【2014年10月13日(月祝)】 瀬戸大橋を渡って岡山へ脱出
大型台風19号接近
20b

風雨を伴った大型台風19号接近につき大幅な予定変更を強いられた
香川県さぬきうどん遍路三日目の朝。

丸亀市でも既に時折厳しい強風が突きつけている為、
よしや@飯野町(丸亀市)さんでの三連食を〆として泣く泣く出発することに。

平均風速25m以上で瀬戸大橋が通行止めとなってしまうことを恐れ、
予定を切り上げて午前7時半過ぎには坂出ICに飛び乗り、
強風が吹きつける瀬戸大橋を渡って岡山県倉敷市へ脱出。

既に時折厳しい強風が突きつけている為、
よしや@飯野町(丸亀市)さんでの三杯連食を〆として、泣く泣く出発することに。
20


風速25m以上で瀬戸大橋が通行止めとなってしまうことを恐れ、
予定を大幅に変更して午前7時半過ぎには坂出ICに飛び乗り、
強風が吹きつける瀬戸大橋を渡って岡山県の倉敷市へ脱出することに。

本四高速の公式サイトによると、
本四道路では、10分間の平均風速が25m/sを超える強風が吹くことが予想される場合には
 早めに全車通行止めを実施しております。
』とのこと。

讃岐富士ともお別れ。
21


坂出ICから高速に乗り、瀬戸大橋へ進む。
31



海上はびゅぅぅぅぅ〜〜〜〜っと強風が吹きつける怖い状況。
速度を落としてゆっくり走行。
34



35



40


岩黒島橋(斜張橋)。
42


岡山が近づき、無事渡り切って安堵。
43



こちらは最寄りの鴻ノ池SAでケパサさんが購入した、はりや@郷東町(高松市)のお土産うどん。
私はいつものお土産菓子、灸まんを。
50



こちらは初日の10月11日(土)にはりや@郷東町(高松市)さんを訪れた際に
私が注文したきつねうどん(麺そのまま)。
20


大ぶりのあげが二枚添えられた、きつねうどんの麺そのまま。

ぶるるんとして、如何にもビチビチした艶やかな麺は、
むんに・ぐんに・にっちんとして、にぃーんと伸びる熟成した弾力食感で、
鍛えられて活きたもの。

一般店らしくダシも美味しく、二枚の厚みのあるきつねも上手にサポート。
こりゃ旨いねー

意図的にメディア露出を極力控え、早くから旨いとの評判店となり、
口コミ主体で人気は今尚衰えていない。
日祝定休で午前11時開店の昼のみ営業なので三連休に早朝から中讃や西讃を
巡る観光客にはわざわざ高松市へ向かう必要が生じ、食べる機会は作り難いだろう。
21


22
はりや 香川県高松市郷東町587-174 キツネうどん(そのまま)
訪問履歴
2014_10_11 キツネうどん(そのまま)
2012_09_15 ぬるキツネうどん(特別仕様版)
2012_09_15 かしわざる
2009_10_10 イカ天ざる
2007_07_14 かしわざる
2005_09_17 かしわざる
2004_10_09 かしわざる



こちらはケパサさんが注文した「かしわざる」。
30


揚げ立て熱々の大ぶりかしわ天が5個も添えられた、
ボリュームある看板メニューのかしわざる。
今回は注文の段階で麺は少なめでお願いした。

水洗いされた如何にもビチビチして、艶やかなぶるるんとした麺。
むんにゅ・ぐんに・にっちんとして抗い、
にぃーんと伸びる熟成した弾力食感で、鍛えられて活きたもの。

全体的に一般店らしい質感があり、
つけ汁は華のある風味と旨みがあり、甘みがぎっちり主張する。

はりやが繁盛した影響で、その後他店のトッピングメニューにかしわ天や鶏から揚げが溢れるようになり、
一時かしわ天を看板メニューにしたような新店が続々出現。
個人的に山越@綾川町(綾歌郡)のトッピングにまで鶏からあげの串が現れた時には驚いた。
31


32
はりや 香川県高松市郷東町587-174 かしわざる


食後店内にも待ち客が壁沿いに沢山居る上に、店外にも行列が発生していた。
11



岡山県に入ると雨は止み、一時的に風も随分弱まった印象。

ピンチはチャンス、せっかくなので尾道ラーメンと尾道焼(お好み焼)狙いで
観光を兼ねて広島県の尾道市へ向かうことに。
これが嬉しい誤算で、とても充実した一日となった。
60