【2016年05月07日(土)】 文龍・菊陽バイパス店@菊陽町(熊本県・菊池郡)
文龍とんこつラーメン黒
21

2016年4月16日(土)深夜の午前1時25分に発生した熊本地震本震(M7.3) から21日。
現在も強めの余震が連日続き、大分でも更なる強震に怯えながら過ごしているが、
各々目の前の仕事をして日常生活を取り戻しつつあり、とにかく余震の収束を待ち望んでいる。

静かな内牧温泉街から赤水を山側へ迂回して大津へ進み、
濃厚な豚骨ラーメンを楽しめる、火の国 文龍@菊陽店(熊本県・菊池郡)さんを再訪。

国道57号線沿いの店舗は、甚大な被害に遭った益城町に隣接する菊陽町だっただけに、
営業していて安堵。

店頭には「熊本で最強のこってりラーメン、俺はこのラーメンしか作れない」と
誇らしげに掲げられており、看板メニューの「文龍とんこつラーメン黒」を味わった。

静かな内牧温泉街から大津方面へ移動開始。
内牧温泉街周辺は、熊本地震によって所々大きな段差が発生していた。
85



阿蘇は雲の中。
30



南阿蘇村の阿蘇大橋周辺は通行止めなので、
赤水を山側へ迂回して大津へ進む。
40



51



ぐるりと迂回して大津へ。
60



火の国 文龍@菊陽店(菊池郡)さんを再訪すると、
店内は満席で、店頭に行列中。

現在地震によって熊本への観光客は激減していると思われるので、
地域の方々に親しまれていることが伝わってきた。

紺色の暖簾には屋号と共に「1998」と掲げられてある。
10


11


賑わう店内の食券機で「文龍とんこつ黒」を選択。
こちらは卓上に置かれていたセルフニンニク。
15



「文龍とんこつ黒」が配膳。
20


如何にも濃厚そうな茶濁した表情。

ワイルドな獣の匂いある濃厚な茶濁豚骨スープの迫力ラーメン。
醤油ダレが主張して旨みが明快に膨らむ。
うはは、やっぱり美味しいですねー

中盤戦から、レンゲに添えられた辛味噌を徐々に溶きながら楽しみ、
後半は、卓上のセルフニンニクも加えた。

自家製麺は、むち・にちした食感の幾分波打った中麺。

店頭には「熊本で最強のこってりラーメン、俺はこのラーメンしか作れない」と
誇らしげに謳われている。

日常を取り戻しつつある熊本。
ごちそうさまでした。
21



22
火の国 文龍@菊陽バイパス店 熊本県菊池郡菊陽町津久礼164-8 文龍とんこつ黒
訪問履歴
2016_05_07 文龍とんこつ黒 
2016_02_28 文龍とんこつ黒
2015_05_06 文龍とんこつ黒(こってり)
2014_      文龍とんこつ黒(こってり)
2013_     文龍とんこつ黒(こってり)
2012_05_03 みそ(とんこつ)、 しょうゆ(とりがらスープ)
2012_04_30 文龍とんこつ黒(こってり)
2011_08_21 文龍とんこつ黒
その他多数