【2016年05月14日(土)】 新緑が鮮やかな阿蘇(熊本県)
阿蘇外輪山〜内牧温泉街
50b

2016年4月16日(土)深夜の午前1時25分に発生した熊本地震本震(M7.3) から28日。
現在も余震が連日続き、大分でも更なる強震に怯えながら過ごしているが、
各々目の前の仕事をして日常生活を取り戻しつつあり、とにかく余震の収束を待ち望んでいる。

週末は快晴に恵まれた早朝から熊本県小国町を経由して、
新緑が鮮やかな阿蘇外輪山へ進み、内牧温泉街へ下った。

爽やかな快晴に恵まれた早朝から熊本県小国町を経由し、
阿蘇外輪山へ進む。

新緑が鮮やかな原野の先にくじゅう連山が横たわっていた。
綺麗ですねー
11



くじゅう連山。
12



外輪山。
20




21




31



外輪山には多くの崩落跡があって痛々しいが、
見下ろした田には水が張られ、日常が取り戻されつつあった。
32




こちらは2016年5月22日に撮影した、外輪山に発生していた地割れ。
今後梅雨の大雨でどうなることやら。
22




展望台から眺めた阿蘇五岳と阿蘇の噴煙。
35



根子岳。
36




内牧温泉街へ下る。
41




42




県道175号線を肥後本線 内牧駅方面へ走行。
50




すると復旧工事された大きな段差あり。
60




橋が落ちたのかと思いきや、黒土が露出しており、
一帯が大きく陥没していたようだ。
62




64




長閑な阿蘇。
70




72




国道57号線を赤水へ進む。
81




赤水を右折して、大津への迂回路となった県道23号線を山側へ進む。
83




この辺りも段差が多く発生していた。
85



天気が良いと緑とのコントラストで、
崩落した山肌もクッキリ。
86