとつで、
山の中に隠れたような怪しい立地や長閑なロケーション、
そして大量の薪が山積みされた姿や香り、飾りっ気のない店舗も魅力的。

うどんは捻じれた活きた麺とイリコが効いたダシ、
そしてトッピングでは藤原屋製の名物ゲソ天等も揃う。

私は「ひやひや+ゲソ天」を選択し、
ケパサさんには、「ひやあつ+ゲソ天」をお願いした。

高瀬町(三豊市)からまんのう町(仲多度郡)へ移動。
線路を渡った先に草臥れた「うどん」の看板を確認。
51


「うどん」の看板に従って坂を車で登る。
50


くねっと曲がった山道の先に、ぱっと視界が開けるインパクトあるアプローチ。
11


大型台風19号が迫った三連休の中日は静か。
店頭に行列は形成されてなく、直ぐに食べられそうだ。
13


飾りっ気のない店舗は、薄暗めで結構広い。
10


厨房前で「ひやあつ」をお願いし、
小皿に大ぶりのゲソ天を加えて精算。
32


本日は幾分細めに振れ、より滑らかに感じた伸びやかな麺。
ぶるんとして、むんに・ぐんに・にっちんとした心地良い活きた食感。

かけダシはイリコが効いた讃岐らしい風味ある味わい。

トッピングで取った藤原屋さん製の衣厚めなゲソ天は約一年ぶり。
訪問するお店の関係で、以前より食べる機会が減ってしまっている。

山の中に隠れた怪しい立地や長閑なロケーション、
そして薪が山積みされた田舎を醸し出す製麺所型店の雰囲気も魅力的。
薄暗い店内にゆったりとした時間が流れ、あらゆる意味で素朴な一杯を満喫できる。

ごちそうさまでした。
33


34


藤原屋さん製のゲソ天。
40


41
やまうち(山内) 香川県仲多度郡まんのう町大口1010 ひやあつ+ゲソ天
訪問履歴
2014_10_12 ひやひや+ゲソ天 
2013_11_04 ひやひや+イワシ天+ゲソ天
2013_11_04 ひやひや+ゲソ天+ちくわ天
2009_07_19 ひやひや(大)+ゲソ天
2007_07_15 ひやあつ(小)
2005_09_18 ひやあつ
2004_10_10 ひやあつ
2003_10_12 ひやあつ+ゲソ天
2002_11_02 ひやあつ



こちらはケパサさんにお願いした、「ひやあつ+ゲソ天」。
20



以下は2009年7月19日の午前9時台に訪れた際の長蛇の列。
やまうち@まんのう町12


待ち客の最後尾は竹林沿いの随分先に。
やまうち@まんのう町13


回転率はそこそこ。
炎天下でひたすら待った。
やまうち@まんのう町14