【2015年4月25日(土)】 縁らぁめん@都農町(宮崎県・児湯郡)
トマトらぁめん+別皿いぶしチャーシュートッピング
34b

GW突入前に早朝から離れた宮崎へ。

先ずは長閑な児湯郡都農町で無化調&自家製麺にて綺麗な手づくり御当人ラーメンを
直向きに提供し続けている自家製麺 縁らぁめん@都農町(宮崎県・児湯郡)さんを再訪。

看板メニューの「しなそば塩+いぶしチャーシュー入りトッピング」に続き、
限定創作メニューの「トマトらぁめん+別皿いぶしチャーシュートッピング」を味わった。
公式サイトによると、御主人がこんなおいしいトマトが他にあるのかと紹介していた
「門川町の新門農園のこだわりトマトを使った贅沢な一品です。」とのこと。

こちらも美味しいねー

早朝から宮崎県を目指して出発。

一般道を走行して大分市を経由して佐伯市へ向かう。
こちらは湯布院で車窓から眺めた朝焼けを背景にした由布岳。
10


大分市を通過して犬飼へ。
GWらしく鯉のぼりが沢山泳いでいた。
11


佐伯ICからは延岡南ICまで真新しい無料区間高速道路をすいすい南下。
20


北浦では左手に海がみえた。
21


延岡南ICで降りて一般道を南下。
日向でひと休みして、日向灘を暫し眺めた。
33



31


多くのサーファー達が楽しんでいた。
30




少し先にあった道の駅日向に立ち寄り、眺めた海。
寿司やチキン南蛮に惹かれるも割愛。
40



ワイナリーがあったりと長閑な都農町(宮崎県児湯郡)。

手前の道の駅つの@都農町でひと休み。
出来たての弁当や寿司が並び、購入するか激しく迷った。

開店時間が近づき、手慣れた感じで縁らぁめん@都農町さんへ向かう。
カーナビは当てにならないので、記憶を頼りに近づいた。
10


立て看板には気づくことなく到着。
50


51


こちらは店舗裏に広がっていたキャベツ畑。
11


先ずは「しなそば塩+いぶしチャーシュー入り」をお願い。
食後、お代わりで「トマトらぁめん+別皿いぶしチャーシュートッピング」もお願いした。
15



「トマトらぁめん+別皿いぶしチャーシュートッピング」が配膳。
30


赤い器で提供された、ほんのり赤く染まった創作メニューの「トマトらぁめん」。
中央に刻み青ネギと白ネギが盛られ、そしてキャベツが加わる。
いぶしチャーシュートッピングは別皿でお願いした。

表面に脂の輪が漂い、幾分透明感を残したくらいのさらりとしたスープ。
如何にもトマトを投入したド派手な赤いドロスープでもスライストマトで飾り上げるでもなく、
あくまで奥ゆかしい旨い出汁として活かした創作麺。

トマトらしい風味がふわんと舞い、酸味とあまみが塩ダレで引き締められ、
ベースの獣、魚介、乾物等の穏やかな出汁が支え、うまみがゆっくり膨らんで奥行きがある。
こちらも個性があり美味しいねー

炭火で燻しローストされた「いぶしチャーシュー」は、にちりと噛み締めて豚肉本来の旨みと
脂をそれぞれしっかり楽しめる存在感あるもの。

自家製と謳われた麺は、むち・にちとした心地よい食感で、
軽く班が浮いた伸びやかな中細麺。

作り手の意欲をビシビシ感じられた
無化調&自家製麺の手づくり感溢れる創作麺。

公式サイトによると、
御主人が「こんなおいしいトマトが他にあるのか」と紹介していて、
「門川町の新門農園のこだわりトマトを使った贅沢な一品です。」とのこと。

ごちそうさまでした。
32



33



34


35
自家製麺 縁らぁめん 宮崎県児湯郡都農町三ヶ月原1140-65番地
トマトらぁめん900円+別皿いぶしチャーシュートッピング250円

訪問履歴
2015_04_25 トマトらぁめん+別皿いぶしチャーシュートッピング
2015_04_25 しなそば塩+いぶしチャーシュー入り
2012_07_16 支那そば醤油
2012_07_16 支那そば塩