【2015年09月20日(日)】 蔦の葉(つたのは)@巣鴨(東京都・豊島区)
塩そば
30b

Japanese Soba Noodles 蔦(つた)@巣鴨(豊島区)が手掛けた2号店となる、
蔦の葉(つたのは)@巣鴨(東京都・豊島区)さんを再訪。

本店とは差別化された鴨出汁に特化しており、
こちらも天然素材を活かして作り込まれた質感ある一杯を楽しめる。

本日は、「塩そば」を味わった。

蔦(つた)@巣鴨(豊島区)さんで「醤油そば+味玉」を味わった後、
セカンドブランドの蔦の葉@巣鴨(豊島区)さんを再訪することに。

「おばあちゃんの原宿」と呼ばれる、巣鴨地蔵通商店街を歩いて進む。
20



シルバーウィークも重なり、結構な賑わい。
塩豆大福等はとにかく蔦の葉@巣鴨さんで食べてからと。
21



とげぬき地蔵尊として親しまれている高岩寺(曹洞宗萬頂山高岩寺)。
食後立ち寄った洗い観音(二代目)前には、長蛇の列が形成されていた。
22



23



ときわ食堂@巣鴨前には結構な行列が形成されていた。
24



蔦の葉@巣鴨さんに到着すると店内は満席で、10名くらいの待ち客あり。

するとスタッフさんから「連食、ありがとうございます」と笑顔で声を掛けられて驚き。
蔦@巣鴨で朝から開店を待っていた際にお会いしていた事に一瞬遅れて気付いてお応えした。
忙しい中でもさすがだなーっと感心。
10


店内の食券機で「塩そば」を購入。

ちなみにこの説明書きは昨年の両国宴でご一緒した
イラストレーターの青木健さん(ラ部)さんによる作品だ
16



「塩そば」が配膳。
24


表面に妖しく脂が漂う、透明感を残した飴色の美しいスープ。

チャーシューが豚から鴨へ変更され、切り口が赤いレア鴨チャーシューと太メンマ、
そして刻み白ネギや鮮やかな葉もの緑が加えられている。

塩ダレが程よく主張し、旨みの厚みを増したように感じるふくよかな味わい。
鴨を中心とした獣や煮干し等の魚介出汁、
そして野菜等のうまみとやさしい香りが心地よく重なる。

直前に本店の蔦@巣鴨さんで「醤油そば+味玉」を味わっていたので、
食べ進むと日常的に親しめそうな「塩そば」の良さが伝わってきた仕上がり。
こちらも美味しいですねー

班が浮いた自家製の麺は、硬め食感のストレート中細麺。

本店とは差別化された鴨出汁に特化しており、
こちらも天然素材を活かして作り込まれた質感と手づくり感ある一杯を楽しめた。

掲示された説明書きによると、
塩そばは、うるめ鰯、片口鰯、真昆布などの乾物ダシと
 大量の肉の旨味を合わせた深みのある塩ダレ。
 (濃密に仕上げた塩ダレはスープの余韻をさらに引き立てます)
』とのこと。

ごちそうさまでした。
21


23
蔦の葉(つたのは) 東京都豊島区巣鴨4-24-6 塩そば

訪問履歴
2015_09_20 塩そば
2014_09_13 醤油つけそば
2014_09_13 肉増し醤油そば、 塩そば





こちらは2014年09月13日に食べた際の「塩そば」。
36




こちらは2014年09月13日に食べた際の「肉増し醤油そば」画像。
20




こちらは2014年09月13日に食べた際の「醤油つけそば」画像。
40