【2015年05月02日(土)】 陽気@大手町店(広島市・中区)
中華そば
21b

5月2日(土)の早朝から一泊二日で広島巡りへ出発。
個人的に恒例の東京巡りや香川さぬきうどん巡り等、毎年広島市を陸路で通過しており、
いつでも立ち寄れるという思いが寧ろ邪魔してしまい、今回ようやく実現。

夕方4時から営業が始まる広島を代表する存在の有名老舗、
陽気 本店@江波南(広島市・中区)さんで啜る前に、広島市の中心街で昼夜営業している
陽気@大手町店(広島市・中区)さんを訪問し、「中華そば」を味わった。

午前4時過ぎに出発し、北九州市経由で広島市へ向かう。

山口県に入った高速道路上りの流れは順調で、
対向する下りは車が連なって多い印象。

広島県に入ると正面に瀬戸内の海が現れた。
廿日市JCTから西広島バイパスに入り、廿日市市の佐方PAでひと休み。
61


沿岸部を縦断する立体的で贅沢な道路を走行。
さすが広島と思わせてもらえた景観と近代的な造り。
62


広島高速3号線の無料区間を通る形で江波山公園周辺へ近づき、
一本小道へ入ると瞬時に生活感溢れる街並みとなった。
63


地元密着であろうお好み焼店を横目に小道を少し進んで、
先ずは陽気 本店@江波南(広島市・中区)さんの店舗を確認。
こちらは夕方4時からの営業なので陽気@大手町店へ移動して先に食べることに。
50


沿岸部の江波南から広島市の中心街へ移動し、
広島市中心街の鯉城通り沿いの路面店、陽気@大手町店の店舗を確認。

平和記念公園周辺をぐるりと車で巡った後、中国電力本社近くの強気な価格設定だった
コインパーキングに停めて、歩いて向かった。

開店までの時間を利用して徒歩で周辺をぶらり。
平和大通りは多くの屋台が出たりと「平和の花の祭典、ひろしまフラワーフェスティバル2015」の準備中。
51


NHK広島放送局前。
50


平和記念公園。
53


快晴となった青空の下、平和記念公園の先に原爆ドーム(元広島県産業奨励館)が佇む。
暫し祈らせて頂いた。
52


54




開店時間となり、暖簾が出て入店。
10


手前の食券機で「中華そば」を選択。
20


大手町店は郊外の本店とは対照的に、
平和大通りに交差する広島市中心街の鯉城通り沿いで営業している路面店。

明るい黄みを帯びた獣(豚&鶏)や野菜出汁等の濁ったスープ。
過剰な濃度や脂はなく、明快に醤油ダレが主張し、
つんと香味が湧く落ち着いた味わい。

細もやしが盛られ、チャーシューが四枚添えられていた。
麺は、ストレート中細麺。

昭和33年創業という屋台を引き継いだ、
今や広島を代表する有名老舗、陽気の屋号を冠した大手町店。

ごちそうさまでした。
21


22
陽気@大手町店 広島市中区大手町3-1-6 中華そば600円