【2016年01月04日(月)】 やす武@太宰府天満宮参道(福岡県・太宰府市)
おろし蕎麦大盛り
20b

正月四日は、朝から九州国立博物館@太宰府市で開催されている
アフガニスタン展』を鑑賞する前に、太宰府天満宮を参拝。

鑑賞後は混雑していた参道を進み、
蕎麦店のやす武@太宰府天満宮参道さんを再訪。

こちらは蕎麦だけでなく名物の「梅ヶ枝餅」も人気があり、
おろし蕎麦大盛り」も味わった。

太宰府天満宮を参拝。
20



屋台が連なる。
21



賑わう表参道。
23




個性的なスタバ@太宰府天満宮表参道店さんもすっかり観光スポットに。

公式サイトを確認すると、
『建築家 隈研吾氏により「自然素材による伝統と現代の融合」というコンセプトをもとに
 設計されました云々』とのこと。

昨年末に選ばれた2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場の
「木と緑のスタジアム」案でも俄然注目されている建築家さんによるものですね。
24



蕎麦店のやす武@太宰府天満宮参道さんを再訪。
こちらは蕎麦だけでなく名物の梅ヶ枝餅も人気がある。
10


奥に広い店内まだ空いていて、奥のテーブル席に通された。
退店する頃には満席に。

梅ヶ枝餅を食前に2個と、
蕎麦は二人で「おろし蕎麦の大盛り」と「大ざる蕎麦」をお願い。

先ずは梅ヶ枝餅が配膳。
20



蕎麦だけでなく名物の『梅ヶ枝餅』も人気があり、
さっそく蕎麦を啜る前に焼立てを味わう。

十年くらい前てんもりさんに連れて行って頂いて以来、
九州国立博物館での展示鑑賞や太宰府天満宮参拝後に
利用することが増えている。
22





続いて「おろし蕎麦の大盛り」が配膳。
30


おろし蕎麦の大盛り冷やは、
表面を覆うように添えられた和の具材が賑やか。

手打ち&細切りされた蕎麦は白めで、
風味自体は噛み込んでも微香。
水洗いされた蕎麦は冷たく、ハリのある食感で、
喉越し重視という印象。

かけつゆは出汁が利いた
ゆさしいあまみのある親しみ易い仕上がり。

ごちそうさまでした。
32


33
やす武 福岡県太宰府市太宰府天満宮参道 おろし蕎麦の大盛り
訪問履歴 多数




こちらは「大ざる蕎麦」。
40





退店すると、表参道の賑わいが更に増していた。

61